【最愛のひと】1話のあらすじと感想!与田ちゃんのラクダの絵が登場?!

最愛のひと-01話
©TBS

【最愛のひと】1話のあらすじと感想!

最愛のひと~The other side of 日本沈没~』第1話が10月10日に パラビで独占配信されました。

未曾有の危機の中、運命的に出会った愛()と奇跡(板垣瑞生)の究極のラブストーリー!

配信後、与田ちゃんのラクダの絵が登場してると話題に?!

今回はドラマ【最愛のひと】1話のあらすじ・感想について。

『日本沈没-希望のひと-』の関連記事

【日本沈没-希望のひと-】の動画はパラビで配信!

2021年10月時点の情報です。最新情報はパラビで確認ください。


ADVERTISEMENT

【最愛のひと】1話のあらすじ

1話 「出会いは突然に…」のあらすじ

与田ちゃんのラクダの絵が登場?!

山田愛(与田祐希)は居酒屋でバイトをしながら画家の夢を追いかけている。

バイト先に絵を飾っているので、常連客(山本直寛)から「勝手に店ギャラリー代わりにしてるんだよな」とツッコミを入れられた。

「勝手って!?ちゃんと店長の許可とってますから!」と愛。その指さした先には…

最愛のひと-01話
©TBS

<店長公認!アルバイトの山田愛ちゃんのアートギャラリー 応援してあげてね>というポップ広告のような案内も絵のそばに貼られていた。

※視聴者からツッコミのツイート!?

:「乃木中で描いてた衝撃的なラクダの絵」の<乃木中>とは乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』のこと。生田絵梨花さん・齋藤飛鳥さんらと並び、与田ちゃんも個性的な絵を描きます。アメトーークの絵心ない芸人回に出演したこともあります。

常連客が「偉いんですよ、この子」と愛のことを説明する。バイト掛け持ちで生活費・学費を稼ぎ、専門学校に通っている。早くに両親を亡くした苦労人だ、と。

愛は一瞬 思い出した。行ってくるね、と出かけた両親。玄関で見送ったまだ小さい愛と兄。

「全然です」と謙遜する愛。6つ上の兄がいて、高校までは不自由なく暮らしていた、と。

「どこだっけ実家?」
「北の大地。北海道です」と愛。

愛は「いいとこですよ。でも夢を叶えるまでは帰らないって決めてて」という。

「どんな夢?」と客の女性(大久保桜子)が問うと「絵で世界を変えたいんです」と愛。

3人の客は一瞬黙って…「いい夢だね」と常連客が言い、「応援するよ」と男性客(バッファロー吾郎A)が告げた。

斜めうしろの別の席では、蒔田奇跡(板垣瑞生)がそんな愛を見つめていた。

女性客が「言葉にすると実現しやすくなるって言いますからね。夢って。いたんですよ。玉の輿に乗るって言い続けてアラブの石油王と結婚した人!本人曰く、おまじないのおかげなんだって」

それをやった3日後にナンパされたという。その<夢を叶えてくれるおまじない>は伊豆にある日之島という無人島で石を拾って、肌身離さず持ち歩くというもの。

「決めた。行きます。明日学校休みだし、行く!」と宣言する愛。

伊豆までのバスを早速スマホで予約する愛に、店長(鈴木もぐら)が「バイト中だよ!」注意。「店長!一瞬だけ!」と許しを請う愛。空席があって予約完了!

「待ってください。お客さん!」と店長が、客を追いかける。愛がその客の席をみると代金はピッタリ置かれていた。

愛が戻ってきた店長にお金のことを教える。そして「日之島には近づくな」と走り書きがあった店のアンケート用紙をみせた。

その話も蒔田は他の席から聞いていた。店長は「愛ちゃんの気をひきたい的な?」と推理し、無視しようと軽くとらえたが…。

愛(与田祐希)と奇跡(板垣瑞生)の出会い

愛は、蒔田奇跡に「何か。めっちゃ見てましたよね?」と声をかけた。「何でもない」という奇跡。

他の席の片づけへ行く愛。視線を感じて「見てましたよね?」と奇跡に近づく。

「見てないです」「見てました。絶対!」

観念した奇跡は「すごいなって、世界変えるって」という。「ああ」と笑う愛。

ちゃんと分かってるんで。今の私の絵じゃ全然だって。でもゼッタイかなえたいんです。大切な人の約束なんで」と愛。

他の席の片づけへ戻った愛。そこで「好きです!」と叫ぶ奇跡。「え?」愛はふりむく。

「好きです!あの絵。特にあの子。赤い服の女の子。ちょっと寂しそうなのに、頑張って笑ってる感じが好きです。似てますね。あの子、あなたに…」と奇跡。

愛は固まって言葉が出ない。奇跡は引かれたと思い、「気持ち悪いこと言ってすみません」と謝る。

奇跡のお会計後。(※愛がいう「46円のお返しです」は乃木坂46とかけた小ネタ?!)

