2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【刑事7人シーズン5】かわいくてカッコいい!水田環さん(倉科カナ)の魅力を徹底解明!

テレビ朝日夏の刑事ドラマは個性的な刑事たちが事件を解決する【刑事7人】です。

その中でも倉科カナ演じる紅一点・水田環が「かわいらしくもカッコいい」と特に人気です。

今回の記事では【刑事7人シーズン5】を中心に性格・経歴・名ゼリフからプライベートの姿に至るまで水田環さんの魅力に迫ってみます。

【刑事7人】シーズン5のキャストとあらすじ!4の二つの大失敗は改善なるか?
2019年夏のテレビ朝日「水9枠」の刑事ドラマが「刑事7人」シーズン5に決まりました。 シーズン5というロングランとなり東山紀之演じる刑事・天樹悠らがパワーアップして帰ってきます。 一方、シーズン4では大失敗と言われている二つの不満点がありました。 「刑事7人」シーズン5のキャストとあらすじなどをまとめました。
【刑事7人シーズン5】の視聴率一覧と最終回ネタバレ!4の謎と伏線は解決なるか?
2019年夏、テレビ朝日水9の刑事ドラマに「刑事7人」が帰ってきます。新たに発足された「専従捜査班」に加わった主人公・天樹悠(東山紀之)達が凶悪事件に挑み、前シリーズの謎は解明されるのでしょうか?今回の記事では【刑事7人シーズン5】の伏線や視聴率・ネタバレを最終回までお届けします。

「刑事7人シーズン5」を視聴するには?

「刑事7人」シーズン4・5ともに「U-NEXT」で配信中です。レンタル作品となりますが加入特典の600ポイント、毎月の継続で受け取れる1200ポイントを支払いに当てることが出来ます。

※シーズン5の最新話は放送後、時間が経ってから配信開始となります。
※シーズン4は1話324円(7日間)‎、全10話まとめてだと2160円(14日間)2020‎年‎6月‎‎30‎日 23:59まで、‎シーズン5は1話324円(7日間)‎、2020‎年‎3‎月‎31‎日 23:59まで配信予定。
※本ページの情報は2019年8月23日時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

【刑事7人シーズン5】水田環の基本プロフィール

  • 演:倉科カナ
  • <潔癖な正義感>を持つ女性刑事
  • 経歴:警視庁蒲田北警察署地域課(警察学校卒業後) → 警視庁刑事部捜査一課12係(S.1 – S.3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 専任捜査員(S.3) → 警視庁警務部 監察官(S.3最終話) → 警視庁刑事部捜査一課12係(S.4) 兼 専従捜査班(S.4) → 警視庁刑事部専従捜査班(S.5)階級:巡査(S.1) → 巡査部長(S.2 – )

主人公の天樹悠(東山紀之)、班長の片桐正敏(吉田鋼太郎)、法医学者の堂本俊太郎(北大路欣也)と同じくシーズン1から継続しているメンバーとなります。

シーズン3では第11方面本部の監視役を命じられますが裏切ることはなく上に反発、監視役を降りました。チーム解散後は監察官として1年ほど過ごし片桐に呼び戻される形で再びチームを結成、シーズン5では凶悪事件を独自に捜査する専従捜査版が正式に発足し所属することになります。

シーズン4以降は馬が合うのか青山新(塚本高史)とコンビを組んで捜査をすることが多いです。

性格と容姿

アメリカ帰りの帰国子女で高い捜査能力、容姿端麗、口調女性らしいですが男勝りの姉御の性格です。髪は茶髪でシーズンを重ねるごとにどんどんと伸びてシーズン5では肩に掛かかるロンブヘアーとなっています。

男性社会である警察組織を生きているためか紺のパンツスーツ、最低限の身だしなみに気は使っていますが、化粧やオチャレなどには興味を示そうとはせずに職務に打ち込んでいます。

捜査能力

基本的には天樹たちと同じく現場に出て証拠を集めたり、聞き込みをして情報を集めています。

山下巧(片岡愛之助)がコンピューターに精通していたみたいな特有の能力はありませんが、チンピラやアウトローに立ち向かって情報収集、取り調べの際は青山と共にすごんで徹底的に追求するなど度胸の高さを遺憾なく発揮しています。

シーズン5第8話では逃げるチンピラに華麗な蹴りを食らわせたこともありました。

過去

シーズン5第6話では10年前の新人婦警だったころのエピソードが語られました。初めての現場で足がすくんでしまい当時の上司であった大田黒刑事に怒鳴られて、その後も厳しくしごかれた為にわずか三ヶ月で逃げる形で部署移動するという今の強気な環さんからは考えられない時代でした。

その後、その事件から派生した事件を捜査することになり大田黒刑事に刑事として立派に成長した姿を見せ付けました。

友好関係やプライベート

人付き合いは良さそうで事件解決後はメンバーと共に行きつけの居酒屋で打ち上げをし、ビールをジョッキで飲み干しています。

シーズン5第5話でははじめての休日姿が描かれ、カフェで雑誌を読みながらお茶と優雅に過ごしていました。

肩を出したスエットと刑事とは思えないほどに色っぽいです。

【刑事7人シーズン5】水田環の名台詞

  • 「最初の事件におわつらえむきじゃない」
    専従捜査班正式発足後最初の事件で現場に到着した後の一言。環さんの自信の高さが伺える。
  • 「あら、ごめんなさい。手が滑っちゃった。」
    あまりにも身勝手な犯人に対して強烈なビンタを食らわせた後の一言。
  • 「怒られたいの?」
    バーで裏の情報筋に情報料を渡そうとした青山を止めた上での一言。
  • 「ほんっと腹立つ!!!」
    容疑者を追及するもかわされ、被害者の苦しみを思うと共に成果を上げられなかった自分への憤り。
    この後の環さん今にも泣き出しそうなの堪えているようでした。
  • 「まさか新聞の目撃者の名前も覚えているの?」
    10年前の事件で新聞に載っていた名前まで覚えていた天樹に対しての一言。さすがの環さんも少し引いている様子。

容姿端麗で可愛らしさもありながらもカッコいい女刑事・環さんのこれからの活躍に期待大です。

この記事で使用している画像の引用元:テレビ朝日「刑事7人」公式サイト

刑事7人シーズン5
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】