【半分、青い。】13話視聴率は20・3%!朝ドラなのにトレンディドラマで話題!

永野芽郁がヒロインの朝ドラ『半分、青い』第13話が4/16(月)放送され、17日に視聴率が分かりました。

今回は【半分、青い。】13話の視聴率・あらすじ・感想まとめ!

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】13話の視聴率

半分青い13話

【半分、青い。】13話の視聴率は、20.3%!

大台に回復となりました。

関連記事:【半分、青い。】視聴率一覧表と単日・週間平均ランキング!最終回まで更新中 

【半分、青い。】13話のネタバレあらすじ

1989年。高校3年生になった鈴愛(永野芽郁)は、幼なじみの律(佐藤健)、ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)とも同じクラスに。

鈴愛は昼休み、人気のパンを目指して今日も売店に向けて駆けています。律は下級生の女子から人気のパンをプレゼントされていました。もらおうと懸命な鈴愛。じゃれあう感じの二人。鈴愛と律は子供のままで、お互いを異性と気づかないまま成長していたのです。

世はバブル真っただ中。しかし鈴愛たちの住む梟(ふくろう)町はバブル景気と関係ありません。反対に、つくし食堂はファミレスやファーストフードの影響を受けて不景気です。

左が失聴している鈴愛は、聞こえる右につけ耳をつけて、先生が委縮して大きな声を出すようになっていました。しかし、この目立つ行動をしても角が立たないのは、律の配慮のおかげ。律はつけ耳をクラスメイトに貸して楽しむ、と知恵を働かせました。

放課後。鈴愛は律に勉強を教えてもらいます。友達の少ない律はカメを飼い始めていました。両方につけ耳をつける提案をする律。鈴愛は左耳がついている意味を不図、律に尋ねました。すると、「かわいいから」と言われ、照れて驚く鈴愛でした。

その夜、鈴愛の実家、つくし食堂に謎のイケメンがやってきました。彼に突然、「綺麗」と言われて困惑する晴でした。

【半分、青い。】13話の感想

ついに高校編の第3週がスタート!

平成元年となり、トレンディドラマ全盛期にヒット連発だった北川悦吏子らしさ全開です。

栄養ドリングのCMの「勇気のしるし」、ラストにかかった「リフレインが叫んでる」(松任谷由実)そしてTo Be Continued…

朝ドラのはずなのに、良い意味でなつかしさが溢れる、90年代のドラマを観ているかのような不思議な回でした。

【半分、青い。】13話の関連記事

2018年度前期の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏子オリジナルド…
【半分、青い。】第3週のネタバレあらすじと視聴率! NHK朝ドラは子役時代が終了し、ヒロイン・永野芽郁がついに本格出演! …

(記事内の画像出典は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク