追悼・梅宮辰夫さん【やすらぎの刻~道】出演シーンの紹介

追悼・梅宮辰夫さん【やすらぎの刻~道】出演シーンの紹介

【やすらぎの刻~道】の主人公・菊村栄(石坂浩二)の父親・栄一役を好演されていた梅宮辰夫さんが2019年12月12日逝去されました。
【やすらぎの刻~道】の出演話、プロフィール、過去作品の動画情報を紹介します。

スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】梅宮辰夫さんの役

キャスト:梅宮辰夫 役:栄一

【やすらぎの刻~道】の主人公、脚本家の菊村栄(石坂浩二)の父親役。
総集編となる大事な場面に登場するのが栄一です。
すでに天国にいる栄一ですが、ときどき、栄のところにやってきて、ドラマのあらすじを聞きにきます。

梅宮辰夫さん【やすらぎの刻~道】出演話

第71話 2019年7月15日放送

菊村栄(石坂浩二)のコテージに突然、亡き父・栄一(梅宮辰夫)が現れます。
菊村の書くドラマが天国では大人気だといい、これまでのあらすじを教えて欲しいと話すのだった。

【やすらぎの刻~道】71話のネタバレと感想! 倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』71話が2019年7月15日に放送。 テレビ朝日開局60周年…

第72話 2019年7月16日放送

天国からやって来た亡き父・栄一(梅宮辰夫)に頼まれ、菊村栄(石坂浩二)は『やすらぎの郷La Strada』での出来事を語り始めます。
さらに、栄一から執筆中のシナリオ『道』についても聞かれ、菊村は公平が13歳の時からのことを語ります。

【やすらぎの刻~道】72話のネタバレと感想! 倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』72話が2019年7月16日に放送。 テレビ朝日開局60周年…

第73話 2019年7月17日放送

72話に引き続き、菊村(石坂浩二)は父・栄一(梅宮辰夫)に執筆中の『道』のあらすじを語ります。

【やすらぎの刻~道】73話のネタバレと感想! 倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』73話が2019年7月17日に放送。 テレビ朝日開局60周年…

第105話 2019年8月30日放送

菊村栄(石坂浩二)のもとに、再び亡くなった父親・栄一(梅宮辰夫)が突然やってきました。栄一はまた「最近の展開を語れ!」と言いだし、菊村は前回の続きを語ります。

【やすらぎの刻~道】105話のネタバレと感想! 倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】105話が2019年8月30日に放送。 テレビ朝日開局60…

第125話 2019年9月27日放送

菊村栄(石坂浩二)のもとに、またもや亡き父・栄一(梅宮辰夫)が突然、現れました。栄一は「最近の展開を語れ!」と言われた栄は、この1カ月間のあらすじを振り返ります。

【やすらぎの刻~道】125話のネタバレと感想! 倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】125話が2019年9月27日に放送。 父(梅宮辰夫)が現…

第146話 2019年10月29日放送

再び菊村栄(石坂浩二)のもとに現れた栄一(梅宮辰夫)。天国で再会した戦友たちに頼まれたといい、あらすじを語ってほしいという。
栄一はしの(清野菜名)のことがお気に入り。栄は、『道』のストーリーを振り返ります。

【やすらぎの刻~道】146話のネタバレと感想! 菊村の父・栄一(梅宮辰夫)が現れ、振り返りの回。 11月から平成に突入する【道】のダイジ…

第147話 2019年10月30日放送

天国からやって来た亡き父・栄一(梅宮辰夫)のために、『道』のあらすじを語る菊村栄(石坂浩二)。146話から続けて物語を語ります。
しの(清野菜名)のファンの栄一は、酒をちびちび飲みながら、栄の話に耳を傾けます。

【やすらぎの刻~道】147話のネタバレと感想! 倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】147話が2019年10月30日に放送。 テレビ朝日開局6…

第148話 2019年10月31日放送

天国から現れた父・栄一(梅宮辰夫)のため、菊村栄(石坂浩二)は、身振り手振りを交えながら『道』のあらすじを語っていきます。
公平(風間俊介)としの(清野菜名)の半生を語り『道』は、昭和から平成へと話が展開することに。

【やすらぎの刻~道】148話のネタバレと感想! 倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】148話が2019年10月31日に放送。 【道】編を振り返…

第169話 2019年11月29日放送

『道』が平成編にはいり、執筆していた菊村栄(石坂浩二)のもとに、またもや亡き父・栄一(梅宮辰夫)が。「そろそろ来る頃だと思った」という栄は、栄一のために原稿をまとめておいた。そして『道』の物語を振り返ります。

【やすらぎの刻~道】169話のネタバレと感想! 倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】169話が2019年11月29日に放送。 テレビ朝日開局6…

倉本聰氏の作品は12年ぶり

【やすらぎの刻~道】はふたつの物語が平行していくため、ドラマの流れを視聴者に確認してもらう狙いから、菊村栄(石坂浩二)の父・栄一(梅宮辰夫)の登場に。最初の登場は、7月15日の第71話。天国では視聴率が第2位だといいながら、楽しい親子会話も描かれています。
梅宮辰夫さんは、脚本家・倉本聰氏作品「前略おふくろ様」、そして「拝啓・父上様」に出演。今回の【やすらぎの刻~道】は12年ぶり。
倉本聰氏からオファーが来た時は「倉本さんとは古いつきあいなので、正直いうと“やっぱり来たか!”と思いました。倉本さんから頼まれたら、これは断れないなと感じました」と語っています。

梅宮辰夫さんのコメント

★オファーを聞いたときのお気持ちは?

出演を決めたのは、やはり倉本作品だからこそ…という思いはもちろんありますね。倉本さんから頼まれたら、これは断れないな、と感じましたから。彼とは『前略おふくろ様』のころからのつきあいで、当時は“本読み”のあとに“立ち稽古”があってそれから本番ですから、“接触度”が深かった。その分、当時の仲間たちとは厚い絆を感じているんです。

★菊村栄の亡き父で、酒とタバコを愛する男、という役柄についてはどう思われましたか?

倉本さんが最初から計算して書いたのか、ふと思いついたのか、もしかしたら恨みつらみのこもった顔で、僕が夢にでも出てきたのか…(笑)。それはわからないですが、当然、僕に通じるものがあって書かれたのだと思いました。倉本さんからは、監督を通じて「くれぐれもよろしく」というメッセージをいただきました。

★台本を読んだ感想は?

相変わらず、倉本さんの書くセリフだなぁと感じましたね。彼の書くセリフは独特なんですよ。形容詞が最後についたりするから、覚えにくいんです。わざと意地悪しているんじゃないかと勘繰りたくなるぐらい。それでいてきちんと覚えて演じないと怒るんですからね(笑)。
しかし、この『やすらぎの刻~道』は1年間続く長い作品でしょう。しかも、描く世界が2つどころか3つに増えたということで、よくこんがらがらないな、さすが倉本聡だなと思いました。

★石坂浩二さんと共演した感想は?

彼と共演したのはかなり昔のことなので今回、初共演の気持ちで臨みました。芝居が細かくて、きちんと計算して演じられているのが素晴らしい! 僕にはとても真似できないなと思いました。

★視聴者の皆様にメッセージを!

ややこしい事は抜きにして、画面で僕の姿を見て、“あぁ、やっぱり昭和の役者はいいな”と思っていただけたらうれしいですね。

https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/news/0015/

梅宮辰夫(うめみやたつお)プロフィール

1938年3月11日生まれ。
娘さんはタレントの梅宮アンナさん。
銀座でスカウトされ東映ニューフェイスとしてデビューした梅宮辰夫さん。
映画『少年探偵団 敵は原子潜航挺』シリーズで主演デビュー。
東映東京の看板スター。『仁義なき戦い』『不良番長シリーズ』『帝王シリーズ 』など昭和の歴史に残る名作に出演。
任侠作品で怖いイメージが強かった梅宮辰夫さんですが、【やすらぎの刻~道】の脚本・倉本聰氏の作品『前略おふくろ様』に出演。板前役を好演し、役柄の幅が広がりました。
『新・夜明けの刑事』『スクール☆ウォーズ』『特命係長 只野仁』など、存在感のある演技で視聴者を魅了しました。
料理の腕前は圧巻。料理番組や釣り番組にも出演されており、トークも楽しくバラエティ番組にも親子やご夫婦でも出演されました。

梅宮辰夫さん出演の「特命係長 只野仁」「仁義なき戦い」「前略おふくろ様」Amazonプライム・ビデオAMAZON で視聴できます。

2019年12月現在

追悼・梅宮辰夫さん

【やすらぎの刻~道】では、とても味のある演技。
ときどき、楽しいことをおっしゃる栄一。いつもお着物を着ています。
菊村先生も父親にははむかえないらしく、いつも丁寧に物語を話してくれます。
振り返りにほどよく、時々、出演されていた梅宮辰夫さん。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

記事内画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク