【オールドルーキー】7話のネタバレと視聴率!「車椅子買って」に視聴者感涙!

オールドルーキー7話

【オールドルーキー】7話のネタバレと視聴率!

主演のドラマ【オールドルーキー】第7話が8月14日に放送されました。

放送後、ある登場人物の「車椅子買って」発言に視聴者感涙で…。

今回は【オールドルーキー】7話のあらすじネタバレと視聴率について!

※本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

【オールドルーキー】7話のネタバレ

【オールドルーキー】7話のあらすじネタバレです。

車いすテニス選手の吉木修二()が「ビクトリー」にやって来た。
パリパラリンピックの日本代表候補である吉木は、国際大会で勝つために世界を転戦したいので、スポンサーを探してほしいと言う。
勉強を兼ねて車いすテニスの試合を見に行った新町()、塔子()、梅屋敷()は、その迫力に圧倒される。さらに、競技用の車いすを無償提供している会社では、吉木との強い信頼関係を目の当たりにし、感動する。
パラアスリートと契約する意義を、いつになく熱く高柳()に訴える梅屋敷。その背景には梅屋敷の秘めた想いがあった。熱意が伝わり、吉木との契約が決まり、「ビクトリー」初めてのパラアスリートのマネージメントをすることに。
ところがその矢先、吉木が別の会社の車いすに乗り換えたいと言い出し・・・。

ここからネタバレです。

梅屋敷と共に吉木を担当することになった新町、塔子だったが、スポンサー獲得に苦戦する。しかも、吉木は車椅子をOXエンジニアリングからツバメ技研に乗り換えたいと言い出し、3人は振り回される。

ツバメ技研の車椅子だと無償でなくなるが、12位でなくトップ10に入るよう会社の人に言われて吉木は焦っていたのだ。

梅屋敷・新町・塔子は吉木の会社に援助の増額を頼むが失敗する。

梅屋敷の姉・近藤百合子()の娘・桜(池端慈)は不登校になっている。梅屋敷は桜が車椅子の生活になる前、テニスをしていたことから、吉木の練習の見学に誘った。

桜は練習を見て「びっくりした」という。吉木が車いすテニスをやろうと誘うが、「私には無理」と断る桜。

梅屋敷がいつになく熱くなっている背景には秘めた想いがあったが、姪っ子のことが理由だった。

そんな中、高柳が3人に「パラアスリートという概念は捨てろ」と、思いもよらないことを話す。

3人はパラとか関係なくアスリートとして吉木を見ることに…。

吉木を援助したいという会社の人物は梅屋敷たちに『パラスポーツの意義』を尋ねる。

梅屋敷が自分の体験をもとに語る・・・姪っ子が中学1年の秋に脊髄の病気で車椅子の生活となった。姪っ子のことを可哀そうと思っていた。だがそれは間違っていた。パラスポーツは特別なものでなく、他のスポーツと同じ。障害はハンデでなく個性と姪っ子に伝えたいと梅屋敷は思っていた。

吉木は車椅子をOXエンジニアリングに戻すことにする。身勝手な申し出だったのに、担当の矢部(津田健次郎)は吉木の車椅子を直してくれていた。吉木は感謝した。

吉木が出る「日本オープン」当日。

当日、果奈子は仕事で大阪へ。新町は娘2人と留美(生田絵梨花)を招待。梅屋敷は桜を「つまらなかったら何でも買うから」と条件を出して誘った。

吉木は奮闘し、準優勝を果たす。・・・試合後、桜は梅屋敷に「つまらなかったから(競技用の)車椅子買って」と頼んだ。梅屋敷は喜んで承諾。その後、桜は車いすテニスをすることになった。

(つづく)

オールドルーキー7話
(C)TBS

【オールドルーキー】7話の視聴率

【オールドルーキー】7話の視聴率は10.3%!

第1話は11.2%、第2話は11.2%、第3話は10.8%、第4話は10.0%、第5話は10.6%、第6話は9.5%と推移。今回は0.8ポイントアップで二桁視聴率に戻りました。

※視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯。

【オールドルーキー】7話の感想

「車椅子買って」に視聴者感涙!

パラスポーツの車椅子テニスが題材だった第7話。

桜の「車椅子買って」の要求に多くの視聴者感涙でした。

そして梅屋敷メイン回でもありました。

梅屋敷の姪っ子が学校に行きたがらなかったのですが、車椅子テニスをする結末へ。

「つまらなかったら何でも買ってあげる」と子供を誘うようなワードで桜を呼び出した梅屋敷。

この時点で車椅子買う流れは予想できましたが、ベタだとしても、とても爽快な結末でした。

毎回、日曜夜にピッタリな感動ストーリー。次週も楽しみですね♪

画像出典『オールドルーキー』公式HP

コメント