『ONE DAY』逃亡編の考察|真犯人・電話の男・笛花の上司・誠司の大切な人は?

ONE DAY・逃亡編
※当サイトのリンクには広告が含まれます

『ONE DAY』逃亡編の考察

フジテレビ月9ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』(以下『ONE DAY』)逃亡編について考察します。

この記事で考察すること
  • 殺人事件の真犯人は?
  • 1話冒頭の「逃げろ」の電話の男は誰?
  • 笛花(中川大志)の上司は誰?
  • 誠司の大切な人は誰?

今回は『ONE DAY』逃亡編の考察について。

ドラマ【ONE DAY(ワンデイ)】あらすじ・ネタバレ・感想・原作!
ドラマ【ONE DAY(ワンデイ)】あらすじ・ネタバレ・感想を最終回まで!原作なしの結末とは?2023年秋のフジテレビ月9ドラマは【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】。[更新情報]最終話のあらすじネタバレまで追記しました。

『ONE DAY』逃亡編の考察

【逃亡編】

【ONE DAY】の【逃亡編】の考察です。

まずは誠司が目を覚ます部分の状況を把握しましょう↓

横浜で銃殺事件が発生。容疑をかけられたのは記憶喪失の男・勝呂寺誠司(すぐろじ・せいじ/二宮和也)。とある場所で目を覚ますと、目の前に頭部を撃たれた死体が横たわっていたのです。一体何が起きたのでしょうか?自分がこの男を殺してしまった…?不安と恐怖に襲われる中、パトカーのサイレン音が聞こえてきます。落ちていたスマホからは「早く逃げろ!」と男の声。かくして警察に追われる逃亡犯になった誠司は、失われた記憶をたどりながら事件の糸口を探っていくのです。また、薄れゆく記憶の中には大切な人との約束があって…。

公式HP「イントロダクション」より

目を覚ました誠司の前には銃殺された遺体。落ちていたスマホからは「早く逃げろ!」と男の声が!

パトカーのサイレン音が聞こえてきたので、記憶喪失の誠司は電話の男の言う通り、逃げるのですが…。

逃亡編の気になるポイント

気になるポイント

  • 勝呂寺誠司(二宮和也)は本当に人を殺したのか。
  • 誠司が殺してないのならば、誠司をはめた犯人は誰なのか?
  • 「逃げろ」と電話してきた男は誰か?
  • 大切な人との約束とは?

殺人事件の真犯人は誰?

誠司が殺人をしていたというオチは、さすがにないと予想します。月9の主人公ですから。

もし殺人をしていたとしても、何らかのやむを得ない動機が欲しいところです。大切な人が殺された復讐とか…。

誠司は巻き込まれた可能性が高いと予想します。

犯人候補は3人(1話時点)

第1話放送後追記:国際犯罪組織「アネモネ」2代目ボス・笛花ミズキ(中川大志)曰く、誠司は(事件に巻き込まれたのではなく)5年前からアネモネのメンバー。しかも24日20時に予定される大型の違法取引の中心者が誠司。謎の遺体は通報しようとしていたアネモネのメンバー・榊原でした。

笛花が部下から報告を受けていた場面によると、榊原は誠司に「会いに行く」と言い残してから音信不通になり、遺体で発見されたもよう。

第1話時点では、榊原が裏切り者だったことから殺されたという犯行動機が判明。しかし犯人は不明。犯人の候補は以下の3人です。

  1. 勝呂寺誠司…最後に榊原と会った点で怪しい。
  2. 草笛ミズキ…「裏切り者は殺せ」と上司(?)から命じられているから、指示に従った可能性は高い。実行犯か?
  3. 謎の男(遠藤憲一?)…草笛ミズキと電話していた上司っぽい男。草笛に「誠司であっても裏切り者なら殺せ」と草笛に命じていました。このことから、榊原のことも消すように草笛に命じた黒幕か?

「逃げろ」と電話してきた男は誰?【蜜谷で確定】

誠司が殺してないのならば、誠司をはめた犯人は誰なのか?

電話してきた男>が怪しいし、キーパーソンっぽいです。

一見、警察から誠司を助けてくれた味方っぽいのですが、逃げると余計に怪しまれます。客観的に見ると、逃げたから逃亡犯になっています。つまり、<電話してきた男>が誠司を事件現場から逃亡させて、容疑が強まるように仕立てているという見方もできます。

放送前の予想ですが、笛花ミズキ(中川大志)が怪しいです。笛花は、国際犯罪組織の2代目ボス。横浜を拠点に活動し、各国の犯罪グループと手を組んで違法薬物の密輸、密売を行っている人物。

怪しいというか、消去法ですが笛花は犯人っぽいです(笑)・・・遺体の人物は密売の相手でトラブルになったとか?誠司は目撃してしまったのか、国際犯罪組織の下っ端なのか、何かしらで巻き込まれてしまった?

ちなみに、国際犯罪組織の名前は「アネモネ」。アネモネの花言葉は「はかない恋」です。なんだか何かありそうで、意味深ですね。

追記:笛花についての詳しい人物紹介を読むと…聖夜に起きた銃殺事件のニュースにすごい剣幕(けんまく)で聞き入り、容疑者・誠司をミズキ自ら追跡。警察より早く誠司の居場所を突き止め、「探しましたよ、誠司さん」と近づく…そうです。

ニュースを聞いて追跡したということは、電話してきた男は笛花ではないです。もしかすると、誠司は国際犯罪組織の幹部?2代目に「さん」付けで呼ばれるということは笛花の教育係だったとか?ともかく、誠司が笛花の知人であることは間違いありません。

1話放送後の追記電話の「逃げろ」という声は、江口洋介さんの声っぽいです。つまり、警視庁・組織犯罪対策部の管理官・蜜谷満作は誠司の味方?!誠司の潜入捜査官説もあるので、蜜谷は誠司の仲間という可能性はありますね。

2話放送後の追記:2話で、誠司は警察署に侵入し、蜜谷(江口洋介)とわずかの時間ですが会うことができて声も聴いています。侵入が他の刑事にバレてしまい、蜜谷が誠司に「逃げろ」と言いました。このことがヒントになり、誠司は「逃げろ」と電話してきた男が蜜谷だと確信します。これはもう、ほぼ確定事項です。

誠司の大切な人は誰?

誠司の「薄れゆく記憶の中には大切な人との約束があって…」という部分も気になります。。この<大切な人>もキーパーソンでしょう。恋人?家族?友人?一体、どういう大切な人なのか…。

「大切な人」の候補は↓

  1. 真礼(佐藤浩市)
  2. 八幡柚杏(中村アン)
  3. 竹本梅雨美(桜井ユキ)
  4. 立葵査子(福本莉子)
  5. 狩宮カレン(松本若菜)
  6. 倉内桔梗(中谷美紀)

クリスマスイブで約束と言ったら恋人とのデートだと思うので、女性の方が可能性が高いか…。

真礼について

1人目は謎の男・真礼(佐藤浩市)。真礼が愛犬・フランを探していることと関係があるかも。何らかの大切な人・真礼にフランを必ず見つけるという約束をしていたところ、銃撃事件に巻き込まれてしまった可能性はあり得そうです。ただし、物語的に犬探しが約束って、ちょっとしょぼい気もします。(大事な犬でしょうけど)

1話放送後追記:真礼の犬が行方不明になるのは誠司が逃亡犯になってから。犬を探す約束ではありませんでした。

八幡柚杏について

2人目は中村アンさん演じる謎の女・八幡柚杏(やはた・ゆあん)。柚杏は逃走中の誠司の前に突然現れる「謎の女」という役どころ。誠司と接触を図るのには、ある目的があるようです。クリスマスイブに逢う約束をしていた大切な人が柚杏という予想はできます。接触している目的は誠司が殺人犯なら、別れようとしているという意味か?

1話放送後追記:勝呂寺誠司(二宮和也)の大切な人は、八幡柚杏(中村アン)ではないです。柚杏は誠司のことを「知らない」と1話で言っていましたから。嘘の可能性もありますけど…。

2話放送後追記:八幡柚杏はジャーナリストで、蜜谷のことを追っているようです。誠司の大切な人出る可能性はかなり低いです。

竹本梅雨美について

3人目は桜井ユキさん演じる竹本梅雨美(たけもと・つゆみ)。「葵亭」で働くソムリエールです。クリスマスイブに逢う約束をしていた大切な人が梅雨美という可能性もあります。ただし、多忙な日の従業員とデートできるのでしょうか。

1話放送後追記:梅雨美はクリスマスに彼が葵亭に来ないか待っているようです。その彼とは誠司の可能性が高いです。消去法ですけど、柚杏や査子の可能性が低くなったので。

立葵査子について

4人目は立葵査子(たちあおい・さこ)(福本莉子)。横浜テレビの新人記者です。ただし福本莉子さんは実年齢22歳で、二宮和也さんは実年齢40歳。恋人だと年齢差がありすぎるか…。でも査子は立葵時生(大沢たかお)の一人娘。査子は【地方テレビ局編】の人物ですが、時生と親子なので【レストラン編】と繋ぐ人物になりそう。その点では、誠司の恋の相手だとストーリーを動かせそうですが…。(年齢は2023年10月時点)

1話放送後追記:査子にはイケメン彼氏・金子翔太(福永拓海)がいることが判明。誠司の大切な人ではなさそうです。ちなみに、翔太は査子に隠れて女性と浮気していました。

狩宮カレン(松本若菜)について

5人目は狩宮カレン(松本若菜)。神奈川県警・捜査一課主任警部補です。狩宮は、殺人容疑がかかっている誠司を追う警察側なので可能性が低そう。

1話放送後追記:1話で狩宮が誠司に銃を向けるシーンもあったので、さすがに、誠司の大切な人ではないでしょう。

倉内桔梗(中谷美紀)

6人目として倉内桔梗(中谷美紀)もいますが、桔梗は誠司を取材で追う立場であり、主人公3人は「別々の人生」を歩んできて「関わりがない」はずなので候補からハズレると思います。

→1話ラストで、桔梗と誠司は大学時代の知人と判明。事前情報では「関わりがない」はずだったのですが…。知人ということは、関わりがありました。

誠司の大切な人は桔梗で、何らかの理由(潜入捜査?)で2018年に別れたのかもしれません。(1話放送後時点)

2話話放送後追記:桔梗は大学のゼミ合宿で誠司を知ったようですが、ほぼ関わりはないようです。逃亡犯の名前(※天樹勇太という名前)や過去の一部を知っていることで、桔梗は「スクープ」になると嬉しそうです。誠司の大切な人ではないですね。

笛花(中川大志)の上司は遠藤憲一?

1話で、笛花ミズキ(中川大志)が誠司を確保した時、誠司が組織のメンバーで違法取引の中心人物なことを明かしました。その後、アジトの事務所にて、笛花が電話で男に報告・連絡をしたのですが、その男の声が遠藤憲一さんっぽいです。

男(遠藤憲一?)は裏切り者はまだいるかもしれないと笛花に注意を促します。なんだか男は上司っぽいです。笛花が2代目ボスなので、男は1代目ボスかもしれません。

「アネモネ」の花言葉から【逃亡編】の結末を考察(予想)

ここで国際犯罪組織の名前「アネモネ」が、はかない恋を意味している件に戻ります。

ギリシャ神話に登場する愛と美の女神・アフロディーテは、恋愛の神キューピッドが放った矢を誤って受け、美少年アドニスに恋します。しかしアドニスは狩りの最中、イノシシに殺されて死亡。(※イノシシはアフロディーテの恋人で軍神アレースが化けていた)

「アネモネ」はアドニスの死を悼んだアフロディーテの涙アドニスが流した血から咲いた花ということに由来しています。

アフロディーテが八幡柚杏(中村アン)で、アドニスが遺体の人物、アレースが笛花ミズキ(中川大志)だとしたら?…つまり、麻薬密売と見せかけて、痴情のもつれでの銃殺事件だったという展開も面白いです。(巻き込まれた誠司からしたら面白がってはいられないですが…)

となると、柚杏は遺体の人物の恋人だから、死の真相を知りたいという目的で誠司に近づいてるのかも…。

追記:誠司の本名は天樹勇太?!

2話放送後追記:桔梗は大学の同窓生に逃亡犯のことを聞き込み。刑法のゼミ合宿にいた1年生で物の配置とかの記憶力が高くて中退した子で…名前知らない?と。

聞き込みの結果、逃亡犯(二宮和也)の名前は天樹勇太(あまぎゆうた)と判明。大学時代の名前ということは書類も学校に提出するでしょうし、天樹が本名っぽいですよね。

勝呂寺誠司という名前は犯罪組織で使う偽名または通称か?

で、それで、この事実がわかったから何?(笑) 2つの名前があることが何を意味しているのか…。

思いつく予想は、潜入捜査官だから偽名なのかもしれません。

今後の種明かしに注目です♪

追記:誠司の過去に父の自殺

3話放送後追記:桔梗は天樹勇太(二宮和也)の過去を調べて、実家の住所へ。すると更地になっていました。不動産屋に聞き込みに行くと、なんと事故物件になって、マンションはつぶれたといいます。

事故物件・・・それは天樹勇太の父の自殺でした。しかも父は交番勤務の警察官で、あやまって暴れる犯人を銃殺してしまいます。正当防衛になったものの、父は自殺。

この18年前の悲劇的な過去が現在の天樹勇太と何のかかわりがあるのかは、まだ不透明。

予想&考察すると、父が殺した男が登場人物の誰かと関わりがある?あるいは父と蜜谷が旧知の仲の可能性がありそうですよね。だから蜜谷は誠司のことを知っているし、心配しているのかもしれません。今後の展開に注目です♪


ドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図!二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演!
二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演の月9ドラマ『ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜』(ワンデイ せいやのからさわぎ)がフジテレビ・月9枠で、2023年秋クールに放送!舞台はクリスマスイブの横浜。聖夜に起こった、男女3人が複雑に絡む1日を1クール(3か月)かけて描きます。原作なし・ドラマオリジナルのハートフル&ヒューマンドラマです。今回はドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図などについて。
【ONE DAY】の視聴率一覧と推移!前作より高い?低い?
2023年秋のフジテレビ月9ドラマは【ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~】。※以下、【ONE DAY】。二宮和也・大沢たかお・中谷美紀の3人が主演を務める話題作ですが、視聴率にどう反映するのか気になります。今回の記事では【ONE DAY】の視聴率と推移を総まとめにしてお届けします。

画像引用「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」フジテレビ