愛は「気持ち悪くないです。あの子、私なんです。初めてです。見抜かれたの。すごく嬉しいです。また来てくださいね」と声をかける。

「あの…」
「なんですか」と店員スマイルな愛。

奇跡は「無視しない方がいいですよ」と忠告。あのメモを書いてる人の様子を見ていた、という。

必死な真剣な様子で、ふざけてるように見えなくて。知らない人のためにそれでも伝えたってすごいなって」奇跡は変なこと言ったことを謝り帰る。

「待って!」

愛は奇跡の腕をつかんだ。

そこへ純太(福山康平)が駆けつける!食い逃げと勘違いし加勢しようとしたのだ…

奇跡の姿は消えた。

日之島へ行くかの決断:1話の結末は?

純太はいつもバイト終わりにきて、夜道の中、アパートまで愛を送り届けていた。

純太に送られ、家に戻った愛。(※このときの与田ちゃん棒つきキャンディー舐めてます。あざとい!笑)

早速、兄・誠() から電話がかかってきて、心配された。純太に愛が男の手を握ったと報告されたらしい。兄の心配がウザいが、愛は感謝もしている。兄の忠告を無視したから両親があんなことになったから。兄は、医者のせいだというが…

愛は回想する:両親が2人で出かけようとしていた日の自宅にて。
兄は外が吹雪だからやめるよう言っていた。それを愛が行くように勧めた。
「夕方からおさまるって。レストランやっと予約できたんでしょ。」と愛。
「けど…」と兄は反対していた。
「お兄ちゃん、寂しいんでしょ」と愛が茶化し、両親に「大事な結婚記念日でしょ。行ってきな」と送り出した。

夜中。ベットの上の愛は、奇跡の「無視しない方がいい」の言葉を思い出し、どうするか迷って…。

翌日(2023年10月23日火曜)、13時04分。愛は起きてスマホの時間を確認する。すると、スマホのトップ画面に緊急ニュースが流れる。

日之島が沈没した、と。「え?」と驚いた愛は、テレビをつける。島が崩壊し沈んでいく様子が中継されていて…。(つづく)

【最愛のひと】1話の感想

14分58秒もあった第1話。意外にしっかりしたエピソードですし、分量も質も満足な約15分でした。

そして、あらすじ中にも紹介しましたが、与田ちゃんが『乃木坂工事中』で披露した絵にそっくりな絵が登場!ラクダの絵でしょうが…いやいや、斬新な絵ですね。(笑)

1話の内容に目を向けると…明るくハキハキしてる山田愛ちゃんが意外にも、重い背景を背負っていて、ちょっと驚き。

天真爛漫なキャラとのギャップというか。でも夢を信じてるキャラは、与田ちゃんっぽいかも?

地上波本編の第1話ラストと連動してるのもGOOD!

スピンオフドラマが、どこか地上波本編と接点があると嬉しいですよね。

そういえば、地上波の1話では、天海()と常盤()が愛のバイトする居酒屋に来店してました。

「日之島へ近づくな」のメモは、もしかしたら天海が書いた?それとも関東沈没説を唱える田所博士でしょうか。

今後、明かされるかもしれませんね。

<SNSの反響>

【最愛のひと】の出演者・スタッフ

<出演>

  • 与田祐希(乃木坂46)
  • 板垣瑞生
  • 福山翔大
  • 福山康平
  • 鈴木もぐら(空気階段)
  • 山本直寛
  • バッファロー吾郎A
  • 大久保桜子
  • 宮崎歩夢
  • 五十嵐舞
  • 渡辺慎一郎
  • 徳山凛響
  • 蓮見孝之(TBSアナウンサー)

スタッフ

  • 脚本:蛭田直美
  • プロデューサー:東仲恵吾、武田梓
  • 監督/演出:宮崎陽平(演出)
  • 音楽:菅野祐悟
  • 楽曲:スカート(ポニーキャニオン/IRORI Records)

コメント

タイトルとURLをコピーしました