【澪つくし】66話のネタバレと感想! 律子の理想主義をぶった斬る河原畑の株が急上昇!?

【澪つくし】66話のネタバレと感想! 律子の小説に河原畑が痛烈なダメ出し!

かをるの恋愛を題材にした小説を書き上げた律子(桜田淳子)。

痛烈に批判したのは意外なあの男だった!吉武家にも事件が…。

【澪つくし】66話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】66話のあらすじネタバレ

【澪つくし】66話のあらすじネタバレです。

赤川に召集令状!

昭和4年1月25日、民政党は前年の張作霖爆殺事件で田中義一首相を追及した。田中首相は「調査中

」として質問には一切答えなかった。

入兆の従業員・赤川に召集令状が来た。松岸で祝賀会をやろうという広敷の従業員たち。

久兵衛と神山もやってきて祝いムードの中、律子が反論する。戦争に行くのは悲しむべきこと。

お国のための招集忠君愛国の精神のために戦死したら両親や家族がどれだけ悲しむか。

律子の言葉に戦争のうたを歌い出す赤川たち。

小畑(高品格)は、梅木(柴田恭兵)の安酒飲んで荒れている最近の行動について注意する。かをるの結婚が原因だろうが、忘れて仕事で勝負しろ。小畑が引退したら梅木が番頭になると励ます。

水橋に懲役2年の刑が決定

かをるはおか回しを手伝った。寒かったからか、くしゃみするかをるを、風呂に入れ、卵酒を飲ませろ、とねたちが労わる。

水橋の懲役2年が決定した。新聞記事を持ってきて水橋を忘れろという久兵衛。活動家としては幻滅を感じる。仲間の名前を話したことで幻滅したという律子に、特高の拷問を受けたら仕方がない、と久兵衛。

まさか水橋をかばうとは…。失笑しつつ、暴力は嫌いだが社会改革を目指すほどのリーダーなら水橋には殉教者になるくらいの覚悟が欲しかった、と律子。

久兵衛は、律子は理想主義者だからそう思うだろうが、人間は神様じゃないから理想通りにはいかない。複雑怪奇だ、そのうちわかる、と諭す。

律子の小説を河原畑が痛烈批判

律子は書き上げた小説を沖田、河原畑、宍戸に読ませる。河原畑はなぜか批判的だ。問題は、律子にプロレタリア文学を書く資格がないということ。苦難を乗り越えて主人公と恋人が結ばれる結末は感動的だが、無理に主人公を貧乏人にする必要もない、と言う。

貧乏じゃなければプロレタリア文学を書いてはいけないのか、と問う律子に、「いけない」「社会運動も金持ちのお嬢さんがお遊びでやるのはインチキ」と痛烈に批判する。

その夜、吉武家では動けないはずの文吉(飯沼慧)の姿が見えなくなり、かをるや惣吉たちは家中を探していた。

【澪つくし】66話の感想とまとめ

河原畑は振られたからそんなこと言ってるわけじゃないよね。文学に関してはちゃんとしてるもん。

河原畑と律子が理想のぶつけ合いするとは。

今日の律子さん、久兵衛さんの“人間の多面性”についての話や、河原畑に苦言を呈されたりと色々と心に刺さることがあったんじゃないのかな…。
特に律子にとってウザイ奴でしかなかった河原畑は、今後少し見る目がかわってきたりするのだろうか?

・戦争への招集は悲しむべきこと。
・革命家なら殉職ぐらい覚悟して。
・金持ちで苦労知らずのお嬢さんなのにプロレタリア文学。

久兵衛の言う通り「理想主義」。その塊のような律子の生き方を痛烈に批判したのは、いつも律子のしもべのような河原畑()でした。

これまで負け知らずで論破してきた律子ですが、河原畑の批判は心に刺さったのではないでしょうか。

やはりいつの時代も女性は「ギャップ萌え」なのかも!?

65話> 67話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント