【海月姫】2話の視聴率は6.9%!大ブーイングだった兄弟逆転の設定変更の影響で下降か?

海月姫

月9ドラマ【海月姫】第2話の視聴率・あらすじ・感想

「オタク女子」「女装男子」と気になるワードが多い、月9ドラマ【海月姫】2話が1/22(月)に放送されました。

お金のない尼~ずに蔵之介が思いついた方法でみんなの心をつかむことはできるのか?

さらに、月海×蔵之介×修の三角関係に動きが?

今回は、月9ドラマ【海月姫】2話の視聴率とあらすじ、感想を紹介します。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴をどうぞ!

スポンサーリンク

月9ドラマ【海月姫】2話の視聴率

海月姫2

月9ドラマ【海月姫】2話の視聴率は6.9%

前回より1.7%ダウンとなりました。

第1話の感想で多かった、設定違いなどが影響しているのでしょうか…。

月9ドラマ【海月姫】2話のあらすじ

BL漫画家・目白先生(?)の締め切りが近づき、必死に手伝いをする尼~ず。

そこへ蔵之介(瀬戸康史)が訪れ、手を洗おうと水道をひねると水道管が破裂、月海(芳根京子)の部屋で着替えることになった。

蔵之介は「修(工藤阿須加)からお母さんの話聞いたよ。月海の気持ち分かるよ」と話す。

そして、破裂した水道の修理に20万かかることが分かるが尼~ずはお金を持っていなかった。

蔵之介「オタク…」

オタクである尼~ずのコレクションをフリーマーケットに出すことを思いついた蔵之介だったが、マニアックすぎることと値段設定がおかしく全然売れない。

諦めかけたその時、月海の作ったクラゲのぬいぐるみが続々と売れていき、蔵之介はネットで大量に売りさばくことを思いついた。

目標は100個、尼~ずで分担し制作して完売、5万円の売り上げを達成!

「あと300個売り上げよう」と意気込む蔵之介に、千絵子(富山えり子)がコレクションの市松人形を「里子に出した(売った)」と15万円を手に戻ってくる。

これにて修理費の20万円は確保できたが、「みんなで共同作業楽しかった」と尼~ず。

しかし、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)は「騙されるな!」とまだ蔵之介のことを信じられない。

修から天水館一体が高層ホテルになるという再開発の話を聞き、蔵之介は尼~ずに報告に行くが「まだ計画の段階だから大丈夫」と呑気にすき焼きパーティーをしていた。

そこへ千絵子の母から「天水館を売ることにした」と電話が入り、慌てだす尼~ず。

蔵之介「ここが無くなったらこの先どうするの?みんなバラバラになってもいいの?これから地域センターで住民への説明会がある。抗議してきて!」

立ち上がった尼~ずは地域センターへ向かうも、怖気づき帰ろうとするが説明会が始まってしまい月海が倒れ込んだ席の隣には修が!

上手く話せない月海は修から「今日は月海さんはいらっしゃらないんですか?」と聞かれ、何も答えられなかった。

デベロッパーの稲荷(泉里香)が進行していき、尼~ずに注目を集めさせたことで尼~ずは雨の中逃げるが月海が傘を取りに戻ると修と稲荷が一緒の傘に入っているところを目撃、ショックを受けびしょ濡れで天水館に帰ってきた。

なかなか出てこない月海を心配して蔵之介は部屋のドアに飛び蹴りするが失敗。

騒ぎに気付いた月海が部屋から出ると、蔵之介は尼~ずに「みんなお風呂入って、服脱いでて」と指示。

戻ってきた蔵之介にまややから連れていかれ、尼~ずはオシャレな服を着させられた。

蔵之介「敵は人を見た目で判断する。鎧を身にまとえ!」

一方の修は、稲荷の策略により一晩過ごしてしまうこととなり朝帰り。

その話を聞いた蔵之介は驚き、運転手・花森よしお(要潤)に修の女嫌いの原因も聞いた。

そして、天水館には稲荷と佐々木(安井順平)が訪れ千絵子が対応。

2人が持っていた紙袋の中身を菓子折りと勝手に判断したばんばさんとまややが奪うも、1つの紙袋には修の眼鏡が入っていてそれを見た月海はショックを受けた。

そこにやって来た蔵之介が出ていく気がないことを宣言。

蔵之介「うちらがここのオーナーになる。うちらがここ買います、ここ!いくらだろうと買うから」

稲荷と佐々木に塩を撒き退散させた。

天水館に戻った蔵之介は月海から修の眼鏡の話を聞き、朝帰りしたことを話してしまうと月海は泣き出してしまい蔵之介は抱きしめる。

家に帰った蔵之介は大物国会議員の父・鯉淵慶一郎(北大路欣也)に「3億円くらいお金を貸して」と頼むも、「一体お前は何がしたいんだ?」と言われその言葉が離れず考えていた。

そのまま天水館に向かうが、尼~ずが銭湯から帰ってくるところと遭遇してしまい、男の姿なことに気付き慌てて月海の部屋に入るとそこにはドレスを着た月海が。

驚いた月海は逃げ出そうとするが、蔵之介が力ずくで引き止め「大きくなったらクラゲみたいなドレスを作ってくれる」と母と約束したことを話した。

自分と母親のことを思い出した蔵之介。

蔵之介「月海、作ろう!クラゲのドレス。俺たちで。ドレス売って、そのお金で天水館買うぞ!」

月9ドラマ【海月姫】2話の感想まとめ

“瀬戸くんも男っぽく美しくなったなぁ…仮面ライダーキバのイメージだからなよっとした姿しか思い出せない…しかし、海月姫のクラ子、映画版もドラマ版も両方とも元仮面ライダーかよ…(笑)ライダー美しいんだな…✨(笑) そして花森さんもライダーだった(笑)要…いい味だしてる😂👍”

やはり変わらず、瀬戸康史さんの女装が大好評!!

第1話の時よりも「可愛い」などの声が多く見られました。

「女より女」という美しさに、私も「見習わなければ」という思いでいっぱいになります。

女性だけでなく、気になってしまう男性の方も多いのでは?

段々と尼~ずとも打ち解けてきている蔵之介、月海のことも少し気になり始めている?

ドレスの作成に尼~ずをどうやって乗り気にさせるのか、蔵之介の作戦に注目です!

次回、第3話は1/29(月)21時~放送。

お見逃しなく!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク