ドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図!二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演!

ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~

ドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図!二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演!

二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演の月9ドラマ『ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜』(ワンデイ せいやのからさわぎ)がフジテレビ・月9枠で、2023年10月クールに放送!

舞台はクリスマスイブの横浜。聖夜に起こった、男女3人が複雑に絡む1日を1クール(3か月)かけて描きます。原作なし・ドラマオリジナルのハートフル&ヒューマンドラマです。

今回はドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図などについて。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャスト(主要人物)

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】主要人物のキャストを紹介。

主演:二宮和也/役:勝呂寺誠司(すぐろじ・せいじ)

二宮和也

キャスト:二宮和也(にのみや・かずなり)…1983年〈昭和58年〉6月17日生まれ。 愛称は「ニノ」。 東京都葛飾区出身。ジャニーズ事務所所属。男性アイドルグループ・嵐のメンバー。YouTubeでも活躍中。連続ドラマは『マイファミリー』(2022年4月期)以来の出演。大沢たかお・中谷美紀との共演は初めて。月9主演も初。

登場人物:勝呂寺誠司(すぐろじ・せいじ)…記憶喪失の逃亡犯。目覚めると遺体が目の前にあった。警察から銃殺の容疑をかけられ、逃亡する。逃げ込んだ先は時生(大沢たかお)がシェフを務めるレストランで――。

――今作のオファーを受けたときは、どう思いましたか?

構成が非常に変わっているといいますか、正直、今まで見たことのないタイプのドラマだと思いました。全部が全部ぶっ飛んでいるなと思いましたが(笑)、視聴者のみなさまに見たいと思っていただけるような面白いストーリーになっていると思いますし、僕自身すごく楽しみにしています。

企画を聞いたときは「そんなことできるのかな?」と内心思っていたのですが、どうやらできるみたいです(笑)。

――月9ドラマ初主演となります。意気込みを聞かせてください。

松本(潤)さん主演の月9ドラマ(『夏の恋は虹色に輝く』)に、1シーンだけ照明スタッフ役で出させていただいたのが、僕の月9の歴史でして(笑)。

今回は主演ということで本当にありがたい限りです。グループで活動しているときから、月9といえば恋愛ドラマが多かったと思いますが、最近はとにかく面白くて、誰も見たことがないものを届けようという枠になっていますよね。

このドラマも、3つのストーリーが入り混ざった、一筋縄ではいかない作品ですし、時代の変化も感じて感慨深いです。

――大沢さん、中谷さんとの共演となります。

お二人とも、テレビや映画でずっと見させていただいていた俳優さんなので、一緒の作品に携わることができて光栄です。

ただ、ドラマの全体図はひとつですけど、3本のドラマを撮っているようなものなので、もしかしたら出会えないかも…(笑)。

出会える瞬間は、レアケースかも知れませんが、「あっちの話はどうなっていくんだろう」みたいに、お二人の状況を気にしながら自分の撮影に挑む感じが新鮮で、純粋に楽しみです。

――演じるうえで心がけようとしていることはありますか?

どこまで含みを持たせるのか、どこで謎を回収するのかなど、鈴木監督と相談しながら、話し合いながら作っていきたいと思います。

役作りもそうですが、フジテレビの連ドラがあまりに久しぶり過ぎて、環境におびえています(笑)。

『フリーター、家を買う。』以来ですか!それは、何もかも変わっていますよね…。フジテレビに戻ってこられたことも、連続ドラマを一から作っていけることもとてもありがたいです。

撮影現場も楽しみですし、見てくださった方に「3つとも面白いよね」と言っていただけるように取り組みたいです。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

クリスマスイブの1日を、どんなふうに過ごすのか。人それぞれだと思いますが、僕らはこの3つのストーリーをお届けしますので、純粋に楽しんでいただきたいです。

「面白いことやってるな」と思っていただけるよう作っていきますので、一緒に楽しんでいただければうれしいです。

主演:大沢たかお/役:立葵時生(たちあおい・ときお)

大沢たかお

キャスト:大沢たかお(おおさわ・たかお)…1968年3月11日生まれ。東京都出身。コアインターナショナル所属。ドラマデビュー作は月9の『君といた夏』(1994年)。ドラマ出演はNHKスペシャル「未解決事件 File.09 松本清張と帝銀事件」(2022年12月29日)以来。連続ドラマの主演、レギュラー出演は『JIN-仁- 完結編』(2011年4月期)以来となる。月9主演は初。

登場人物:立葵時生(たちあおい・ときお)…頑固な孤高のシェフ。横浜・関内かいわいで愛される三代続く老舗レストランのシェフ。妻を亡くして以来、「もう二度と誰も愛することはないだろう」と孤独な人生を歩んできた。

――今作のオファーを受けたときは、どう思いましたか?

お話の内容を聞いたとき、こんなに挑戦したいと思える作品はないと思いましたし、挑戦するスタッフ、キャストの人たちと仕事がしたいと思いました。

自分の俳優生命をかけて臨む価値のある作品だと思っていますので、ご迷惑をおかけしないように、精いっぱい頑張りたいと思います。

――月9ドラマ初主演となります。意気込みを聞かせてください。

僕のドラマデビューは月9(『君といた夏』)なんです。初めて芝居をしたのが今から約30年前。今の若い方が生まれる前のことですから、自分のルーツにこんなに長い年月をかけて戻らせていただくことができてとてもうれしいです。

自分にとっては、勝手にホームのような場所だと思っていますし、ワクワク、ドキドキしています。

――二宮さんとは初共演、中谷さんとは『JIN』以来の共演となります。

二宮さんとは、作品でご一緒するのは今回が初めてなので、本当に楽しみにしています。トップクラスの俳優さんですし、二宮さんが出演されている作品はほぼすべて拝見しています。

ドラマ、映画で大活躍されていますし、信頼できる素晴らしい俳優さんだと思っています。

中谷さんとは、最後にご一緒してから10年以上たっているので、すごくワクワクしています。

彼女は外見はもちろんのこと、内面も美しい方で、お芝居に対しても、丁寧に、一生懸命、いつも悩みながら取り組む方なので、一緒にいて刺激を受けるんですよね。

今回も、3人で刺激しあって新しい時代のドラマを作れたらうれしいです。

――演じるうえで心がけようとしていることはありますか?

試しに包丁を買ったんです。みじん切りまでは相当うまくなったと思います。最近も、ある洋食屋さんに行ってきまして、知り合いの方にお願いして厨房を見学させていただいたりしています。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

今まで見たことがないような面白いドラマになると思いますし、笑いあり、涙あり、感動あり、そして新しいことばかりです。

クリスマスイブの1日を1クールで描くことも挑戦だし、二宮さん、中谷さん、私の3人が、実は絡み合っていくというストーリーですので、ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです。

結末はまだ知りませんが、ハッピーエンドになることを期待しています。

主演:中谷美紀/役:倉内桔梗(くらうち・ききょう)

中谷美紀

キャスト:中谷美紀(なかたに・みき)…1976年1月12日生まれ。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシー、スターダストプロモーションを経て、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。ドラマデビュー作は月9の『ひとつ屋根の下』(1993年)。近年、WOWOWの主演作はあるが、地上波連ドラのレギュラー出演は『病室で念仏を唱えないでください』(2020年1月期)以来となる。月9主演は初。

登場人物:倉内桔梗(くらうち・ききょう)…ローカルテレビ局「テレビ横浜」の報道キャスター。銃殺事件現場に直行する。

――今作のオファーを受けたときは、どう思いましたか?

魅力的な登場人物たちの物語が、同時に平行線で進んでいって、最後にはひとつに集約されていくという、興味深く、目が離せない物語だと思いましたので、今から楽しみで仕方がありません。

――月9ドラマ初主演となります。意気込みを聞かせてください。

今思えば、初めてドラマに出演させていただいたのが月9でした。それから30年のときを経て、二宮さん、大沢さんとご一緒に主演を担わせていただけるとのこと、今からドキドキしております。

何より体力が大事ですので、しっかり食べて、合間でしっかり睡眠をとって、役柄の心情を大切に演じたいと思っています。

――二宮さんとは初共演、大沢さんとは『JIN』以来の共演となります。

二宮さんは、とても自然なお芝居をなさる方で、無理に力まないそのお芝居に直接間近に触れることができることを楽しみにしております。どうしたら、二宮さんのようにリラックスしてお芝居できるのか、現場で学ばせていただきたいと思っています。

大沢さんとは今作で3度目の共演になります。みなさまもご存知の通り、とても真摯(しんし)にお芝居をなさる方です。

今回は、シェフを演じられるとのこと、大沢さんがお料理をされる、そのひたむきな姿を現場で拝見できることを楽しみにしています。

――演じるうえで心がけようとしていることはありますか?

何よりも、これからいただく脚本を大切に読み込んで、初めてご一緒させていただく鈴木監督の描かれる世界観の中で、物語の“住人”になることを大切に心がけていきたいです。

そして、共演者のみなさまとの心のキャッチボールを、今から心待ちにしております。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

クリスマスの物語ではありますが、イルミネーションがキラキラと輝く1日の中で、登場人物たちは、もがき、苦しみ、焦り、さまざまなハプニングに見舞われます。そんな登場人物たちの姿を応援していただければうれしいです。

佐藤浩市/役:真礼(まれい)

キャスト:佐藤浩市(さとう こういち)…1960年〈昭和35年〉12月10日生まれ。テアトル・ド・ポッシュ所属。1980年のデビュー以来、数々のドラマ・映画へ出演。『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(1994年)、『64 ロクヨン 前編』(2016年)などで日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したほか、数々の賞を受賞してきた名俳優。フジテレビの連ドラへの出演は『鍵のかかった部屋』(2012年)以来約11年ぶり。二宮さんとの共演は、二宮さんが主演を務めた新春ドラマスペシャル『坊っちゃん』(2015年)以来約8年ぶり。大沢さんとは映画『キングダム 運命の炎』(2023年公開)で共演、中谷さんとは映画『清須会議』(2013年)以来10年ぶりの共演となる。

登場人物:真礼(まれい)…謎の男。横浜の自宅で愛犬・フランを飼っているということ以外、全てが謎。怪しげな雰囲気を漂わせ、横浜の街をふらふらと徘徊する。

「ストーリーの展開を鑑みてコメントをしづらい役柄はあります。今回も僕はコメントをしづらい役です!しかし企画段階で最初にお話を頂いたとき、長年の演者の勘が“これは化けたらかなり面白いことになる”とささやいてくれました。それを信じ、フットワークを軽く皆とのシーンを良い意味で遊んでいけたらと思います」

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャスト(周辺人物)

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】周辺人物のキャストを紹介。

江口洋介(役:蜜谷満作)

キャスト:江口洋介(えぐち・ようすけ)…、1967年〈昭和42年〉12月31日 - )は、日本の俳優、歌手。東京都豊島区出身。パパドゥ所属。フジテレビでは『ひとつ屋根の下』『救命病棟24時』などで主演。月9ドラマへのレギュラー出演は自身が主演を務めた『東京ラブ・シネマ』(2003年)以来20年ぶり。二宮和也との共演は、自身が主演したドラマ「涙をふいて」(2000)以来23年ぶりとなる。

登場人物:蜜谷満作(みつたに・まんさく)警視…警視庁・組織犯罪対策部の管理官。妻と2人の子どもがいるが、家庭を顧みる余裕などなく、家族関係は冷え切っている。横浜にはびこる国際犯罪組織の撲滅に全てを捧げている。ある日、警察上層部と国際犯罪組織の癒着疑惑が浮上したことで、蜜谷の“捜査魂”が再燃。クリスマスイブ、黒幕を暴く千載一遇の好機が巡ってくる中、埠頭(ふとう)で銃殺事件が起き、記憶喪失の男・勝呂寺誠司(二宮和也)を追うことになる。

中川大志(役:笛花ミズキ)

キャスト:中川大志(なかがわ・たいし)…1998年〈平成10年〉6月14日生まれ。東京都出身。スターダストプロモーション所属。『家政婦のミタ』『連続テレビ小説 なつぞら』『鎌倉殿の13人』など人気ドラマに出演。今回で月9ドラマ初出演、二宮和也とは初共演となる。

登場人物:笛花ミズキ(ふえはな・みずき)犯罪組織のボス…国際犯罪組織の2代目ボス。横浜を拠点に各国の犯罪グループと手を組んで違法薬物の密輸&密売を行う。聖夜に起きた銃殺事件のニュースを聞き入り、容疑者・誠司をミズキ自ら追跡。警察より早く誠司の居場所を突き止め、「探しましたよ、誠司さん」と近づく。

松本若菜(役:狩宮カレン)

キャスト:松本若菜(まつもと・わかな)…1984年(昭和59年)2月25日生まれ。鳥取県米子市出身、トリプルエー所属。 2022年、『やんごとなき一族』(フジテレビ)での演技が「松本劇場」と話題に。同年、『復讐の未亡人』で連ドラ初主演を務める。今回で月9ドラマ初レギュラー、二宮和也とは初共演となる。

登場人物:狩宮カレン(かるみや・かれん)刑事…神奈川県警関内署刑事課の刑事。キャリアアップのためなら手段を選ばない。所轄の刑事として埠頭(ふとう)の事件現場へ駆けつける。

中村アン(役:八幡柚杏)

キャスト:中村アン(なかむら・あん)…1987年(昭和62年)9月17日生まれ。東京都江東区出身。プラチナムプロダクション所属。月9ドラマへの出演は『SUITS/スーツ2』(2020年)以来3年ぶり5回目。二宮和也とは初共演。

登場人物:八幡柚杏(やはた・ゆあん)ミステリアスな女…逃走中の誠司の前に突如現れる謎の女。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャスト(横浜テレビ)

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】横浜テレビのキャストを紹介。

福本莉子(役:立葵査子)

キャスト:福本莉子

登場人物:立葵査子(たちあおい さこ)…新人記者。時生の娘。

小手伸也(役:折口康司)

キャスト:小手伸也

登場人物:折口康司(おりぐち こうじ)…報道制作局長。桔梗にとって唯一の入社同期。

加藤諒(役:前島洋平)

キャスト:加藤諒

登場人物:前島洋平(まえじま ようへい)…スタッフ。桔梗がキャスターを務める『日曜NEWS11』の担当。

大水洋介(役:黒種草二)

キャスト:大水洋介

登場人物:黒種草二(くろたね そうじ)…デスク。口がうまい八方美人。

梶原善(役:国枝茂雄)

キャスト:梶原善

登場人物:国枝茂雄(くにえだ しげお)… ベテランカメラマン。

丸山智己(役:筒井賢人)

キャスト:丸山智己

登場人物:筒井賢人(つつい けんと)… 新社長。横浜テレビの大株主である銀行から、経営改革のために出向してきた。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャスト(葵亭)

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】葵亭のキャストを紹介。

桜井ユキ(役:竹本梅雨美)

キャスト:桜井ユキ

登場人物:竹本梅雨美(たけもと つゆみ) … ソムリエール。時生に対して遠慮なく意見を述べられる人物。

井之脇海(役:細野一)

キャスト:井之脇海

登場人物:細野一(ほその はじめ)… 厨房のアルバイト。楽天的。

栗原英雄(役:蛇の目菊蔵)

キャスト:栗原英雄

登場人物:蛇の目菊蔵(じゃのめ きくぞう) …ベテランのギャルソン。葵亭に入る前は三つ星のフレンチ店で勤めていた。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャスト(その他)

今井英二(役:山田隆史)

キャスト:今井英二

登場人物:山田隆史(やまだ たかし) … 警察官。狩宮からの指示で葵亭にとどまることになる。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】の相関図

