【めぐる未来】のネタバレあらすじ全話!黒幕犯人と最終回を完結漫画から考察!

めぐる未来
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【めぐる未来】のネタバレあらすじ全話!黒幕犯人と最終回を完結漫画から考察!

萩原利久主演ドラマ【めぐる未来】を日本テレビ系(木曜深夜)で絶賛放送中!

辻やもりによる同名漫画の実写ドラマ化で妻にいえない秘密の病を抱えた主人公・襷未来を萩原利久、妻のめぐるを早見あかりが演じる考察型タイムリープサスペンスです。

本記事では、ネタバレあらすじを全話、原作(漫画)と黒幕犯人のネタバレ、最終回・結末の考察を紹介します。

未来(萩原利久)とめぐる(早見あかり)の運命を描いた【めぐる未来】は3月に感動の最終回を迎えました。

https://youtu.be/QyXizSAdkCc

「めぐる未来」はHuluで最新話まで配信!

【めぐる未来】の原作漫画は電子書籍で!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

【めぐる未来】キャストと相関図

*本記事にはストーリーのネタバレが含まれます。

・原作:【めぐる未来】
・主題歌:OCTPATH『OCTAVE』
・監督:久万 真路、塩崎 遵
・放送話:10話

【めぐる未来】のあらすじ(ネタバレなし)

【めぐる未来】は、過去に戻り愛する妻の死の真相を究明する未来の姿を描きます。
主人公は過去にタイムリープしてしまう病を抱える襷未来(萩原利久)。結婚記念日に妻のめぐる(早見あかり)が不可解な死を遂げる。何度もタイムリープを繰り返しながら、たどり着く先は?妻の死をないものとするために、未来が選択するのは我が身の死か!?
本作は、単純なやり直しを描くのではなく、サスペンス要素満点の病と夫婦愛を描く作品となっています。

脚本は井上テテと高矢航志。井上テテは映画「イニシエーション・ラブ」など、高矢航志は「それゆけ!新内先生」などを手掛ける脚本家です。

ドラマ【めぐる未来】は、萩原利久と早見あかりが贈る日本テレビプラチナイト木曜ドラマ枠で放送する新感覚のタイムリープサスペンスです。

【めぐる未来】ネタバレ(タイムリープ一覧)

未来(萩原利久)は過去に戻る病を発症し何度も過去に戻ります。
以下にてタイムリープのネタバレを一覧にて紹介します。
ストーリーの詳細は各話のネタバレで紹介しています

未来の人生 タイムリープ 簡単なストーリー
「死んじゃうよ」の予告電話がある めぐる3時に転落死
自殺?
事件の3時間前に戻る。 めぐる5時に転落死
殺されたと判明
事件の3日前に戻る。
予告電話はない。
転落死は回避できたが、帰宅途中に何者かに刺される。
刺された瞬間に戻る。 めぐる刺殺される。
めぐるの葬儀後「死んじゃったね」の電話がある。
その後、めぐるが刺される場面に戻る。
めぐるを庇い未来が刺される。
ふたりは生きている。
めぐるが小夜の放火で死んだのち、結婚式記念日に戻る。 めぐるが日南に殺されるのを阻止する。
日南が自殺する。
未来の母が殺される。
めぐるが毒殺される。
めぐるが毒殺される直前に戻る。 犯人から未来に電話がある。
めぐるが毒殺されたフリをして犯人をあぶりだす。
犯人は暦刑事と清美。(動機は逆恨み)
未来が犯人の清美に刺される。
未来が10年前に戻る。 事件の発端となった自殺事件で鈴村和樹を救わない。それにより、めぐるが刺されるような事件はおこらない。
めぐると出会い結婚する。
子供が生まれる。

