【最愛のひと~The other side of 日本沈没~】2話のあらすじと感想!愛(与田祐希)と奇跡(板垣瑞生)の恋に急展開!?

最愛のひと-2話   【最愛のひと~The other side of 日本沈没~】2話のあらすじと感想!愛(与田祐希)と奇跡(板垣瑞生)の恋に急展開!?
©TBS

『最愛のひと~The other side of 日本沈没~』第2話のあらすじネタバレと感想!

最愛のひと~The other side of 日本沈没~』第2話「世界にひとつだけの優しい言葉」が10月17日に パラビで独占配信されました。

愛()と奇跡(板垣瑞生)の究極のラブストーリー、第2話は2人の恋に急展開!?

今回はドラマ【最愛のひと ~The other side of 日本沈没~ 】2話のあらすじ・感想について。

【日本沈没-希望のひと-】のキャスト・登場人物・相関図へ

【日本沈没】原作の結末ネタバレ!小説・映画・アニメのラストへ

【日本沈没-希望のひと-】の視聴率と最終回ネタバレへ

【日本沈没-希望のひと-】の動画はパラビで配信!

2021年10月時点の情報です。最新情報はパラビで確認ください。


ADVERTISEMENT

【最愛のひと~The other side of 日本沈没~】2話のあらすじ

【最愛のひと~The other side of 日本沈没~】第2話 「世界にひとつだけの優しい言葉」のあらすじ

愛(与田祐希) と奇跡(板垣瑞生) の再会

愛(与田祐希)は今日も居酒屋でバイト中。開店前の準備をしていると、奇跡(板垣瑞生)のことを思い出していた。「日之島に行かないほうがいい」という奇跡の助言のおかげで、日之島沈没の惨事に巻き込まれずに済んだから…。

愛がのれんを出しに店先に行くと、奇跡が駆け込んできて「良かった」と言って倒れた。…落ち着いてきた奇跡に、愛は助言してくれたことを感謝する。しかし奇跡も「こちらこそありがとうございました。」という。ニュース見た時、もっと強く止めてればと後悔していたという。

愛は、初めて会った自分のために助言してくれたのだからと「無視しちゃダメ」と思った。「1杯おごります」という愛。奇跡は「仕事に戻らなきゃいけないから」と断って帰ろうとしたが、愛は「明日、お仕事早いですか?」と誘う…。

愛(与田祐希) と奇跡(板垣瑞生) の意外なデート

バイト後。愛は、純太(山田康平)にいつも通りに家まで送ってもらう。心配してる兄に送るため、写真も撮影。

「おやすみ」愛がアパートの階段を登って、それを見送った純太は帰った。しかし愛は「すまん」とつぶやき、出かけた。

*****

待ち合わせ場所に奇跡がいた。「おーい!」道路の反対側から、愛が飛び跳ねて声をかける。

深夜なのでファミレスなどに行こうとする愛だが一応聞いてみた。「何か食べたいもの?」

奇跡のリクエストは、これまで食べたことがないというカップラーメン!?

2人は深夜の公園の階段に座り、ラーメンを食べる。

愛(与田祐希) と奇跡(板垣瑞生) が恋人に!?

食べ終わった2人。愛は「どうしても今日お礼したかったんです。また今度がないかもしれないから」と告げた。

名前を紹介する2人。奇跡は「名前負け」と謝った。小さい頃から「奇跡起こせ」ってからかわれたので、苦手な名前だ。

愛は「ついに奇跡起こしましたね。私を救ってくれたじゃないですか」という。

そして「私は私の名前、大好き。母がつけてくれたんです。いっぱい愛して愛されるようにって…」と愛。

「亡くなられたんでしったけ?お店で聞こえて…」と奇跡。

愛は、13年前に事故死した両親のことを話す。両親が死んだのは…吹雪の中、自分が両親を食事に送り出したせいだと、今も自身を責め続けている愛。

「みんな違うっていうけど、でも思っちゃんです」と愛。

「自分が止めてれば、ご両親が死ななかったかもって?すごい。あなたはそんなにつらくて、しんどくて重すぎる重荷を背負って…それでも笑ってるんですね。だからあの絵の女の子は、あんなに頑張って笑ってる。いっぱい愛されて愛するために。…あなたは本当に頑張ってここまで来たんですね。たったひとりで

奇跡の優しい言葉に、愛は涙ぐみ、黙り込む。謝る奇跡に、愛は誤解を解こうとする。

「わかってるんです。優しさだって。『お前のせいじゃない』って優しさで言ってくれてるって。でもそう言われるたび、寂しくて。私だけ金魚鉢の中みたいな。大事に守ってくれてるけど触ってもらえない、みたいな。だからありがとう。触ってくれて

奇跡は思わず、愛を抱きしめた。

「ごめんなさい。変なことしちゃって」と離れる奇跡。

好きです。大好きです、あなたのこと。だから付き合ってください。とりあえず付き合っちゃいましょう

愛は積極的に告白。2人は笑顔で写真におさまる。

後日。居酒屋にて。天海()と常盤()が来店していた。愛は「彼氏ができたんです」と常盤に写真を見せびらかす。

バイト中、スマホをみてにやけていた愛は、お客さんに呼ばれて接客に向かう。

(つづく)

【最愛のひと~The other side of 日本沈没~】2話の感想

『日本沈没~希望のひと』のパラビオリジナルストーリー「最愛のひと」第2話。

またも可愛いらしい与田祐希ちゃんが見られます。

道路の反対で、通っている車で見えないからと、飛び跳ねる与田ちゃんがとても印象的。

しかし、「とりあえず付き合っちゃいましょう」と強引な愛。すごく積極的ですね(笑)

ちょっとビックリしました。

行く予定だった島の沈没を目の当たりにし、いつ亡くなるか分からないと改めて思ったのかも。

そして、心の中に触れてくれたのも嬉しかったようです。

「金魚鉢の中にいるみたい」という表現が分かりにくかったのですが…いわゆる、腫れ物のような扱いをされてきたということですね。兄も幼なじみも、過保護な感じですし。

奇跡の経歴がまだ分からないのに早い!と思ったのですが、いい人そうなのは伝わりますし、付き合って知りあっていく感じでしょうか。上手くいくといいですね。

【最愛のひと~The other side of 日本沈没~】2話の出演者・スタッフ

<出演>

  • 与田祐希(乃木坂46)
  • 板垣瑞生
  • 福山康平
  • 鈴木もぐら(空気階段)
  • 宮崎歩夢
  • 五十嵐舞
  • 渡辺慎一郎
  • 徳山凛響
  • 蓮見孝之(TBSアナウンサー)
  • 小栗旬:※地上波2話の映像
  • 松山ケンイチ:※地上波2話の映像

<スタッフ>

  • 脚本:蛭田直美
  • プロデューサー:東仲恵吾、武田梓
  • 監督/演出:トミー・チャン(演出)
  • 音楽:菅野祐悟
  • 楽曲:スカート(ポニーキャニオン/IRORI Records)