【やすらぎの刻~道】5話の視聴率とあらすじ!女優の賞味期限・潮時は何歳か?

【やすらぎの刻~道】5話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本「やすらぎの郷」の続編『やすらぎの刻~道』5話が2019年4月12日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。
視聴率は前編「やすらぎの郷」を超えるか!?
第5 話視聴率とあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回ネタバレ! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】5話の視聴率

わかり次第更新予定。

【やすらぎの刻~道】5話のあらすじ

『やすらぎの刻~道』5話・公式HPあらすじ

テレビ局の裏切りに遭い、深く傷ついた菊村栄(石坂浩二)。そんな中、中国でロケハン中のプロデューサー・財前茂(柳葉敏郎)から速達が届く。その長い手紙には、『機(はた)の音』が製作中止に追い込まれた“衝撃の真実”が綴られていた…!
翌日、栄は再び白川冴子(浅丘ルリ子)、水谷マヤ(加賀まりこ)に呼び出されるが…!?

『やすらぎの刻~道』5話あらすじ・ここからネタバレ

“先生の怒りわかりすぎるほどわかります。
すべて私が悪いのです”から始まる財前(柳葉敏郎)の手紙。
そこには事の経緯と謝罪の言葉が綴られていた。

<財前の手紙(簡略)>

“先生の本に心揺すられ感動した。これは本当です。
―― 歯車が狂い始めたのは11月。

代理店から
「白川冴子(浅丘ルリ子)、水谷マヤ(加賀まりこ)では視聴率はとれない」と。
そして『李香蘭物語』の企画が……。

代理店はしつこく「スポンサーを説得できない。白川冴子と水谷マヤの2人はもう旬を過ぎた過去の人」と譲らない。

会議は修羅場になり、次回へと持ち超しました。

次回も同様でした。

そして……。

常務に呼ばれ、(次の企画は『李香蘭物語』であると)はっきりと告げられ、このとき「私から説明をします」と言いました。
しかし、先生の家の前まで行ったが言う勇気がなかった。
善福寺のベンチにすわり何時間も過ごしました。

サラリーマンの立場を情けなく思い、退職をしようとも考えています。
だが、私は中国にいる。

―― 全責任は私にある。”

手紙を読み終えた菊村栄(石坂浩二)は、すべてを話す決意をする。
妻・律子(風吹ジュン)に「2人には手紙を見せてはダメ」だと言われた菊村は、白川冴子と水谷マヤのマネージャーに話した。

事を知った2人から呼び出された菊村栄。
白川冴子と水谷マヤは大きな誤解をしていた。

「私たち完全に裏切られた」
「あなたにも裏切られた」

と声をそろえる2人。

「あなたのこと見損なった!卑怯!」
「ここまで私たちをコケにして
次のシナリオあなたが書いたんでしょう」

とまで勘ぐられる菊村。

「あなたとは縁を切る」

去ろうとする冴子(浅丘ルリ子)を引き止める菊村は、思い余って、財前の手紙を2人に見せてしまうのだった。

手紙を読んだ2人。

言葉なく去る冴子。

「そういうことか……。
私たち2人とも賞味期限が切れてたんだ。
そう言われちゃ、返す言葉ないよね。
ごめんね、栄ちゃん。誤解なんかしちゃってさ」

とマヤは忍び泣く。

場面は切り替わり、夜―。雷雨。
菊村の家。
チャイムの音。

ドアを開ける律子。
そこには、冴子が立っていた。
謝りにきたと言う冴子に、菊村は会わなかった。

―― 菊村の語り。
「それが10年前の出来事。
あの日、あの事件で時代の残酷を突きつけられた」

<続く>

【やすらぎの刻~道】5話の見どころ

▲財前(柳葉敏郎)の手紙

5話のほとんどは、財前(柳葉敏郎)の手紙が占めています。
サラリーマンは、どこだって上層部には頭があがらない。
テレビ界とて同じ……。

ドラマ視聴率競争の物語は、やはり「リアル」なのではないかと思われます。

【やすらぎの刻~道】5話の感想

5話で第1週が終わります。
10年前の過去のお話がメインの週で、現実と過去が交差。そこに、脳内劇も加わり、あちこち話が飛びます。
ちょっと忙しく感じたかもしれません。

来週は、いよいよ新キャスト登場です。
菊村の脳内劇が楽しみですね。
風間俊介さん、清野奈々さんの登場で視聴率はどうなる!?
ジャニーズの宮田俊哉さん(キスマイ・Kis-My-Ft2)も登場です。
↓↓

記事内画像:テレビ朝日公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク