スポンサーリンク

【おかえりモネ】5話|百音(清原果耶)はここにいます

おかえりモネ5話
スポニチ・©NHK

【おかえりモネ】5話|百音()はここにいます

朝ドラ【おかえりモネ】第1週第5話が2021年5月21日(金)に放送されました。

百音(清原果耶)は「霧はいつか晴れます」と朝岡()に言われたあと、父に「ここにいます」とメッセージを送り…

今回は【おかえりモネ】5話について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】5話の番組内容

いよいよ「登米能」の定例会が始まる。百音(清原果耶)は、サヤカ()の奏でる笛の音や、ふだんと全く違う雰囲気で能舞台に立つ翔洋()の姿に感動する。山の荘厳な空気そのものだった。

定例会後、サヤカ(夏木マリ)は舞台の張り替えの10年後「わたし生きてるかな」と思う。でも100年後だったあの世から見届けるというサヤカはヒバの木を伐る決断をする。「こうしてみんなに大事にしてもらう方がイイ。古いのがいつまでも居座ると山も若返るしね」…笑顔のサヤカ。百音は複雑な気持ちだ。

電話で百音の祖父・龍己()に百音の様子を伝えていると、百音の笑い声が聞こえた。「今の声あいつの?」と龍己は電話越しの百音の楽しそうな声に驚く。龍己は、百音は音楽が好きだったのに高校生になったころからおとなしくなって…卒後したころ、「あの子は自分から言ったんだ。とにかく『私はこの島を離れたい』と」話す龍己。そばで聞いていた父・耕治()も複雑な表情だ。

翌日の日曜日の早朝。朝岡(西島秀俊)が帰る日、朝岡の希望で百音たちは北上川を見にでかける。移流霧(いりゅうぎり)はとても幻想的で、百音は「雲の中にいるみたい」と思う。そして朝日が昇る。

百音は、気仙沼の冬の海の「けあらし」という風景を思い出す。よく似た風景が港に広がる。けあらしを見るのが百音は小さい頃からとても好きだった。海から上る朝日がとても好きだった。なのに…

回想:海を見て涙する百音(おそらく大震災のときに島を離れていた百音が見た島の光景)

「でもあの日…私…何もできなかった」百音はつぶやく。

霧はいつか晴れます」と朝岡。

「お父さん、おはよう。ずっと電話に出れなくてごめんね。島が嫌なわけじゃない。わたしは、ここにいます」と百音は父・耕治にメールを送信。

百音は朝岡の帰る間際、彩雲の画像を見てもらった。「見ると良いことがあるというのは本当ですか」と尋ねる。「迷信でしょう。でも空を見て雲がキレイだと思えた時点でその人は前向きになれていると思います。だとしたらそれは良いことが起きる前兆と言ってもいいでしょう」

「また見たいですか。…10分後に風車の方を見てください。もしハズレたら電話ください、またいつか」朝岡は名刺を百音に渡して去った。

10分後。百音は彩雲を発見してはしゃぐ。「何なのこれ魔法?あの人、何者。凄すぎる」(つづく)

ナレーション:確信はないけどココには何かある。目の前に光が少し差したそんな日でした。

【おかえりモネ】5話の感想

5話は、モネこと百音(清原果耶)のメッセージ「私はここにいます」が印象的でした。

霧がいつか晴れる、ヒバの木も100年先も役に立つ…。

自然に触れ、ラフターヨガの指導で笑い、優しい人たちに囲まれ、モヤモヤ解決のヒントとなる言葉をあびて・・・あの日から悩んでいた「何もできなかった」ことから、前を向き始めるヒロイン・モネ。

「ここにいるよ」と視聴者の私も思おうと元気をいただきました。

彩雲を見たらよいことが起こるのか、について…朝岡が「見た人の気持ちが前向きになっているのなら、いいことも起きる」という趣旨の発言も印象的。科学者らしい考え方です。前向きだとイイ言動になり、イイことにつながるということなので納得です。

私(筆者)も「おかえりモネ」を見て前向きになったので良いことが起きそうです。笑

4話<< >>6話

関連記事:ネタバレ一覧へ

当記事画像出典:NHK

タイトルとURLをコピーしました