【卒業タイムリミット】18話|黒幕は小菅理事長(北山宏光)?!

卒業タイムリミット18話

【卒業タイムリミット】18話

夜ドラ【卒業タイムリミット】第18話が2022年5月3日(火)に放送されました。

黒川たちは黒幕は小菅理事長(と気づいて…?!

今回は【卒業タイムリミット】18話のあらすじネタバレと感想について!

*本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【卒業タイムリミット】18話のあらすじネタバレ

【卒業タイムリミット】18話のあらすじネタバレです。

水口(滝沢カレン)を監禁していたのは音楽教師宇部(木村達成)だった?!

しかし水口の姿は無かった。黒川(井上祐貴)たちが外で出ると、寺木(高橋侃)が乗った車が発進した。

宇部は言う通りにしないと小松澪との関係をばらすと脅されて仕方なくしていたという。

追及から逃げ出した宇部は、偶然やってきた水口の水色の車にはねられてしまう。

しかも運転していたのは体育教師・野上(池内万作)?!

黒川たちは救急車を呼ぶ。

荻生田は、なぜその車を運転しているのか問い詰める。

野上は「この車を隠すように言われただけだ」と泣き崩れる。

そのころ、寺木は「そこなら安全なんだな?あんたも早く来い。金、忘れるなよ」と誰かと電話していた。

午前7時50分。タイムリミット6時間10分。

黒川たち4人は警察から事情聴取を受けることに。

小松澪は警察の梶浦()から事情聴取を受ける。宇部には脅しのメールがあったらしい。

市原()は、荻生田と野上の過去を聞いた。野上も脅しのメールが存在していた。

高畑は、梶浦に水口先生とのことを話す。

黒川は市原に事情聴取を受ける。寺木とのことを話す。

事情聴取が終わり、整理する黒川たち。

一体、だれが脅しているのか?過去のことを誰にも話していなかった?

高畑が「あ」と気づいた。

黒川たちは学校に忍びこみ、「告白カード」を見る。高畑・小松・荻生田の告白カードが消えていた。

どこだ?

すると、机の中にあった。

伊藤も「読めるのは理事長だけに決まってるだろう」と言った。

黒川は「黒幕は小菅理事長だ!」とつぶやく。

そのころ、廃墟に小菅理事長()が近づいていた。(つづく)

【卒業タイムリミット】18話の感想

今まで「妖精さん」として表舞台には出てこなかった理事長。

しかし、やっと、やっと…18話で本性を現してきましたね!

ファン待望です。(さんのファンはココまでついてこれてるのでしょうか)

告白カードを読める者は理事長だけ!

もしかしたら、理事長が復讐を代行していたのでしょうか。

みんな恨まれていましたよね?

脅されていた宇部は小松澪に、同じく脅されていた野上は荻生田に、監禁されていた水口は高畑に恨まれていました。

挑戦状が届いた共通点があったんですね。あれ?じゃあ、黒川はなぜ4人に選ばれたのか?

そのあたりも明かされるかな?次回が待ち遠しいです!

17話<< >>19話

画像出典:NHK