【らんまん】113話|野宮(亀田佳明)に「とにかく良い」「美しい退場」と話題!

らんまん・113話

【らんまん】113話

朝ドラ【らんまん】第23週「ヤマモモ」第113話(第113回)が2023年9月6日(水曜)に放送。

大学を辞めた野宮(亀田佳明)は長屋を訪れ、槙野家の肖像画を描く。万太郎(神木隆之)は植物採集へ、寿恵子(浜辺美波)は新たな商いを始めるため、渋谷へと向かい…。

今回は【らんまん】113話の放送内容・感想・事前レビュー・出演者について!

あわせて読みたい
朝ドラ【らんまん】ネタバレ・あらすじ・感想!結末は「スエコザサ」命名エピソード!? 朝ドラ【らんまん】ネタバレ・あらすじ・感想!結末は「スエコザサ」命名エピソード!? 朝ドラ【らんまん】全話のあらすじをネタバレ!【らんまん】は神木隆之介主演の...

【らんまん】の動画は【ユーネクスト】NHKで!

*本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

目次

【らんまん】113話の放送内容

らんまん113話

【らんまん】113話の放送内容です。

大学に辞表を提出した野宮(亀田佳明)に、万太郎(神木隆之介)は「去るべきお人ではない」と伝える。

野宮「生命の神秘は最初からここにある。俺はただ、それを見たってだけですよ。俺はもともと田邊さん(要潤)に引き抜かれてここへ来ました。本当なら田邊さんが非職となった時に共に去るべきだった。それでもあの時、未練ができてしまった」

波多野も教室を訪ねて来た。

野宮「生粋の語学の天才、若き学者が声をかけてくれたから。君が見たいと願うものを俺も見てみたかった。それだけだったんだよ」

野宮は波多野に1枚の植物画を渡して、そう言った。

野宮「ここまで連れてきてくれて、ありがとう。ときどきは目を休ませるんだよ。これ以上、目を悪くしたらいけないから」

野宮は波多野に優しい言葉をかけた。そして万太郎にも感謝を述べる。

野宮は東京を去る数日前に長屋を訪れ、生まれたばかりの千鶴(ちづる)を含む槙野家の肖像画を描く。

野宮は西洋絵画の研究会に挨拶に行ったとき、最新の印刷機のことを聞いたと話す。アルミニウムを使った手法で、軽くて持ち運びもできるという優れものだ。

その話を聞いた寿恵子(浜辺美波)は、万太郎の図鑑づくりの夢をかなえるため商いを始めたいと万太郎(神木隆之介)に話す。万太郎は、新しい冒険に出る寿恵子を応援。

万太郎と虎鉄は東北へ植物採集へ。2人を送り出した寿恵子は、以前、みえ(宮澤エマ)に勧められた地、渋谷へと向かう。

<<前回 第112話 | 次回 第114話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

【らんまん】113話の感想

【らんまん】113話の感想です。

野宮さん、恨み言をいわずに、波多野や万太郎への感謝の言葉が、眼差しがとっても優しくて心にしみましたね。

最初は万太郎に上に逆らわないようにと言っていた野宮ですが、まさかこんな、視聴者から惜しまれるキャラクターになるとは…。

今後、教師に復帰したりするにしても、いつか近況が知りたいですね♪

【らんまん】113話の事前レビュー

113話では、野宮さんが槙野家の肖像画を描いてくれます。どんな絵になるのか、出来上がりが楽しみ♪

また、寿恵子が商いを始めたいと万太郎に告げます

史実では、牧野富太郎の妻・壽衛(すえ)は渋谷で、待合茶屋を経営していました。

朝ドラでも、その史実を踏襲しそうですね。

料亭の仲居でも「八犬伝」のことを熱く語ることで客のハートをつかんだ寿恵子。

きっと成功することでしょう。

寿恵子の挑戦、こちらも楽しみです♪

【らんまん】113話の出演者

【出演】神木隆之介,浜辺美波,安藤玉恵,濱田龍臣,前原滉,亀田佳明,【語り】宮﨑あおい

【語り】宮﨑あおい


<<前回 第112話 | 次回 第114話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

画像出典「らんまん」公式HP

らんまん・113話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次