【やすらぎの刻~道】30話の視聴率とあらすじ!公平(風間俊介)が女と戦争にビビる!?

【やすらぎの刻~道】30話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』30話が2019年5月17日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
公平(風間俊介)が仰天したニュースは何!?
30話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回ネタバレ! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】30話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】30話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】30話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』30話・あらすじ

 根来公平(風間俊介)たちの目を盗んで、しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)は枝や石に文字を刻むという手段で、こっそり“文通”を続けていた――。
そんな中、公平は衝撃の噂を耳にする。青っ洟の婚約者であるヨシコ(真凛)が、分校で幅を利かせていた犬山(澄人)と関係しているというのだ。しかも、婚約が決まってからも2人の仲は続いているという。怒った公平たちは鉄兵(平山浩行)に相談するが…!?

『やすらぎの刻~道』30話あらすじ・ネタバレ

しの(清野菜名)は機織を公平の母からならっていた。
古い着物をさいて着物を織る“さきおり”はとてもあたたかいという。
「満州に移民にいく連中にあげると喜ぶだろう」という母の言葉を聞いた公平。
「満州に行くニキビに織ってやってく欲しい」としのに頼んでみたが、断られる。
しのは公次に織っているという。
公平はしのが公平にもニキビも眼中になどないことに「ツイてない」と心でつぶやいた。

**
しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)は枝や石に文字を刻み、文通を続けている。
**

青っ洟の相手のヨシコは、なんと犬山と付き合っていることが発覚。
ニキビ、ハゲ、公平の三人は鉄平に相談する。

鉄平に
「そのクズ(犬山)を殺していいのか」と問われ、
「そりゃ、まずい」と三人は慌てる。

鉄平がいうには、喧嘩も戦争も似たようなものだという。
「すくなくとも半殺しにするつもりでやれ。
そのうち戦争にでたら、何も考えずに人を殺すんだ」とも。

三人は鉄平からの教えを胸に覚悟をした。

夜の飲み屋。
ヨシコと犬山が出てくるのを待ち、あとをつけていく。
三人は犬山がひとりになるのを待ち、襲い掛かる。

狙い撃ちはうまくいった。
転がる犬山を置き去りにして走り去る三人。

「戦争っていうのはこんな感じかな。
後味わるいな」
という公平。
「戦争はこんなもんじゃない。
いちいち反省してたら戦争なんてできない」と話すニキビとハゲ。

<公平・心の声>
戦争が身近になり、にわかに怖くなった。

**

翌朝。
青っ洟がヨシコをつれて挨拶にきた。
ヨシコは昨夜とはまったくの別人のよう。
公平は犬山との関係を言いたくなるのを抑え、挨拶をかわす。

<公平・心の声>
びっくりするよりわからなくなった。
女の恐ろしさを初めて少し知った。

<続く>

【やすらぎの刻~道】30話の見どころ

▲ヨシコの声

犬山とヨシコの後をつける公平ら。
そこで、なんと二人が戯れるという。それを見ている公平らに笑える(いつも手ぬぐいまいてます)。
さらにヨシコの喘ぎ声だけが響く。
一応、“濡れ場”!?

▲セットもよ~く見よう!

【やすらぎの刻~道】30話の感想

『道』バージョンはつまらない、飽きたの感想もあがってますが、おもしろいの声もあります。
キスマイの宮田俊哉さんが出演していることで、若い人も観ている様子。
戦争のことを知るきっかけになっていそう。
犬山と寝た翌日には、青っ洟の婚約者としてご挨拶するヨシコさん。
根性すわってますね。
公平の表情はみているだけで面白い。本当、喜怒哀楽が顔から伝わってきます。風間俊介さん、さすがです。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク