【澪つくし】67話のネタバレと感想! 文吉の死と黒不浄の祟り

【澪つくし】67話のネタバレと感想! 文吉の死と黒不浄の祟り

文吉の死後、黒不浄=喪に服す吉武家に、イワシ大漁の報せ。

惣吉の決断がたいへんなことに…。

【澪つくし】67話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】67話のあらすじネタバレ

【澪つくし】67話のあらすじネタバレです。

文吉の死

文吉がいなくなった。吉武家総動員で家の中や浜を探すがどこにもいない。

網倉をもう一度見に行くと文吉が網をしっかりと握ったまま息絶えていた。死ぬまで漁師だった。文吉らしい死に方だった。漁労長の船村は、遺体を網で包んであげるのが供養になると提案する。

かつて外川で一、二を争う漁師だった文吉は海の見える墓地に眠ることになった。

吉武家は黒不浄で一週間漁を休むことになる。

英一郎の弔問

文吉の訃報を聞いて、英一郎がやってくる。試験は全滅、久兵衛にさんざん怒られたという。父を失くしたばかりの善吉は、叱ってもらえるだけ幸せだという。

学歴だけがすべてじゃない。卒業したら働く。醤油屋を継ぐ気はないと英一郎。久兵衛の経営方針は古いと批判する英一郎は、港が整備されて船の性能がよくなれば漁業もやり方が変わるはず。

それでも人が船で海に出て魚をとることには変わりない、と善吉。そこに神様の力が加わると文吉がよく言っていたという。

天然醸造の醤油づくりにも神様の力が加わると頭が言っていたとかをる。試験のときに神様は力を貸してくれない、と英一郎。

惣吉がやってくる。久兵衛の様子を聞き、よろしく言ってくれと言うが、英一郎は内緒で来ているのだった。

イワシの大漁と黒不浄

黒不浄6日め。イワシの大群がやってきた。漁に出ていないのは利根川丸だけ。

大漁を前に、漁に出たいという者と、黒不浄に漁に出ると祟りがあるという者で意見が分かれる。船村はあと1日の辛抱というが、惣吉は黒不浄は今夜で打ち切りにして漁に出ると決断。300人の生活がかかっている。黒不浄は心の問題。文吉も理解してくれるだろうという。

豪勢な婚礼と葬い、新しい船の発注などの出費で吉武家の経済が逼迫していたのも理由だ。

翌朝、利根川丸は漁に出る。イワシの大群に張り切る漁師たち。吉武家では、アミが大漁のハチマキを用意する。

1枚目は赤で2枚目は黄色。3枚目は白の首巻きでそんだけたまると網主が万祝まいわいを出すという。

勲章みたいというかをるに、漁師の勲章だととね。

かをるは「ていろを見る」とはどういうことかととねに尋ねる。漁場の様子を見ることで、大群がいる=ていろがいいかどうかはいろいろな海の様子でわかる。それを見るのは沖合さんの腕の見せ所だ。

・鳥付き群れ…カモメが目印
・ざなぎ群れ…海が波立つ
・色イワシ…海が色づく
・泡群れ…泡立って見える
・ハネコイワシ…イワシがぴょんぴょん跳ねている
・しわみ群れ…群で潮の上が盛り上がっている

そんな話をしていると、従業員(斉藤洋介)が「沖で死人が出た」と駆け込んでくる。

【澪つくし】67話の感想とまとめ

せっかく「この世でいちばんの幸せ」をつかんだのに、かをると惣吉に次々と不幸が訪れます。

漁師の死はやはり黒不浄の祟り、陸もんのかをるの嫁入りのせいにされそうです。

がんばれ、かをる!

66話<< >> 68話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました