スポンサーリンク

【リコカツ】1話のネタバレと感想!美女と野獣カップルに釘付けになる人続出!

【リコカツ】1話のネタバレと感想!美女と野獣カップルに釘付けになる人続出!

【リコカツ】1話が2021/4/16(金)に放送されました。演じる夫婦が離婚を決意、“リコカツ”を巡るラブコメドラマです。

注目はやはり美しくも可愛い北川景子と力強く真っ直ぐな永山瑛太。

美女と野獣カップルに視聴者は釘付け。2人が作り出す期待以上の面白さに大いに盛り上がりました。

今回の記事では【リコカツ】1話「結婚は離婚のはじまり?!」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

「リコカツ」配信情報

【リコカツ】はパラビで配信中です。

さらにパラビではTBSを中心に多くの名作ドラマが配信されています。

※ 全て2021年4月16日(金)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

【リコカツ】1話のネタバレ

運命の赤い糸

主人公・水口咲(北川景子)は怒り心頭で雪山を登っていた。5年も付き合っていた恋人の青山貴也(高橋光臣)から「結婚のイメージ出来ない。咲もだろ?」と言われ、別れたからだ。

自分はもう30歳を超え、今から新しい恋人を探すにも年齢的に厳しい。

咲「私の大事な5年間を返せーーーーー!!」

怒りの咆哮を上げたとたん、足を滑らせて転落してしまう咲。そのまま遭難してしまった。

不安になる中、航空自衛隊航空救難団のヘリが近づいてきた。そして、隊員の緒原紘一(永山瑛太)に助けられる。

その後、2人は運命の赤い糸を感じ僅か三ヶ月でスピード結婚をした。

大々的な結婚式を挙げ、咲と紘一は「互いに幸せにする」と誓い合う。

希望に満ちた新婚生活が始まる。と思いきや、

  • 紘一は服もインテリアもおしゃれよりも実用性重視
  • 夕食を用意しても帰りが遅く、仕事については国家機密のため聞けない

と咲の不満が溜まっていく。

咲が紘一との結婚を決めた理由

会社で咲は後輩の三本木なつみ()に愚痴をこぼす。なつみからは笑われた上に「青山さんの方が良かったのでは?」と言われてしまう始末だった。

なつみは「何故、結婚をしたのですか?」と尋ねる。

それはお礼を言う為に咲が紘一とデートした時のこと。後輩からのアドバイス通りにスーツを着てきた紘一に咲は「不器用でも真っ直ぐな人」と感じていた。

そして、別れ際。

紘一「結婚して下さい!!」

突然、紘一が結婚を申し込んできた。咲は戸惑ったが、紘一の純粋さに惹かれ「この人に賭ける」と決めたのだった。

離婚宣言

翌日の夕方、咲は慣れないながらも紘一の為に料理をする。ところが焼き魚は生焼けで紘一は吐き出してしまう。

気を取り直して紘一は「今度の休みは外食をしないか?」と誘う。

休日。咲は久々のデートを楽しみにしていた。ところが、紘一のセンスや行動は何もかもが咲と合わない。

帰宅後、車から降りようとすると雨が降ってきた。機嫌を損ねた咲はさっさと家の中に入ってしまう。

そして、ついに咲の不満が爆発してしまい、紘一の服のセンスを咎めてしまう。

紘一の方も「君は見た目ばかり、外見が超一流の君が言う中身とは何だ」と口答えしてしまう。

まるで見た目が良かったから結婚したかのような言い方、咲の怒りは頂点に達してしまう。

咲「好きになったのは私の勘違いでした!!」

紘一の方も不満が爆発してしまう。

  • 咲が料理が出来ないこと
  • インテリアにこだわり過ぎて息苦しいこと
  • 挙句の果てに先祖代々大事にしている家訓を笑いものにしたこと

そしてついに、「離婚よ(だ)」と互いに宣言してしまった。

リコカツ開始

翌日、咲は仕事の合間にネットで離婚に向けての活動・リコカツについて調べる。離婚するのも中々大変なようだ。

さらに姉で専業主婦の鹿浜楓()に電話で相談してみるも取り込み中のようで切られてしまった。

仕事終わりに咲は実家に戻り、母親の美土里(三石琴乃)と会う。定年退職した父親の武史()はゴルフ教室に行っているという。

美土里に離婚について相談しようとした瞬間、紘一から呼び出しの電話が掛かってくる。

この日は紘一の実家で両親の正()、薫()と食事会。前々からの約束だったので咲は向かう。

食事が終わり、咲と紘一が離婚の話をしようとした時。

薫「私達、離婚することにしたの。」

まさかの紘一の両親の方から先に離婚宣言をされてしまった。薫は古い亭主関白の正に我慢ならず、紘一が世帯を持ったら離婚と決めていた。

紘一は断固反対するが薫の決意は固く、正も「是非に及ばず」と言うだけだった。

これでは咲も離婚の話を切り出すことは出来なかった。

帰宅後、「私は義母さんの気持ち分かるな」と咲。紘一の方は正と同じく、「男は女を守るもの。女は男の足りないところを補い、支えるもの」と古い考えのままだった。

傷心の咲

翌日、気晴らしにジムに向かう紘一、そこで弁護士の青山と知り合う。(紘一は青山が咲の元カレとは知らない。)

青山の言う「結婚なんてコストとリスクが高い」という持論に胸が痛む紘一。

一方、咲は編集長の大崎哲郎(松永天馬)と人事部長から呼び出されてしまう。なんと咲のパワハラを告発する音声が届いたのだ。

信憑性は低いがチームとしての足並みが揃っていないのは事実。人事部長から騒動を抑えるために新プロジェクトから外れて欲しいと言われてしまう。

トイレの個室で呆然とする咲。すると後輩の話声が聞こえてくる。パワハラの告発は咲に仕事で叱られた後輩の中谷ユミ(武田玲奈)が腹いせにふっかけたものだった。

咲はユミに「言いたいことがあるなら言って」と接する。ユミは「先輩は顔がいいから仕事が取れるだけなんですよ」と言ってきた。

咲は若いころにした努力について話そうとするが、ユミは「ババアの説教」と吐き捨ててしまう。

その後、咲はショックを受けて夜の街を一人彷徨う。小さいころから努力しても周囲から「顔がいいから得している」と言われた。社会人になっても変わっていない。

突如雨が降ってきた。そこに元カレの青山から結婚を祝福するメッセージが届く。咲は付き合っていたころ青山が仕事が忙しい自分を気遣っていてくれたこと、努力をしっかりと見ていてくれたことを思い出す。

咲は青山に連絡しかけるが思い留まる。

咲「結局一人か…」

まだ守る

ずぶ濡れの咲に紘一が傘を差し出してきた。なつみから連絡を受けて必死に探していたのだ。

「見た目ばかりと言ったのは悪かった」と謝る紘一。

咲は紘一のことを振り切ろうとするが足を滑らせて歩道橋の階段から落ちかけてしまう。紘一はとっさに咲の体の下にもぐりこみ共に階段を滑り落ちる。文字通り、身を挺して守ってくれた。

咲「そんなことしなくていいのに!!私達...離婚するんだから…!」

投げやりの咲の肩を紘一が抱き寄せ、力強く答える。

紘一「だが...まだ、自分は君の夫だ!!

一方、水崎家。武史はゴルフ教室で知り合った若い女性・城木里奈(中田クルミ)にラインを送り、美土里はリコカツについて調べ始める。

緒方家にて。薫は離婚届と結婚指輪を残して家を出てしまっていた。

こうして、それぞれのリコカツが始まった。

【リコカツ】1話の感想とまとめ

1話のポイントまとめ

  • 咲と紘一はスピード結婚するが価値観が合わずに離婚を決意
  • 咲と紘一の両親も離婚の危機
  • 咲の姉・楓も隠し事をしている(娘を連れて別居中?)
  • 紘一は咲の元カレの青山と知り合う
  • 後輩のユミは咲のことが気に食わない
  • 咲は昔から美しいゆえに周囲から妬まれていて、コンプレックスになっている
    ←紘一との喧嘩でも一番の地雷

ついに始まった【リコカツ】。離婚がテーマのギスギスした話かと思ったら明るめの雰囲気、話のテンポもいいです。

美しいくて可愛い北川景子にメロメロ

咲を演じるのは北川景子。結婚式や仕事中の美しく、凛とした咲(北川景子)に注目が集まりました。

それ以上に注目すべきは自宅にいる時。(寝起きで)ボサボサの髪、ナチュラルメイク、眼鏡と間逆の可愛らしい咲。

「素朴な感じも可愛い」、「眼鏡がとっても似合っている」とその可愛さにメロメロになる人が続出です。

こんな魅力的な咲なのだから紘一もぞっこんになるはずです。

力強く真っ直ぐな永山瑛太にもメロメロ

紘一を演じるのは永山瑛太。自衛隊に属しストイックでまっすぐな紘一(永山瑛太)。

それを表すかのように初デートの後に「結婚して下さい」と自分の思いを打ち明けます。

「力強くてかっこいい」、「真っ直ぐで素敵」とその力強さにこれまたメロメロになる人が続出です。

演技がオーバー過ぎるかと思いましたが、ピッタリです。

美女と野獣カップルにトキメキが止まりません。

2人に幸せは訪れる?

と思いきやお互いに価値観が合わずにスピード離婚を決意します。

付き合い初めの時は良いところばかり見えるもの。だんだんと悪いところも見えて、それでも結婚するには受け入れないといけません。

咲と紘一はそこをしっかりと見極めるべきでした。

両親の離婚もあり、2人はしばらくは結婚生活を維持しつつ様子を見ることにします。素敵なカップルに幸せが訪れて欲しいものです。

【リコカツ】1話の視聴率

【リコカツ】第1話の視聴率は9.7%でした。

次週予告

次回の【リコカツ】は3組の夫婦が離婚に向けて動き出します。特に紘一の父・正に大きな問題があるようで。

2021/4/23(金)22:00~の放送をお楽しみに。

第2話「離婚の準備は偽装夫婦から」

コメント

タイトルとURLをコピーしました