【うきわ最終回】ネタバレと感想!田宮くんの沈黙に涙、二葉と麻衣子が選んだ幸せのカタチは?

うきわ最終話

【うきわ最終回】ネタバレと感想!田宮くんの沈黙に涙、二葉と麻衣子が選んだ幸せのカタチは?

【うきわ-友達以上、不倫未満ー】の最終回が9月27日に放送されました。

ベランダから生まれた“じわりとくる”オトナの恋を描いた【うきわ】がいよいよ最終回!

・転勤が決まった二葉(森山直太朗)は麻衣子()に伝えたい思いが……。

・田宮()と聖()の恋の結末は?

テレビ東京【うきわ最終回】のネタバレと感想を紹介します。

【うきわ】全話とオリジナルストーリー【うきわー他人以上、友達未満ー】はパラビで!(2021年9月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください。)


ADVERTISEMENT

【うきわ最終回】のネタバレ

【うきわ最終回】のネタバレを紹介します。

田宮と聖の終わり

二葉(森山直太朗)の転勤が決まった。
二葉と聖(西田尚美)は、荷物の整理。

二葉の撮った写真を見つけ、聖は写真を眺める。
そこには笑う聖の姿が……。

**

愛宕(小西桜子)は
「課長が行っちゃうなんて。追いかけちゃおうかな」
と相変わらず。

麻衣子(門脇麦)のことを話題にし、これだけは言っておくと真剣に言う。
「後悔だけはするな」

**

聖のつくった花瓶ができあがる。

「繊細でかつ大胆で、聖らしくていい」という田宮(田中樹)に、聖はそれを「貰って」と。

聖が二葉の転勤で引っ越すことに田宮は言う。

「聖さんは、それで幸せなの?」

「大切なの、大切な人だって思い出したの」

沈黙が続く……。
田宮の瞳がじんわりと。

麻衣子と二葉の最後のデート

二葉から誘われた麻衣子は、カラオケボックスに。

部屋は304号室。
二葉さんとふたりきり。

「これデートです?」
向かい合わせで話すことは緊張する、と麻衣子。

「二葉です」
「よろしくお願いします」
と挨拶をし質問し合う。

二葉は下の名前は「一」とかいて「はじめ」。
二葉には姉が二人いて末っ子。

「まいこさんの漢字は?」
と聞いてくる二葉。

「麻(あさ)の衣子(ころもこ)で麻衣子です」

「あったかい名前ですね。麻衣子、麻衣子」
という二葉。
麻衣子と名前で呼ばれたことを喜ぶ麻衣子。

二葉は中学では野球部。麻衣子は剣道部。
そんな他愛のないこと、今まで知らなかった互いの事を話しながら、楽しく時間を過ごす。

麻衣子は言う。
「こういう話、もっとしたかったです。二葉さんのこと、もっと知りたかった」

麻衣子は二葉の隣に座る。
ベランダの時と同じ体制になり、落ち着く麻衣子。

二葉はちゃんと伝えておきたいことがあると話しだす。
「僕と中山さんのうきわの話です。うきわって自分で膨らませられないと、いずれ溺れてしまう。そうなると、息ができなくなって苦しくなる。だから、自分で泳げるようになればいいんじゃないかな」

「ごめんなさい、私は二葉さんのうきわに頼りっきりで甘えた女でした」
と麻衣子。

「僕はそれに救われてた。頼られたいって下心があった。ごめんなさい。中山さん、うきわ、今までありがとう」

「ずるいな、そうやって優しいこと言うから。うちは…。
奥さんとちゃんと笑っていけそうですか」
麻衣子は真正面から二葉を見る。

「もう一度、一緒に笑いたいと思ってる」

「私たち最後まで何もなくて良かった、胸をはってこれからいけますね」
しんみりする二葉。

「笑って」という麻衣子。

「幸せに生きていきます」
二葉は笑う。

「私も幸せに生きていきます。そうしたら、二葉さんも嬉しいですか」

「はい」
二葉の返事を聞くと麻衣子の瞳から涙がぽろり。

その帰り。
タクシーに乗るふたり。
少しだけ遠回りをする。

麻衣子も二葉も言葉はなく、これまでの出来事が駆け巡る。
社宅につき「おやすみ」の挨拶を交わす。

愛しい人

二葉夫婦は引っ越しの準備も整い、麦茶を飲む。

二葉は聖に、伝えておきたいことがある、と。

聖さん以外に愛しいと思っている人がいる。ごめんね。これを隠してたら、きっと聖さんの前で笑えなくなると思って。聖さんは僕の前で笑える?」

「ごめんなさい。私にもあなた以外に愛しいと思った人がいました」
と聖。

二葉は黙ってうなずく。

**

二葉夫婦は中山家に挨拶に。
麻衣子は、二葉にバンザイをして笑う。

ベランダから、二葉と聖の後ろ姿を見る麻衣子。
部屋にもどり、拓也に浮気をしていたのを知ってる、と告げる。

「なんで何も言わなかった?」
と言う拓也。

「最初は傷つくのが怖かったから。でも、それだけじゃなかったけど。たっくんにはいる?その人の幸せを考えるだけで嬉しくなる人。多分、そういうところが欠けてた。愛してたけど大切じゃなかった」

「俺は愛してた。麻衣子は向き合ってくれなかった、麻衣子は何も伝えてくれなかったじゃん」

掃除も洗濯も家事をしていたことは「生活」だという拓也に麻衣子は
「生活は愛情でしょ」
という。

麻衣子は「私たちは似た者同士。思いやっていたのに結局、自分のことだけ」

拓也は「俺は…」と言葉に詰まる。

ラストシーン

クリーニング店。

誠()の前に麻衣子がお客としてやってきた。

「お世話になりました」
麻衣子の指から結婚指輪が外されている。

「やればできるじゃないですか」と誠。

**

麻衣子は不動産屋で「304号室以外の部屋」を探す。

物件を見つけ
「女性おひとりでも大丈夫ですか?」
と不動産屋。

その帰り、水たまりに足を入れて歩き出す。
「じゃぁね」

麻衣子は海を泳ぐ。
ひとりで。
うきわはな
……。

<終わり>

【うきわ最終回】の感想

・田宮くんがトレンド入り、余韻残すドラマ、など「みんなの感想」がTwitterに。

【うきわ最終回】の感想を紹介します。

聖さんと最後のお別れのシーン、田宮くんの瞳がだんだん濡れてく感じとか、表情の動きを凄く丁寧に撮ってくれてたね。田宮くんどうか幸せになって…#うきわ友達不倫き

大切なうきわを失う前に一歩踏み出す夫婦と、失った後に一歩踏み出す夫婦……選択は真逆だけど、どちらも間違ってはいなくて……最後にはどの人も幸せそうな顔をしていて……本当に、いろんな選択肢があることに改めて気付かされたな………#うきわ友達不倫

清々しさと、すこし切なさが混ざったまま、ふわふわとうきわで漂いながらみんなを見送った気持ちです。麻衣子さんも二葉さんも、聖さんも、自分で納得できる道に進めたのかな#うきわ友達不倫

なんて、なんて美しい余白、物足りないくらいがちょうどいい、の極み、、ショートムービーを観てるかのような…うきわ、めちゃくちゃよかった………田宮くん合計何分出てた?くらいやのにあの印象、、言葉がないからこそ、ない方が伝わってくるものがあるなぁって…

うきわの余韻でまだ苦しいんだけどなんとかお布団にたどり着いた…寝よう…

出演者と原作者の声もTwitterに!

森山直太朗さんの声

 

うきわ完。幾ばくかの寂しさと感謝の気持ちが絶えません。"二葉さん"という役に出会えてほんとうに良かったです。記号化できない想いはこれからの表現の糧にします。全ての出会いにありがとうございました。#うきわ友達不倫#門脇麦#二葉さん#森山直太朗

野村宗弘さんの声

 

 

余韻タイムでぼーっとしながら頭ぐるぐる。うきわドラマ最終回。素晴らしかった…最後のシーン涙出た…よかったです#うきわ友達不倫

西田尚美さんの声

うきわの余韻に浸りながら。 ほんまにありがとう。素晴らしい出会いでした。 聖さん、どんな顔しとんかなぁ、て ずっと思ようたん、 この空気感。大好きでした。 ありがとうございました。

【うきわ最終回】のまとめ

【うきわ最終回】もこれまでと同様にじんわりと胸にくる物語。そして、素敵な描写に惹かれます。

田宮くんと聖の別れの場面、台詞のない沈黙の時間に田宮くんの切なき想いが伝わります。
麻衣子と二葉さんがタクシーに乗り遠回りする。そこに言葉はありません。そんなひとこまが、随所にあり、引き込まれました。

麻衣子の選んだ幸せは、ひとりで生きること。
二葉さんの選んだ幸せは、聖とやり直すこと。
愛しい人、その存在は生きるエネルギーになる。それぞれが、それぞれに幸せでありますように……。

ほぼ原作通り。台詞だけではなく表情や描写で物語が進む素敵なドラマでした。

記事内画像:【うきわ-友達以上、不倫未満ー】公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました