【澪つくし】133話のネタバレと感想!久兵衛の思いやり昇進

【澪つくし】133話のネタバレと感想!久兵衛の思いやり昇進。

惣吉が奇跡の生還をしたことでかをるにも好奇の目が向けられる。

苛立つ梅木に自信をつけさせようと久兵衛が粋な計らい!?

【澪つくし】133話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】133話のあらすじネタバレ

【澪つくし】133話のあらすじネタバレです。

惣吉は後継ぎを善吉に譲ると言い出す

惣吉(川野太郎)の奇跡的な生還で、かをる()にも好奇の目が集まる。名取ぎん(三ツ矢歌子)がやってきて、かをるに同情するが、惣吉は自業自得だと言う。

吉武家では、惣吉が善吉が跡を継ぐべきだと言い始める。網主は女房持ちじゃないと務まらない。善吉は自分の結婚を延ばしてもいい、船村は再婚すればいい、と言う。惣吉は一体何を考えているのか…。漁師たちは、留守のうちにかをるを奪われた惣吉に同情し始める。

久兵衛の思いやり

かをるは仕事になかなか身が入らなかった。広敷の連中はアミが松岸にいたことを知っていて、セクハラする。

英一郎が久兵衛に醤油の味見をさせる。満州の大豆で作った醤油だったが、久兵衛には地元の大豆を使った醤油と区別がつかなかった。しかし無断で勝手なことをしたと激怒して、それぞれ処分をするから覚悟しておけという。

新聞記者たちが惣吉のことでかをるにコメントをとりにくる。怒って追い返す梅木。

久兵衛に呼ばれた頭(牟田梯三)、梅木(柴田恭兵)、かをる、英一郎。どんな処分が下されるかと思いきや、久兵衛は梅木を社長代理に、神山は常務取締役、かをると英一郎は取締役に昇進させた。惣吉のことで苦しい思いをしている梅木を元気づけようとしている。かをるには久兵衛の真意がわかった。

そんな中、惣吉と船村が入兆にやってくる。

【澪つくし】133話の感想とまとめ

またもや英一郎のチャレンジは認めてもらえないのかと思いきや、逆でした。久兵衛はやっぱりいいお父さんですね。梅木も社長代理となって自信をつけていくことでしょう。

そんな中、惣吉が入兆にやってきます。まさかかをるを取り戻しに!? かをるが梅木と惣吉、入兆と吉武の板挟みにならないといいのですが…。

132話◀︎ ▶︎134話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント