【ラジエーションハウス2】2話ネタバレと視聴率!裕乃(広瀬アリス)の笑顔にメロメロ!

【ラジエーションハウス2】2話ネタバレと視聴率!裕乃()の笑顔にメロメロ!

【ラジエーションハウス2】2話が2021/10/11(月)に放送されました。

将来有望な陸上少年を襲った病。難しい決断。

父親にイライラするけども前向きに頑張る裕乃(広瀬アリス)の笑顔に癒される!!

今回の記事では【ラジエーションハウス2】2話のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【ラジエーションハウス2】配信情報

【ラジエーションハウス2】はFODプレミアムで配信中。

さらにFODプレミアムではシーズン1、キャスト陣の素顔や撮影の裏話に迫った特別企画【裏ジエーションハウス】も配信。


ADVERTISEMENT

【ラジエーションハウス2】2話のネタバレ

てんかんを患ったサラブレッド

小学生の速川走太(長野蒼大)が陸上大会中にてんかん発作を起こして転倒、頭を強打してしまう。

走太は陸上のオリンピック選手だった一郎()と叶恵(入山法子)の間に生まれたサラブレッド。1つ下の妹・花恋(白鳥玉季)と共に将来を期待されていた。

走太は以前から甘春総合病院に通院し、てんかん治療を受けていたが薬物療法が上手くいかなくなっていた。

五十嵐唯織()は治療の選択肢を広げるためにより詳しい検査を提案。

一方、広瀬裕乃(広瀬アリス)は庭の手入れ中に転落した柳田哲平(きたろう)の検査を担当。柳田は裕乃の事をアカネと呼ぶ。昔動物園で働いていた時に世話をしていたチンパンジーに笑顔がそっくりだということ。

その後、甘春杏()は走太の詳しいCT画像を読影し外科手術の可能性を言及。脳の手術をすれば走太の左足が動かなくなる可能性もある。

父親の判断

杏と脳外科医・渋谷慎一( )は一郎たちに手術と左足の障害の可能性を伝える。

一郎は「足が動けなくなる可能性がある手術はさせられない」と拒否。引き続き薬物療法を行うことになった。

唯織は「走太君、本人に手術を受ける選択肢を伝えなくていいのか?」と悩む。そして、再び一郎に訴える。

だが、一郎は「息子の夢が叶わなくなるなら意味がないんです。あの子の父親は私です。どうするかは私が決めます」と拒否。

その後、唯織は院長の灰島()に「自分の意思で技師として働くことを選んだのだから治療方針に口を挟まないように」と怒られてしまう。

裕乃の憤り

裕乃は「何かできることは?」とてんかん治療に関する学術書を読んで勉強。

そんな中、裕乃はまたしても柳田から「足がむくむから検査して欲しい」と呼び出し。検査をして足に異常が無いのは分かったはずなのに。

裕乃「世の中には、どうしても治したくても、治せない人だっているのに…

と世の中の不条理に憤る裕乃。

その後、退院した走太が再び痙攣を起こして運ばれて来た。もう薬物治療の効果は出ていなかったが、両親の許可が無ければ手術もできない。

杏は「医者にもできないことがある」と気落ち。そこに同僚の医師である辻村駿太郎()が登場。気分転換にと夜の美術館デートに誘う。

裕乃も技師長の小野寺()に「どうすればいいんでしょうか?」と嘆く。小野寺は柳田のケースを持ち出す。

実は唯織がすでに柳田を検査。左足に血栓があることを突き止めており、もし遅れていたら命の危険もあった。

小野寺「患者一人にとことん向き合うのがお前のいいところだ。技師として何が必要なのかはよく考えてみろ。」

裕乃の訴え

その後、裕乃は柳田の元に行き検査をしなかったことを謝罪する。

柳田は裕乃にチンパンジーのアカネの話をする。「グリマスと呼ばれる笑っているように見えて本当は怖がっていたことがよくあった。あんたを初めて見た時、ぎこちない笑顔がそっくりだった」と柳田。

さらに「人も同じで見えている顔と気持ちは異なる可能性もある」と柳田は続ける。

ラジエーションハウスに戻る裕乃。そこでは唯織が今一度メンバーに訴えていた。

唯織「何が起きようとも自分で決められなければ後悔すると思うんです。自分の力でこの先のことを乗り越えていくためには自分で決めるしかないんです。」

それに続ける裕乃。

裕乃「グリマスなんです。走太君の気持ちは誰にも分からない。だから私は走太君の気持ちを聞いてみたいんです。

それを受けて杏は今一度、早川一家と話をすることにし裕乃にも付いてきて貰う。

裕乃は「走太が検査にも耐え、がんばって治療しようとしていた」と訴える。「息子とっては陸上で勝つことが全てなんです。息子の気持ちは父親である自分がよく分かっている」と一郎。

だが、妹の花恋は「お父さんはいつも命令ばっかでお兄ちゃんの気持ちを分かってないよ」と訴える。

走太の本心

その直後、走太の容態が急変。激しく痙攣して苦しそうだ。落ち着いた後、両親は走太に手術やそれで左足が動かなくなる可能性についてきちんと話をする。

混乱している様子の走太。そこに唯織が走太のインタビュー記事が乗った雑誌を持ってくる。

努力は絶対に裏切らない。これは走太が父親から教えられ大切にしていた信条。てんかんの治療でもこの教えをもって臨んでいた。

唯織「でも本当は痙攣を起こすことや目の前が真っ暗になることが怖かったんじゃないかな?」

裕乃「本当の気持ちを聞かせて。」

走太は「てんかんを治したく、自分の努力ではどうすることもできなかった」と本心を打ち明ける。

その言葉を受け、一郎は「ごめんな。分かったから」と抱きしめる。

一方、ラジエーションハウスのメンバーも動いており精密な検査画像を用意していた。

これがあればより原因も特定しやすく、リハビリ次第だが後遺症が残る可能性も低そうだ。

その後、走太は手術を受けることを決める。

一郎は裕乃に「息子と向き合うきっかけを与えてくれてありがとうございました」とお礼を言う。

動き始める恋模様

裕乃は唯織と話をする。

唯織「自分はお父さんを怒らせてしまった。本当の気持ちを引き出せたのは病と向き合っていた広瀬さんがいたからです。僕の隣に広瀬さんがいて良かった。ありがとうございます。」

一方、杏は辻村との約束を思い出し急いでタクシーで待ち合わせ場所に向かう。到着したころには美術館は閉まっており、杏は謝る。

辻村「待っている間に確信した。好きだ甘春。俺は甘春のことが好きだ。」

突然の告白に言葉を失う杏。

一方、唯織は2人がデートをしていることを知ってしまい動揺するのだった。

【ラジエーションハウス2】2話のポイント

  • 一郎は走太の本心を理解しきれていなかった
  • 唯織や裕乃の言葉を受けて走太は本心を話し、手術を受ける決意をする
  • 裕乃はまた1つ技師として成長
  • 辻村は杏に告白する

【ラジエーションハウス2】2話の感想

【ラジエーションハウス2】2話は陸上に打ち込む少年と夢を託す父親の物語。

走太は自分の意思で陸上は続けていたようですが、病気に対する本心は理解していなかった一郎。

息子の気持ちを理解していない父親にイライラした人も多かったのでは?

しかも痙攣を起こして通院しているのに陸上のトレーニングをさせていた様子。これは毒親といわれても仕方ないかと。

かわい過ぎる裕乃(広瀬アリス)の笑顔

一方で裕乃を演じる広瀬アリスがかわい過ぎ。毒親に対する苛立ちも吹っ飛んでしまいます。

裕乃は学生時代にバスケ(原作ではバトミントン)に打ち込んでおり、走太の気持ちがよく分かったのでしょう。

シーズン1では半人前だった裕乃もまた技師として経験を積んで成長。終盤の笑顔はグリマスではなく本当の笑顔でしょう。

その変化を演じ分ける広瀬アリスさんはさすがの一言です。

【ラジエーションハウス2】2話の視聴率

【ラジエーションハウス2】2話の視聴率は9.8%でした。

次週予告

次回の【ラジエーションハウス2】は軒下メインの話。マッチング成功で軒下にも恋の予感!?

2021/10/18(月)21:00~の放送をお楽しみに。

1話 <<  >>3話

コメント

タイトルとURLをコピーしました