【女神(テミス)の教室】7話のネタバレ!学生達の劇的な変化に感涙!

女神の教室 ネタバレ07

【女神(テミス)の教室】7話のネタバレ!学生達の劇的な変化に感涙!

【女神(テミス)の教室】7話が2023年2月20日に放送。

7話が津山の死を知り動揺してしまう雫。法を扱い、人を裁く者の責任とは何でしょうか?

一方、学生達もそれに向き合い、お互いを支えながら成長していきます。中盤までの集大成と言え、多くの視聴者が涙を流しました。

今回の記事では【女神(テミス)の教室】7話のネタバレ、感想をお伝えします。

【女神(テミス)の教室】のネタバレ・あらすじを最終回まで!及川光博が黒幕大本命、その理由は?
2023年冬の月9ドラマは北川景子主演の【女神(テミス)の教室】。ロースクールを舞台に法律だけではなく、それに関わる人々の心も教えます。その裏では何やら雫や生徒たちを狙う事件が起きている様子。学院長の守宮清正(及川光博)が怪しいです。今回の記事では【女神(テミス)の教室】のネタバレ・あらすじを最終回までお届けします。

【女神(テミス)の教室】7話のネタバレ

津山の最後の言葉

過去の恨みから柊木雫(北川景子)や学生たちに嫌がらせを繰り返していた津山邦彦(安井順平)が飛び降り自殺をした。

刑事の風見颯(尾上松也)によると津山は自殺で間違いない。風見刑事は「あなたと関係ない」と雫を励ます。だが、

俺はお前を許さない!一生後悔させてやる!!

津山の最後の言葉が雫に重くのしかかる

雫は藍井仁(山田裕貴)にしばらく実務演習の課題を考えて欲しい、と頼む。雫は自分の教えに自信が持てなくなってしまった

一方、照井雪乃(南沙良)と天野向日葵(河村花)は藍井塾で勉強。早い講義、難しいテスト、課題と付いていくのがやっと。

真中信太郎(高橋文哉)、桐矢純平(前田旺志郎)、水沢拓磨(前田拳太郎)たちもそろって勉強。だが、桐矢は早々と切り上げてしまう。

桐矢に迷いが生じる

翌日、実務演習が開始。藍井は学生たち課題を解かせるだけだった。

桐矢は今日も早帰り。津山の死を受けてから自分の進路を思い悩んでいた。検事は最も被告人に接する立場。

津山は雫を許していなかった。一番追い詰める死という手段を使った。検事になれたとしても自分がされたら耐えられないかもしれない。桐矢は検事の道は諦めようとさえ、考えていた

水沢は同じ検事志望の照井に桐矢を励まして欲しい、と頼む。「私にもどうにもできない」と照井。藍井塾での成績が伸び悩み、自分のことで手いっぱいだった。

一人じゃない

雫の同期の弁護士・安藤麻理恵(佐藤仁美)がトンカツ弁当を片手に青南ローにやってきた。彼女は雫のことを心配していた。

更に同期の検事・横溝太一(宮野真守)もトンカツ弁当を片手にやって来る。考えていることは同じだ。

そこに藍井が登場。課題への学生たちの答案が被告人の身の上話を織り込むなどひどい。採点ぐらいやってください、と答案を渡す。

雫が確認すると桐矢だけが答案を出していなかった。

翌日、桐矢が講義に時間ギリギリで到着。心配になった真中、水沢、天野は桐矢をランチに誘う。

ファミレスにて水沢たちも津山のことはショックを受けている。真中はずっと考え、天野は気にしないように自分に言い聞かせている。

悩んでいるのは1人じゃない。集まって話した方が1人で抱え込むよりもましだ

一方、雫は照井から相談を持ち掛けられる。

実務演習AIに司法を任せるべきか?

その後、雫はトンカツ弁当を平らげ、瞑想。気合を入れ直し、実務演習に復帰する。

今日の課題は「裁判の判決をAI(人工知能)に委ねるべきか否か」を話し合い、結論を出す。

水沢はAIはまだ完ぺきではなく、任せるのは不安。真中は人間だって完璧じゃないと反論。

過去の膨大なデータを用いることで判決を早く出せるのはメリット。デメリットは人間の仕事を奪う可能性がある。

桐矢は肯定的。(津山のように)人が人を裁くのはリスクがあるから。天野は被告人の気持ちを知れないかもと否定的。彼らにだって言いたいことや思いがあるはず。

照井は(津山のことが頭に残っている)桐矢に対して「あなたの夢はそんなものなの!戦っている人が沢山いる!!」と発破を掛ける。

人を裁く者の責任とは?

学生たちはAIにはメリットはあるが人を理解するためには判決は人間が行うのが望ましい、と結論を出す。雫も同意見。

雫「人の痛みを受け止める。それが人を裁く法曹家の責任だから。AIは責任を取らない。責任を誰かが負うからこそ裁判は成り立つ。」

だから自分は津山の死から目を背けない。痛みを抱えていく、それが責任だから。

桐矢は「強くない人はどうすればいいのか?」と質問。向き合うのはやはり怖く、自分は検事に向いていないのではないか?

雫は「怖いのは向き合っている証拠。そういう人間らしい人に検事になって欲しい」と答える。

雫「誰かと分かち合うことが出来る。弱音を吐くだけで救われることもある。」

5人は青南ローで過ごした日々を思い起こす。

雫「桐谷君には辞めて欲しくない。仲間がいるってとても幸せなこと。」

雫は照井から桐矢のことを聞かされ、「どうやって乗り越えたらいいのか教えてください」と頭を下げられた。

いい仲間を持てた桐矢は思わず嬉し泣き。

7話の結末

その後、藍井塾終わりの照井に真中、水沢、桐矢の3人が夜食を差し入れ。「もう前向きで羨ましい」と言いつつも照井は受け取り、礼を言う。

在学期間中の司法試験は照井だけが受けることになった。「照井さんファイト!!」と応援する4人。照井は気恥ずかしそうにするも笑みを浮かべる。

雫は藍井に礼を言う。藍井が出した課題は実務に沿ったものだった。藍井が採点を任せたのは雫に学生たちは教えを活かしている、と伝える為だった

藍井「ただ仕事をするだけで人に恨まれる。そんな仕事をなぜ学生たちはわざわざ目指すのか。 なぜあなたは一生懸命そんな仕事を教えようとするのか。」

そう言い残し、藍井は去っていく。

季節は過ぎ、夏の司法試験当日。雫と真中たちは照井を送り出す。

いよいよ人生を決める司法試験が始まった。

【女神(テミス)の教室】7話のレビューと感想

学生達の成長と友情に涙

【女神(テミス)の教室】7話、津山の死と藍井塾の照明は相変わらず暗かったですが、学生達の物語は明るい展開となりました。

お互いを大切に思い、支え合うことで成長していく学生達。「仲間を思い遣る姿は幼いが、それでも見ていて気持ち良かった」、「仲間になって、顔付きや雰囲気が最初の頃よりいい」と劇的な変化を遂げた学生達と友情に視聴者は感動

特に照井さんは仲間の為に雫に頭を下げるほど成長しました。初期の周囲に攻撃的で雫の差し入れもおいて帰っていたころからは考えられません。

ファイト!!

仲間達の思いを受け取った照井さんには司法試験に合格して欲しいです。

次週予告

次回の【女神(テミス)の教室】は藍井に引き抜きの話が。藍井はどのような結論を出すのでしょうか?

2023/2/27(月)21:00~の放送をお楽しみに。

6話<< >>8話

画像の引用元:女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~ - フジテレビ

コメント