【正直不動産】8話のネタバレとレビュー!地面師問題と社長(草刈正雄)の意外な過去!

正直不動産8話

【正直不動産】8話のネタバレとレビュー!地面師問題と登坂社長()の意外な過去!

永瀬()が地面師に騙される? “人を信じる”ってどういうこと?

登坂社長()の意外な過去と信念がわかるエピソードは必見!

今回は、【正直不動産】8話のあらすじ・ネタバレ・感想について!


ADVERTISEMENT

【正直不動産】8話のあらすじ

5億の大型案件が転がり込む

永瀬()と月下()は、不動産取引流通協会の懇親会に出席する。ミネルヴァの花澤()たちも来ていた。永瀬は、大手不動産営業の神崎浩輔(須田邦裕)からバイロイト不動産の堀内幸正(倉田秀人)を紹介される。堀内は永瀬に相談があるという。

とにかく名刺を配れと言われた月下がひたすら名刺を配っていると、フリーのブローカーとなった桐山()が現れる。永瀬が今の勤務先を訪ねると個人でブローカーをやっている。おいしい話があれば回して、と名刺を渡して去っていく。

永瀬は桐山が3億の大口契約をしたと登坂社長()と大河部長(長谷川忍)に報告する。逃した魚はでかかった、と部長。登坂は、バイロイト不動産の堀内は信用できるのかと聞く。

堀内の相談とは、けやき野興業という会社が高井戸の300坪の土地を売りたいという5億円の大型案件だ。登坂は堀内を信じられるなら任せる。月下と一緒にやれと命じる。自称・手土産の鬼という部長は「手土産は客の心を変える」と月下と手土産を調達する。

現場を見る永瀬と月下。なかなかの好条件。けやき野興業の事業はイベント運営など。オフィスでは専務の酒井富雄(近藤公園)、取締役の酒井次雄(増田修一朗)が対応する。月下が有名な豆大福を渡すと「つぶあんが大好き」と富雄。

土地を売りたいのは、会社を畳むことになったから。父親は病気だが、会社を畳むことも土地を売ることも承諾済み。借金もあるから早く売りたいという。

正直の風が吹き永瀬は、要は売れるもんは売っぱらって、会社を畳んで借金は債権者に押し付けるっていうことですよね? とぶっちゃけてしまう。しかしけやき野興業は早く売りたいから、決まったも同然。永瀬は何でもおごってやるというが、月下は急に榎本()から呼び出される。

榎本は、永瀬に本気で行くため、月下の気持ちを確かめたかったのだ。月下は永瀬は先輩としては好きだが、絶対付き合わないと宣言する。会話を録音した榎本は月下に協力を頼む。

その頃永瀬は羽振りがよかった頃に通っていたバーで飲む。女性から隣りは開いているかと聞かれ、たまにはハメをはずそうかと思う永瀬だが、それはマダムだった!

登坂とマダムの関係

登坂は旧財閥系の業界最大手・住元不動産に勤めていた。マダムは初めて会ったのは、銀座のクラブ。登坂はマダムを気に入り、上司や後輩、取引先などをよく連れてきた。マダムが独立するときも登坂が力を貸した。

それからまぁいろいろあったわね。

とにかく豪快で面倒見がよくて、チャーミング。出世コースにいたのに…。
登坂が住元不動産を辞めた理由を聞く永瀬に、「自分で聞いてみたら?」とマダム。

月下は榎本に言われた通り、永瀬の情報を聞き出そうとする。

ミネルヴァが横取り?

永瀬と月下が再びけやき野興業を訪ねる。坪150万、総額4億5000万円という価格を提示すると、ミネルヴァの花澤が坪200万円、総額6億ですぐにでも決めたいと言っているという。車に持ち帰ると、登坂は坪180万、最大190万。それ以上なら手を引くという。永瀬は鵤との因縁について聞くが、登坂は「いろいろあってね」。「いろいろはいろいろ」だとマダムと同じセリフで語らない。

手土産を買った帰り、月下は公園で花澤と息子の北斗に遭遇。花澤に登坂不動産に転職したほうがいいと言い出すが、花澤はミネルヴァを辞める気はないと言い切る。

【正直不動産】8話のネタバレ

地面師の正体があんこでわかる?

永瀬は手付金5700万円で3週間以内に決済という好条件を提示。酒井富雄と次雄は、急に態度を変え、その条件で売るから買付証明書をすぐにくれという。何か引っかかる永瀬は入院中の久寿男(品川徹)の見舞いに行く。

心臓のほうはいかがですか? とカマをかけてみるが相手はボロを出さない。月下はお見舞いに肌触りのいいタオルを渡す。怪しいと思ったのは気のせいか?

