【スキャンダル専門弁護士QUEEN】視聴率と最終回ネタバレ!竹内結子の過去が訳アリ !?

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の視聴率と最終回ネタバレ

スキャンダル弁護士QUEEN/冬ドラマ2019

2019年1月スタートのフジテレビ<木曜劇場>は【スキャンダル専門弁護士QUEEN】

主演・竹内結子が、天才トラブルシューターという異色のリーガルヒロインとして大活躍!

全クール『黄昏流星群』は平均視聴率6.69%と、今一つの結果でしたが、作風をガラリと変えた『スキャンダル専門弁護士QUEEN』では挽回なるでしょうか?

フジテレビの底力が気になるところですね。

気になる氷見江の活躍もネタバレ込みで追いかけます。

今回は【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の視聴率と最終回ネタバレについて。


※スキャンダル専門弁護士QUEENをタダでイッキ見!
見逃した方はFODプレミアムにて見放題独占配信中!
今ならタダでイッキ見が可能です

FODプレミアム


【スキャンダル専門弁護士QUEEN】キャストやあらすじはこちら

ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】キャストとあらすじ 2019年1月スタートのフジテレビ系列のドラマとして【スキャン…

スポンサーリンク

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の視聴率とあらすじネタバレ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』全話視聴率とネタバレ込みあらすじは毎話放送後に更新します!

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』1話の視聴率とあらすじネタバレ

1話あらすじ…国民的アイドルグループ「フォレスト」のメンバー・白石杏里(馬場ふみか)がミナトテレビの番組で同メンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を突き飛ばし、ネット上は大炎上。「フォレスト」の不仲説や解散疑惑が浮上する事態に陥ってしまう。
ファンや視聴者からは大量のクレームや、遂には杏里への殺害予告が寄せられる。

事態を重く見たミナトテレビは危機管理の専門弁護士である氷見(竹内結子)に協力を求めるが…

※続きの1話のあらすじネタバレはこちら

2019年1月期の<木曜劇場>【スキャンダル専門弁護士QUEEN】が1月10日(木)22時に放送されました。 竹内結子が6年ぶ…

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』2話の視聴率とあらすじネタバレ

2話あらすじ…契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)と大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)が事実無根を訴えて氷見(竹内結子)に協力を求める。

谷に不利な状況が出そろう中で、代理店はあくまでも謝罪を拒否し続けるが…

※続きの2話のあらすじネタバレはこちら

ドラマ【スキャンダル専門弁護士QUEEN】2話視聴率とネタバレ! 竹内結子主演のドラマ【スキャンダル専門弁護士QUEEN】2話…

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の視聴率予想

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』は実際のところどのような視聴率になるでしょうか?

私の主観ではありますが、

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の視聴率はギリギリ1桁、良くても10%前半くらいの視聴率になるのではないかと予想しております。

理由としましては、

  • 放送前の話題性の少なさ
  • ここ最近の<木曜劇場>の不調
  • リーガルドラマへのマンネリ感

があげられます。

放送前の話題性の少なさ

注目作と言われるドラマですと、放送開始以前でさえネットやTwitter等のSNSではかなりの話題になりがちです。

今期でいえば、『3年A−今から皆さんは人質です−』なんかはかなり多くのツイートを見た印象。

ですが、『スキャンダル専門弁護士QUEEN』に関するツイートやサイトはあまり目にした記憶がありません…

もちろん、印象だけで判断するのは時期尚早ということで、果たしてGoogle上では“スキャンダル 弁護士 ”といったキーワードでどれほどの人が検索をしているのかを『3年A組−今から皆さんは人質です−』と比較して調べてみました!

その結果が以下の通りです。

赤が『3年A組』青は『スキャンダル 弁護士』のキーワードが2018年1月9日から1月10日にかけてどれくらい検索されたかを示しています!

うーん!

かなり厳しい結果と言えるのではないでしょうか?

そして、これほど話題を呼んでいる『3年A組』でさえ、その資料率は10・2%!

となると、『スキャンダル弁護士QUEEN』が15%を超える困難さはもちろんのこと、

10%を超えることさえ相当な難しさなのではと感じました。

ここ最近の<木曜劇場>の不調

<木曜劇場>といえば、かつては月9と並ぶフジテレビの看板ドラマ枠で、『愛という名のもとに』(1992)や『白い巨塔』(2004)などの名作を輩出してきましたが、ここ最近はいまいちパッとしない印象です。

2018年に放送された<木曜劇場>の平均視聴率は以下の通りです。

隣の家族は青く見える 平均視聴率6.2%
モンテ・クリスト伯―華麗なる復習― 平均視聴率 6.2%
グッド・ドクター 平均視聴率 11.2%
黄昏流星群 平均視聴率 6.7%

山崎賢人主演で話題を呼んだ『グッド・ドクター』でさえ、10%後半にはならず、以外の作品に至ってはいずれも6%程度の結果となっています。

この不調を好転させるのはよほどの作品を制作しなくては厳しいのではないのでしょうか?

リーガルドラマへのマンネリ感

弁護士ドラマは、基本的に一話完結ものが多いためか昔から大人気の題材で、多くの名作を生み出してきました。

が、最近は“さすがに多すぎ?”といった声もちらほら…

219年1月期のドラマだけでも『スキャンダル弁護士QUEEN』以外にも『グッドワイフ』や『イノセンス 冤罪弁護士』などの弁護士を主役としたドラマがあります。

さらに前クールでも『SUITS/スーツ』や『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』といったドラマが放送されています。

他の弁護士ものに埋没してしまわない、よほど癖のあるドラマにならなくては【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の成功は厳しいと思われます。

しかし、【スキャンダル専門弁護士QUEEN】は、トラブルシューターという斬新な弁護士や関和亮監督による型破りな映像演出、バカリズムさんによるキャラクター演出などの、

他の作品にはない素晴らしさがいっぱいです!

そういった素晴らしさがいかに周知されるかがカギとなるのではないでしょうか?

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の最終回ネタバレ

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】には原作はありません。

そのため、最終回ネタバレを既出の情報から予想してみましょう!

氷見江が自身のトラブルを解決!

1月9日に開催された『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の“緊急号外制作発表会”では、竹内結子さんが

「あまり言うとネタバレになってしまうので、気をつけながら発言させていただきますが、(演じている)氷見の抱えているものが、この物語に大きく響いてくるということです。1話のラストに“とあること”が起きて、“とあるリアクション”をしたことから“私自身が爆弾だった!”と。別に私が爆発するわけではないですよ!(笑)」

とコメントしています!

ということは…氷見江自身に何らかのトラブルがあり、毎話ごとに依頼者のトラブルを解決しつつ、自身の過去と対峙する…といった展開になるのではないでしょうか?

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】視聴率とネタバレのまとめ

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】は、かなり異色な豪華メンバーが集まっており、なかなか上質なドラマとなりそうな予感です。

最終話まで、一緒に【スキャンダル専門弁護士QUEEN】を追いかけていきましょう!

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク