ドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】のキャストとあらすじ!木村拓哉が海外ドラマ初出演!

SWARM
※当サイトのリンクには広告が含まれます

ドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】のキャストとあらすじ!

木村拓哉が海外ドラマ初出演を果たした大型国際ドラマ『THE SWARM/ザ・スウォーム』がHuluで2023年3月4日から独占配信スタート。

日本の木村拓哉ら世界各国の豪華俳優陣が集結! 『ゲーム・オブ・スローンズ』のプロデューサーのフランク・ドルジャー氏が手がける最新作!

欧州のドラマ史上最大級の制作費で、人類と海で巻き起こる異変の数々との戦いを描く”超大型深海SFサスペンス”ドラマです。

今回はドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】のキャストとあらすじなどについて!

『THE SWARM/ザ・スウォーム』はHuluで配信中!

ドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】のキャスト

アレクサンダー・カリム(役:シグル・ヨハンソン)

アレクサンダー・カリム
「THE SWARM」HPより

キャスト:アレクサンダー・カリム…1976年、ウガンダからの移民の両親のもとスウェーデンで生まれる。ニコラ・スケイジ主演の『ラスト・リベンジ』(原題: Dying of the Light)では宿敵となるモハメド・バニール役を演じる。2019年には小説家デビューもしている。

登場人物:シグル・ヨハンソン…高名な海洋生物学者。ノルウェーの調査会社から海底の調査を依頼される。

セシル・ドゥ・フランス(役:セシル・ローシュ)

セシル・ドゥ・フランス
「THE SWARM」HPより

キャスト:セシル・ドゥ・フランス(Cécile De France)…1975年7月17日、ベルギー生まれ。女優。主にフランスの舞台や映画、テレビで活躍。17歳でフランス・パリに移り、演劇を学ぶ。2002年公開の『スパニッシュ・アパートメント』でセザール賞有望若手女優賞を、2005年公開の『ロシアン・ドールズ』で同賞助演女優賞を受賞。2004年公開の『80デイズ』でハリウッドに進出。クリントイーストウッド監督の『ヒア アフター』(2010)など英語作品にも出演する。

登場人物:セシル・ローシュ…フランス人の分子生物学者。飲料水を汚染する猛毒細菌と闘う。

レオニー・ベネシュ(役:シャーロット・“チャーリー”・ワグナー)

レオニー・ベネシュ
「THE SWARM」HPより

キャスト:レオニー・ベネシュ(Leonie Benesch)…1991年4月22日、ドイツ・ハンブルク生まれ。ドイツの女優。第62回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高賞)を受賞した『白いリボン』(監督ミヒャエル・ハネケ)に出演。ドイツのテレビドラマ『バビロン・ベルリン』(2017-2022)シリーズにてドイツ映画俳優賞・助演女優賞を受賞。Netflixのドラマ『ザ・クラウン』でフィリップ殿下の姉・セシリア王女役を演じたことでも知られる。現在はロンドン在住。

登場人物:シャーロット・“チャーリー”・ワグナー …海洋生物学研究所の研究員。レーマン教授に師事し、シェトランド諸島で海流を観測する。

ジョシュア・オジック(役:レオン・アナワク)

ジュシュア・オジック
「THE SWARM」HPより

キャスト:ジョシュア・オジック(Joshua Odjick)…カナダのケベック州マニアキの先住民の一家に生まれる。テレビや映画に出演後、2021年の青春映画『ワイルドフッド』(日本未公開)のパスメイ役で注目を浴び、第10回カナダ・スクリーン賞で助演男優賞を受賞、2021年の バンクーバー映画評論家協会賞で助演男優賞を受賞するなど、若手の新進俳優。

登場人物:レオン・アナワク…若きカナダ人のクジラ学者。クジラの狂暴化の謎を究明しようとする。

木村拓哉(役:アイト・ミフネ)

木村拓哉
「THE SWARM」HPより

キャスト:木村拓哉(きむらたくや)…1972年〈昭和47年〉11月13日、日本・東京生まれ。歌手、俳優。解散したアイドルグループ「SMAP」のメンバー。ジャニーズ事務所所属。愛称はキムタク。数々の日本のテレビドラマで主演を務める。映画俳優としては『シュート!』(1994)の演技で石原裕次郎新人賞を受賞。主演映画『武士の一分』(2006)は日本アカデミー賞で13部門を受賞。ウォン・カーウァイ監督の香港映画『2046』(2004)やトラン・アン・ユン監督のフランス映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』などにも出演している。

登場人物:アイト・ミフネ…日本人の慈善活動家。人類の危機に立ち向かうために科学者グループを率いる”ミフネ財団“の創始者。北極海に船を出そうとする科学者たちに金銭的な支援をして、彼らを後押しする人物。

※制作統括のドルジャーは、ミフネ役について「物語の救い主でもあり、信念を持ったキャラクター」「それは木村さんご自身にも言えることだと思います」「原作の後半で重要な役割を果たす米軍総司令官の女性、ジュディス・リーを木村さんのイメージに合わせて作り替えた」と語る。

【木村拓哉さんのコメント】「サーフィンを心から愛する僕にとって、海は自分を癒してくれるかけがえのない存在です。人類が海を大切に扱ってこなかったことへの代償が、根底のテーマとなっているこの作品への参加は、僕にとって特別に意味のあることに感じられました。今回、フランク・ドルジャー氏をはじめとするとても国際色豊かなチームに参加できたことは、僕にとっても刺激的で貴重な体験でした。世界中の皆様がこの作品を楽しみ、味わい、感じてくだされば、とても嬉しく思います。」

原作小説では日本も登場します。メタン研究者の松本良という人物も登場。原作小説での日本人はクジラやイルカを殺戮し、メタンハイドレードという燃料ををいち早く手にしようとしている、したたたかな人種として描かれています。昔から日本は捕鯨(ほげい/クジラを捕獲すること)をしてきましたが…。Huluでの日本配信もあるので改変もあるでしょうか。
ちなみにミフネ役は原作の松本良でなく、原作の米軍総司令官の女性「ジュディス・リー」のイメージとのこと。

 「ミフネというキャラクターは、いい意味での自然な権威を持つ方、つまり、部屋に入った時にみんなが注目をするような存在感を持ち、知的な方でなければいけなかったし、経験値が高い方でなければいけませんでした。そして、撮影をしているとき、誰かの演技に対してのリアクションのカットで存在感があるかどうかが重要でした。役者によっては、せりふを言うときは良くても、リアクションにそこまで存在感がない方もいらっしゃるのですが、木村さんは両方を兼ね備えています」

「ハッとさせられた」部分が三つあるとドルジャー氏は言う。

 「一つ目は、年齢を重ねていて大人の成熟した権威を表現できる感性、二つ目は、知性が感じられること、最後に、スクリーン上の存在感でした。一緒にお仕事をさせていただいて、とても素晴らしかったです。現場では、撮影はとてもスピーディーに進行していき、複雑なシーンもあったのですが、見事に演じ切ってくださいました。ほかのキャストともとても良いバランスでしたし、演技も見ごたえのあるものとなっています。ミフネは、物語をひとつにまとめてくれる、とても重要な役割を担っています。彼のためにミフネというキャラクターを作ることができて本当に良かったです」

撮影時に印象的なエピソードがあった。撮影現場から離れた場所に木村さん用の控室を用意していたが、木村さんは控室に行ってからすぐにスタッフとともに現場に戻ってきたという。

「『控室を用意してくれるのはとても感謝しているけど、行ったり来たりする時間がもったいないから、撮影場所にスペースを用意してくれれば、そこでメーク直しや着替えをするよ』と言ってくれたんです。セットの隅の方に椅子を置いてカーテンをかけてスペースを作り、そこでメーク直しや着替えをしてくれたので、通常は移動も含めて30分かかるところを、5分で衣装替えができるようになりました。そのおかげでいろいろなアングルで撮影ができたし、監督と共に演技を深めていくことができました」
「自分がやりやすい環境にこだわるのではなくて、時間を無駄にせず、より良い作品を作りたいという思いからそういったことをおっしゃってくださり、これが本当のプロフェッショナルだなと感心しました」

木村拓哉
[caption id="attachment_301108" align="aligncenter" width="400"]木村拓哉 ジャニーズ.ネット[/caption]

木村拓哉(きむらたくや):アイドルグループ「SMAP」の元メンバー。1987年、ジャニーズ事務所に入所。1991年、CDデビュー。1992年、ドラマ『その時ハートは盗まれた』に出演。1996年に主演したドラマ『ロングバケーション』以降、主演するドラマがどれも高視聴率を記録し、数々のテレビドラマ、映画で活躍中。

最近の出演ドラマ

木村拓哉のプロフィール

生年月日 1972年11月13日
出身地 東京都
身長 176cm
配偶者 工藤静香
所属事務所 ジャニーズ事務所

バルバラ・スコヴァ(役:カタリーナ・レーマン)

バルバラ・スコヴァ
「THE SWARM」HPより

キャスト:バルバラ・スコヴァ(Barbara Sukowa)…1950年2月2日、ドイツ・ブレーメン出身の女優。演劇学校で学んだ後、1971年に舞台デビュー。『鉛の時代』(1981年)でヴェネチア映画祭女優賞を、『ローザ・ルクセンブルク』(1985年)。 カンヌ映画祭女優賞など数々の受賞歴がある実力派。1990年からニューヨークに拠点を移して活動。アメリカのテレビドラマ『12モンキーズ』(2015年-2018年)にも主要キャストで出演している。

登場人物:カタリーナ・レーマン…海洋生物学研究所の教授。シャーロット・ワグナーの指導教官。

シャロン・ダンカン=ブルースター(役:サマンサ・クロウ)

シャロン・ダンカン=ブルースター
「THE SWARM」HPより

キャスト:シャロン・ダンカン=ブルースター …1976年2月8日、イギリス・ロンドン生まれ。イギリス人の女優。映画『ローグ・ワン A STAR WARS STORY』(2016年)、『DUNE デューン 砂の惑星』(2021)などに出演している。

登場人物:サマンサ・クロウ…天体物理学者。

その他の出演者

その他、本作に出演する俳優はこちら↓

クリスタ・コソネン(フィンランドの女優)…役:ティナ・ルン - ヨハンソン博士(演:アレクサンダー・カリム)の元恋人で彼に調査を依頼したノルウェーの石油会社社員。石油資源開発推進プロジェクトの副責任者。

オリヴァー・マスッチ(ドイツ人の俳優)…役:アルバン - 研究船の船長。

平岳大(日本の俳優)……役:リク・サトウ

ドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】のあらすじ

本作は、大ヒットしたHBO製作ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の主要プロデューサーのひとりで、数々のエミー賞受賞歴を誇るフランク・ドルジャーが『ゲーム・オブ・スローンズ』以降、初めて手掛ける期待の連続ドラマ。

物語は全8話からなり、世界各地を舞台とした海洋SFサスペンス。

あらすじ

深海に生息する「未確認知的生物」の群れに対抗する“人類の闘い”が描かれていく。海が乱暴に扱われることで、生息環境を脅かされた「未確認知的生物」の群れが人類に反撃を開始!?
ほどなくして全人類の生命は危機にさらされ、人々の運命は集まった科学者の手に託(たく)されることになり――。

1話あらすじ

THE SWARM 1話
「THE SWARM」HPより

スコットランドのシェトランド諸島の僻地にある研究基地に左遷された博士候補生の研究者、シャーロット・“チャーリー”・ワグナー。チャーリーはそこで海面に浮かぶメタンの氷を発見し、その現象はカタリーナ・レーマン教授の興味を引く。

一方、カナダのバンクーバー島の沖合ではクジラ類の異常な行動が見られるようになり、地元のクジラ学者であるレオン・アナワクは疑問を抱く。

2話あらすじ

THE SWARM 2話
「THE SWARM」HPより

フランスでは、地元のシェフの死を皮切りに次々と食中毒事件が発生して、分子生物学者のセシル・ローシュ博士が調査を開始する。

バンクーバーでは、クジラの事故で講演が中止となったアナクワが、天体物理学者のサマンサ・クロウと出会う。

一方、ノルウェーでは、海洋生物学者のシグル・ヨハンソン博士が大陸斜面に大量発生したアイスワーム(氷の世界に住む小さなミミズの仲間)の新種を発見する。だが、その発見はホーヴスタッド・エネルギー社にとって好ましくないものだった。

3話あらすじ

THE SWARM 3話
「THE SWARM」HPより

フランスにて。ローシュ博士は、致死率の高い変異株のバクテリアが広がっていることに気づき、大きな不安に駆られる。そして子供たちを海から離れさせるため父親の元へ送り出す。

アイト・ミフネは環境汚染に対するバイオ技術に投資している「ミフネ財団」会長だ。海洋生物学者のヨハンソン博士は、そのミフネ財団に協力を求めるべく、ジュネーブを訪れる。そこでミフネの部下のサトウと会って、ノルウェー海で発見したアイスワームの資料を渡す。

ノルウェー沖では、海洋調査船「ジュノー号」が消息を絶つ。そこにはドイツのキールにある海洋生物学研究所(IBM)の仲間が乗っており、チャーリーとレーマン教授はショックを受ける。そんな中、沈没した船の映像に残されていた謎の光と音を発見する。

バンクーバーでは、事故が起こっている場所がクジラの回遊経路と気づいたクジラ学者のアナワクが海に出て調査を始め、驚くべき光景に出会う。

ドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】のスタッフ

製作総指揮 フランク・ドルジャー(「ゲーム・オブ・スローンズ」(11~19))
監督 バーバラ・イーダー(「バーバリアンズ -若き野望のさだめ-」(20) 「Thank You For Bombing(原題)」(15))
監督 ルーク・ワトソン(「Britannia(原題)」(18)「リッパー・ストリート」(12~16))
原作 小説「THE SWARM」著者:フランク・シェッツィング(2004年、ドイツ)
脚本 スティーヴ・ラリー(エミー賞ノミネート作品「ストライクバック」(10~20))
脚本 マリッサ・レストラード(「ディープ・ステート」(18~))
制作 インタグリオ・フィルムズ
制作 ndFインターナショナル・プロダクション

ドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】はいつ配信?

Q
ドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】はいつ配信?
A

 Huluオリジナル「THE SWARM/ザ・スウォーム」は動画配信サービスHuluにて2023年3月4日からから第1話~3話の独占配信がスタート。順次配信で全8話。

ドラマ【THE SWARM/ザ・スウォーム】の配信日程

1話・2話・3話 3月4日(土)配信
4話 3月18日(土)配信
5話 3月25日(土)配信
6話 4月1日(土)配信
7話・8話 4月8日(土)配信

当記事画像出典「THE SWARM/ザ・スウォーム」HP
(C)Intaglio Films GmbH / ndF International Production GmbH / Julian Wagner / Leif Haenzo