【パンドラの果実】カール・カーン(安藤政信)が黒幕?正体と身体の秘密とは?

カール・カーン/安藤政信

【パンドラの果実】カール・カーン()が黒幕?正体と身体の秘密とは?

謎の科学犯罪は全部つながっている? 黒幕はボディハッカージャパンのカール・カーン?
ラスボス感たっぷりのが演じるカールの正体と秘密とは?
そもそもトランスヒューマニズムって何?

今回は、【パンドラの果実】カール・カーン()の正体とトランスヒューマニズムについて!

ボディハッカージャパンとトランスヒューマニズム

ボディハッカージャパンは、最先端科学を利用して人類の進化を目指すトランスヒューマニストが集まる団体。

トランスヒューマニズムとは、科学技術を積極的に活用し、生物学的限界を超越しようとする思想や運動、哲学のことで「超人間主義」とも言われている。

米国の未来学者マックス・モアがその著書『Transhumanism:Toward a Futurist Philosophy』で提唱した次の定義が広く知られています。

“トランスヒューマニズムは、生命を促進する原則と価値に基づき、科学技術により現在の人間の形態や限界を超克した知的生命への進化の継続と加速を追及する生命哲学の一潮流である”

マックス・モア『Transhumanism:Toward a Futurist Philosophy』

そしてAI(機械)と人間の融合という未来を目指しているといいます。

【パンドラの果実】の原作『SCIS 科学犯罪捜査班: 天才科学者・最上友紀子の挑戦』には、脳内にマイクロチップを埋め込んだり、人工子宮などが登場します。ドラマではどこまで再現するのでしょうか?

カール・カーン(安藤政信)の正体と秘密

ボディハッカージャパンの代表はカール・カーン()。

小比類巻祐一()率いる科学犯罪対策室の捜査に協力するときもあれば、邪魔をすることもある謎の人物。

カール・カーンは義手をしていますが、原作では生まれつき手足がなく、足も義足という設定です。その正体はクローン人間!

カール・カーン(安藤政信)は黒幕?

原作では、古都大学理工学部名誉教授であり、日本生物進化学会や日本大脳生理学学会など複数の会長を務める大物で、人体実験やクローン人間作成などを密かに行っていた榊原茂吉が黒幕となっています。

榊原はみずから肉体を使った人体実験で「不老不死」を実現しようとして、榊原茂吉としての肉体を失うという末路を迎えますが、カール・カーンは健在です。

原作小説もまだ続きそうなので、本当の黒幕・ラスボスはカール・カーンということなのかもしれません。

ドラマ【パンドラの果実】では、どんな結末を迎えるのでしょうか?

コメント