のちほど更新します。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】の内容

横浜を舞台に、クリスマス・イヴの1日(ONE DAY)を描くオリジナルドラマ。

主人公は、記憶喪失の逃亡犯(二宮和也)、頑固で孤高のシェフ(大沢たかお)、番組の打ち切りが決まった報道キャスター(中谷美紀)の3人。

別々の人生を歩んできた男女3人が異なるトラブルに巻き込まれて、次第に交錯し…。

謎を解く伏線は第1話から張られ、最終話で全て回収されます。

<物語の内容>
12月24日午前0時、横浜の山下埠頭で銃殺事件が起きる。容疑をかけられたのは、記憶喪失の男・勝呂寺誠司(すぐろじ・せいじ/二宮和也)。目を覚ますと目の前に頭部を撃たれた死体が横たわっていた。一体何が起きたのか?自分がこの男を殺してしまったのか?不安と恐怖に襲われるなか、パトカーのサイレン音が聞こえてくる。落ちていたスマホから「早く逃げろ!」と男の声がした。こうして誠司は警察に追われる逃亡犯になり、失われた記憶をたどりながら事件の糸口を探っていくことに。薄れゆく記憶の中には、大切な人との約束があって…。
横浜・関内かいわいで愛される三代続く老舗レストラン、初代のころから80年受け継がれてきた秘伝のソースを求めて、遠方から足を運ぶファンも少なくない店だ。その店の頑固な孤高のシェフ・立葵時生(たちあおい・ときお/大沢たかお)は妻を亡くして以来、「もう二度と誰も愛することはないだろう」と孤独な人生を歩んできた。だが、一度だけ、一瞬の恋に落ちたことがあった。それでも脇目を振らず仕事に打ち込んできた時生その日もクリスマスのディナーのため、朝から忙しく準備をしていた。すると突然、店に見知らぬ男が侵入してきて…。
そのころ、ローカルテレビ局の報道キャスター・倉内桔梗(くらうち・ききょう/中谷美紀)が銃殺事件の現場に直行する。桔梗は理想の報道を追求し続け、自らの企画で立ち上げた報道番組『報道フォーカス』を10年間キャスターとして背負ってきた。しかし突然、番組の打ち切りを告げられ、料理番組への異動を言い渡されてしまう。恋を捨て、プライベートを捨て、仕事に生きてきた彼女に突きつけられた残酷な現実。非情な通達に、納得できないが、腹をくくり“最後の事件”を追います。そして、独身を貫いてきた彼女にもまた、心の中に忘れられない人がいて…。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】の見どころ

トリプル主演は「月9」では初めての試みです。

しかも嵐の二宮和也さんが月9初主演!大沢たかおさん・中谷美紀さんが大ヒットドラマ「JINー仁ー」以来、12年ぶりの再共演!楽しみですね。

クリスマスイブの1日を描くというのも斬新な試み。

クリスマスを舞台に人生が交錯する作品といえば洋画の『ラブ・アクチュアリー』(2004年日本公開)、邦画だと『すべては君に逢えたから』(2013年)などがありますが…連続ドラマとして10話前後で描くのは異例。

プロデューサーの成河広明氏は「たった一日の出来事を1クールかけて丁寧に描き、子供から大人までみんなが幸せな気持ちになれるようなドラマを作りたい」とコメント。

殺人事件や逃亡などのワードがあるので怖いサスペンスと思いきや、意外と違うのかもしれませんね。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のスタッフ

  • 脚本:徳永友一(映画『翔んで埼玉』、ドラマ『ルパンの娘』シリーズ、他)
  • 音楽:
  • 演出:鈴木雅之(「HERO」シリーズ、映画「マスカレードホテル」シリーズ、他)
  • 企画・プロデュース:成河広明(『コンフィデンスマンJP』シリーズ、『リーガルハイ』シリーズ、『ストロベリーナイト』シリーズ、他)

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】はいつから放送?

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】はフジテレビ系で2023年10月9日(月)からスタート。毎週月曜21時に放送です。

【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】関連サイト

『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』公式HP

『ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜』公式Twitter

『ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜』公式Instagram

当記事画像出典『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』公式HP©フジテレビ

コメント