2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【やすらぎの刻~道】3話の視聴率とあらすじ!倉本聰脚本に隠された謎を発見!?

【やすらぎの刻~道】3話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本「やすらぎの郷」の続編『やすらぎの刻~道』3話が2019年4月10日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。主題歌:中島みゆき
『機(はた)の音』第二稿の執筆に取り掛かった菊村(石坂浩二)に財前(柳葉敏郎)から朗報が。
【やすらぎの刻~道】第3話視聴率とあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】3話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】3話のあらすじ

『やすらぎの刻~道』3話・公式HPあらすじ

 『機(はた)の音』第二稿の執筆に取り掛かった、菊村栄(石坂浩二)。主人公の姉妹役に決まった白川冴子(浅丘ルリ子)と水谷マヤ(加賀まりこ)も「自分のセリフを増やせ」などと注文をつけるものの、出演には大乗り気だった。
そんな中、プロデューサーの財前茂(柳葉敏郎)から、念願の中国ロケが決まりそうだと朗報が入る。

 

『やすらぎの刻~道』3話あらすじ・ここからネタバレ

山梨の山荘から満蒙開拓団に加わった姉妹の物語がドラマになる話は進み始めていた。
脳内劇では、姉・桃を“お嬢”こと白川冴子(浅丘ルリ子)、妹・梅を水谷マヤ(加賀まりこ)が演じていく。

プロデューサーの財前茂(柳葉敏郎)から「中国行き」の朗報が入ると、菊村栄(石坂浩二)は、早速、妻の菊村律子(風吹ジュン)に報告する。律子は途中まで一緒に行きたいと考えるが、仕事で断念。
なにげにほっとする菊村栄(石坂浩二)。

しかし、その後、財前(柳葉敏郎)から連絡がない。
翌週にメールが。そこには「ロケハンの件待ってほしい」とだけ記されていた。
それでも菊村栄(石坂浩二)は、スケジュールの変更はよくあることだと、あまり心配はしていなかったのだが、不吉な出来事が。
それは……
夜中、電話があった。マヤからだ。
「明日の朝1番で会いたい」
いうマヤがいつもと違う感じがして、菊村栄(石坂浩二)は不吉な予感がした。

【やすらぎの刻~道】3話の見どころ

▲浅丘ルリ子と加賀まりこのバトル

本日も2話に続き、セリフの話で口論をしている。
女優というのはこんな風なの?と錯覚を起こしてしまうのは、それだけ2人の演技が役になりきっているということでしょう。

▲やすらぎの刻名言

やすらぎの郷でも名言は話題になりました。
今日の名言は栄のこのひとことです!
↓↓↓

【やすらぎの刻~道】3話の感想

「おや?おかしいぞ!?」とツッコミどころも!?

 

菊村がイメージするシナリオがそのまま映像化されていきます。(脳内劇)
現実の中にちょこちょこと入ってきます。
3話は姉妹の脳内劇でしたが、これから、風間俊介さんらが出てくるのが、かなりの期待です。

記事内画像:テレビ朝日公式HP

やすらぎの刻
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】