【おかえりモネ】37話|りょーちん(永瀬簾)の大丈夫が切ない

おかえりモネ37
https://www.oricon.co.jp/news/2199186/

【おかえりモネ】37話

朝ドラ【おかえりモネ】第8週「それでも海は」第37話が2021年7月6日(火)に放送されました。

りょーちん(永瀬簾)と新次()の家族、美波()の過去が語られた第37話。

りょーちんの「大丈夫」が、新次の留守電を聞いての涙が、「かもめはかもめ」のカラオケが切なすぎて…

今回は【おかえりモネ】37話のストーリーと感想について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。

ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】37話のストーリー

【おかえりモネ】37話の内容は…

亜哉子()が新次(浅野忠信)と会っていた理由は、新次の通院を手伝っていた。

仮設住宅に戻った新次は「これ治療になってんのかね」とつぶやく。薬の名前はレグテック。「飲酒欲求をおさえる薬です」と説明がある。アルコール依存症の治療のようだ。

「にしても、時間かがったな」と言いながら、携帯の待ち受けに表示された親子3人の写真を見て新次はつぶやく。来週も来ると言って、亜哉子は帰っていった。

同じころ、亮も船内のベッドで写真を見つめて涙していた。親子3人が肩を組む写真…。

6年前。2010年4月。

かつて、永浦家と及川家は家族ぐるみで仲が良く、耕治()と新次、新次の妻・美波(坂井真紀)は、亀島でともに育った幼なじみだった。

新次は、新しい船を作ることを決めており、その資金繰りを耕治が相談に乗っていた。

1億2千800万の借金を背負うことで、耕治と美波は真剣に話しあっているのに…新次は1千万なんてすぐ返せるから船の設計図を見てほしい、と浮かれていた。

最新エンジンをねだる新次を、耕治がたしなめる。

「大丈夫。財布のひもは私ががっちり握ってっから」と、美波。

「親子で乗るんでしょ? 亮君と」と亜哉子がいうと、「あいつ、高校出たら漁師になるっつってっからな。ヒョロっとしてるけどいけるかなぁ?アハハハハ」と新次。

(耕治が1億といっているのに、新次が1千万というのは数字の大きさを理解していない?)

結局、永浦家で晩御飯を食べるのがいつものながれ。

亜哉子が何度も男に振り返られるほど美人だったと話題に。新次を待ち続けて結婚した美波は「もうね、意地よ! 意地!」という。「しょうがねえだろ。遠洋で海出たら、俺、半年は帰れねえんだから」と新次。

にぎやかに話す大人たち横目に、百音(清原)、未知()そして、亮(永瀬簾)は、静かにおしゃべりを楽しんでいた。

そうして宴会になり、カラオケ大会になるのも、いつものこと。

「いつものようにではわたくしが」と美波が席を立つ。

「でた18番!」

「いつもそれじゃねえか」

旧姓・横山美波、永浦耕治、及川新次、当時14歳の青春ソング・・・「かもめはかもめ」(研ナオコ)を熱唱。みんな笑顔で手拍子して聞いていた。

後日。新しい船に大漁旗を掲げ、船から何か投げる新次。(新築の餅まきみたいなもの?)

親子3人が大漁旗の前で肩を組み合って写真を撮った。

2011年5月。

あの親子写真が泥にまみれ、雅代()は泥をぬぐっていた。。真っ黒に汚れた大漁旗を持つ龍己()。耕治、亜哉子も言葉を失う日々。

百音と未知は、仮設住宅へ行き、(玄関先で)りょーちんに卒業文集を渡した。

「なんかあったら、ごはんとか、うち来て」と百音。

「うん、大丈夫」

りょーちんは笑っていた。

「みーちゃんもありがとう」

りょーちんは、言葉をかけられず沈んだ顔の未知に、来てくれたことを感謝した。

りょーちんが家の中に戻ると、部屋のすきまから、横になっている新次が留守電を聞いて涙しているのが見えた…。

美波からの留守電は、3月11日午後3時10分。

亮が学校にいるから大丈夫なことを伝え、沖に船で出た新次を心配する内容。

「わたしも、いま位牌を持って家を出るところ。お父さん、船、沖に出せた?無理しないでねー」

の声で電話は切れた。

2016年1月。

実家の庭で縄跳びをしている百音。そこに未知がやってきて、「りょーちんのお父さんがいなくなったって。もしかしたら海に落ちたかもって」と告げた。(つづく)

【おかえりモネ】37話の感想

37話は、りょーちん(永瀬簾)と新次(浅野忠信)の家族、美波(坂井真紀)が震災で被害に遭ったことがわかる回でした。

りょーちん(永瀬簾)の大丈夫が切ない

りょーちん(永瀬簾)の「大丈夫」が切なかったです。

このころから、モネは気にかけていたのですね。

りょーちん、笑っていました。微笑んでいました。

その自分の気持ちを殺しての、相手のための、相手に心配をかけたくない笑顔がなんともいえない表情。

そして未知のことを気遣い声をかける、相変わらず優しいです。

Twitterの反響↓

留守電の時間は津波の直前

東日本大震災の発生時間は、2011年3月11日午後2時46分です。

美波さんが新次さんに家を出る(避難所に向かう)ところだと留守電にメッセージを残したのは午後3時10分。

午後3時30分頃には最大で20メートルを超す大津波が宮城県気仙沼市を襲っています。

亀島はそれより前だったことでしょう。

「東日本大震災時の気仙沼市の初動対応」という記事では津波の第1波が、15 時 06 分から12分となっています。↓

防災行政無線(移動系)や携帯電話等により、外からの被害を含めた状況等の連絡も入っ
てきますが、その量は極めて少なく、津波の観測に関する市域の情報は 15 時 06 分、本吉
からの引き波の観測マイナス 50 ㎝と、15 時 12 分大島田中浜、津波第 1 波観測(押し波、
引き波は不明)というもので、情報の収集と発信に窮していました。

15 時 12 分の大島田中浜は、気仙沼大島(朝ドラの「亀島」のモデル)の東岸に位置する浜のことでしょう。

美波さんが電話した15 時 10 分は津波の直前も直前でした…。

36話< >38話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

タイトルとURLをコピーしました