永瀬は買付証明書を渡し、身分証のコピーを取らせる。富雄も身分証としてパスポートを提示する。1週間後に手付金を支払い、3週間後に残金を支払うと約束する。でもまだ何か気になる永瀬だった。

登坂不動産では、転売先がディスカウントショップノズミ、6億7000万円で売却して1億の儲けだと喜ぶ部長。しかし登坂は浮かない顔。永瀬を信じて任せたと言って出かけていく。

堀内から永瀬に連絡がある。土地売買のことを聞いたというお礼の電話だった。永瀬はカフェに桐山を呼び出し、けやき野興業のやり方が自分が嘘営業していたときのやり方にそっくりなところが引っかかると打ち明ける。

桐山は、 けやき野興業との仕事はすぐに手を引いたという。理由は…

似合わないスーツを着ている人とは仕事をしたくない。

そういえば、けやき野興業の酒井たちは着慣れないスーツを着ていて、靴も合っていなかったり、違和感があった。身分証は、過去にあった地面師の事件と同じ、パスポート。その事件でも地面師は偽造パスポートを使っていたのだ。彼らは地面師じゃないか — —?

永瀬は手付金を振り込む前に、けやき野興業にビルの部屋を貸している乙女橋不動産へ。担当者(氏家恵)に何でもいいから酒井たちの情報を教えてくれというと、富雄はこしあん好きで、2人で「つぶあんよりこしあん」と盛り上がったという。

地面師と直接対決!

確たる証拠はないが、地面師だと疑う永瀬は、会社の都合で支払いができないと謝ったものの、「地面師なんじゃないですか?」と直球で切り込んでしまう。

6億7000万円がパー。永瀬と月下は、怒りの部長に言われて土下座大福を手土産に、けやき野興業を訪ねるが、オフィスはもぬけの殻だった。やはり彼らは地面師。オフィスはけやき野興業のものだったが、けやき野興業はそもそもペーパーカンパニーで実態がなかった。

登坂に報告する永瀬と月下。永瀬が「あなたたち、地面師じゃないんですかー?」と正直にぶっちゃけたことが功を奏したと月下がいうと、登坂は「私も正直にそのひとことが言えたら…」とつぶやいた。

バーでマダムと会う永瀬。マダムは、登坂が住元不動産を辞めたのは地面師に引っかかったからだった。登坂は地面師と疑っていたが、利益に目が眩んだ上司が契約を決行。10億の損害を会社に被らせてしまうと、上司は全責任を登坂に押し付けたのだった。

永瀬は登坂のもとへ。登坂は、相手を信じると言った永瀬を信じたという。地面師に騙されたとしても永瀬を信じた自分が責任をとれば済むこと。登坂は13年前、学生の永瀬に出会ったとき、永瀬にかけていた。人を信じるということは、相手にすべてをかけるということだ。裏切られてもそれはかけた自分の責任でしかない。今更そんなことを聞くなよ…。

この会社に入ってよかったです。必ず、日本一、いや世界一の不動産屋にしてみせます。

本当だな?

私、嘘がつけない人間なんです。

登坂の過去も知ることができて、登坂の本心を知り絆も深まった。しかし地面師の一件にかかりっきりだった永瀬は今月の成績がヤバイ。銭湯に行こうとアパートを出ると、榎本が待っていた。永瀬を会社から尾行してきたのだ。

ここにお住まいですか? タワマンじゃないんですか?

困った永瀬は「誰にも言わないで。2人だけの秘密にしてください」と榎本の手をとる。

2人だけの秘密…。榎本はその言葉にときめいた。

【正直不動産】8話のレビューとまとめ

「人を見る目と信頼するということ」が今回のテーマでした。登坂社長は、ティッシュ配りをしていたヤンキーの大河部長も拾って育てて、まだ何も知らない学生だった永瀬にも賭けた。すごい人ですね。さらに、仕事さえしくれれば全力で守る、ってかっこよすぎです。

また「いろいろはいろいろだ」という登坂社長の過去が明かされ、永瀬との出会いが社長にも大切なものだったことがわかりましたが、鵤社長との因縁はクライマックスに持ち越し。

そして「スーツの似合わない人と仕事したくない」って桐山がクール過ぎる!

榎本さんも永瀬に本気を出してきて、2人の恋も気になります。

次回、【正直不動産】9話は2022年5月31日(火)よる10時から放送です! お見逃しなく!

記事内画像:(C)NHK

コメント