以下にて【めぐる未来】のネタバレあらすじを最終回までお届けします。

ドラマ【めぐる未来】第1話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

襷未来(萩原利久)は、明るく無邪気な最愛の妻のめぐる(早見あかり)に言えな秘密があった。それは、感情の起伏が激しくなると過去に戻ってしまうという原因不明の病。母の育子(佐伯日菜子)からは、発症させていはいけないと言われ、そのせいで感情を表に出さない性格になっていた。ずっと自分を押し殺してきた未来だったが、手を差し伸べてくれたのがめぐるだった。
めぐるとの結婚記念日が迫る中、未来のもとに、めぐるの死を予告する電話がある。いたずらだと思った未来だが……。
迎えた結婚記念日。「今夜、楽しみにしているね」と出勤するめぐるを送り出した未来。しかし、その後、信じがたい知らせが入る。午後3時ごろ、めぐるが職場の外階段から落下し、亡くなってしまったという。第一発見者は、同僚の日南小夜(香音)。刑事の時任(勝村政信)は、自殺の可能性が高いと話す。

ネタバレ

めぐる未来

未来(萩原利久)は、めぐるが自殺したという事実を信じられない。霊安室で冷たくなっためぐると対面した未来は、この時、病を発症。
めぐるが死んだ3時間前(正午)に戻っていた。そこで、めぐるの死を防ごうと、めぐるが働く藝談社に出向く。
めぐるは仕事でミスをしたことで自殺をしたと思われた。そこで、未来はめぐるを励まし自殺を未然に防ぐことに成功する。しかし、今度は、夕方の5時過ぎにめぐる階段から転落。
この時、何者かがめぐるを突き落としたのを目撃した未来は、再び病を発症。気づくとめぐるが死んだ3日前に戻っていた。

【めぐる未来】1話の考察と感想!めぐるを殺した犯人は?全員が怪しい!
【めぐる未来】1話のあらすじストーリー・考察・感想!めぐるを殺した犯人は?全員が怪しい!実写ドラマ【めぐる未来】1話が1月18日(木)に放送されました。1話は、襷未来(萩原利久)の妻・めぐる(早見あかり)の2度の死を描きます。放送後、めぐるに関わる人間が「全員怪しい!」と話題に!萩原利久主演。日本テレビ・読売テレビ系放送。

ドラマ【めぐる未来】第2話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

過去に戻る病を抱える襷未来(萩原利久)。結婚記念日にめぐる(早見あかり)が転落する現場を見て15日の朝に戻った未来は、会社の人間が怪しいと考える。
そこで、なんとか理由をつけて、めぐるの職場で手伝いをすることに。めぐるの同僚で友人の干支ゆりか(大西礼芳)から、最近めぐるが「誰かに見られている」と話していたと聞く。
未来は、ゆりかの協力が必要だと判断し、めぐるが何者かに殺されると伝え、協力を求める。しかし、ゆりかは未来のことを信用できず、未来の依頼を拒否する。
そんな中、めぐるのバッグに手紙が入っていたことが判明する。手紙には内緒で外階段に来るように書かれていた。
そして、めぐるが死んだ18日が訪れる。

ネタバレ

1度は未来の依頼を拒否したゆりかだが、未来から再び話を聞き、めぐるのためにと協力をすることに。外階段からめぐるが落ちた3時にゆりかはめぐるを外につれだす。手紙に記してあった時刻、未来は外階段に。そこに現れたのは日南小夜(香音)だった。しかし、小夜は手紙のことなど知らないといい…。
その頃、めぐると未来は何者かにつけられていた。つけていたのはめぐるに好意をよせていた男。会社に出入りしていた宅配ドライバーだった。四季村(時任勇気)が取り押さえ、めぐるは無事だった。
めぐると未来は安堵。これで大丈夫だと思ったのも束の間。帰宅途中、めぐるは未来の目の前で、背後から何者かに襲われ倒れてしまう。めぐるは過去に戻ったもののめぐるが何者かに刺される瞬間だった。
倒れためぐるの横で未来も苦しくなり倒れてしまう。

【めぐる未来】2話の考察と感想!乱暴な萩原利久がカッコイイと話題に!逃げた犯人は誰?
【めぐる未来】2話の考察と感想!乱暴な萩原利久がカッコイイと話題に!逃げた犯人は誰?実写ドラマ【めぐる未来】2話が1月25日に放送。2話も衝撃展開!襷未来(萩原利久)はめぐるを救えない!?放送後、乱暴な言動の未来を演じる萩原利久が話題に!萩原利久主演【めぐる未来】2話のあらすじ・考察・感想を紹介。

ドラマ【めぐる未来】第3話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

“過去に戻る病”を発症させ、最愛の妻・めぐる(早見あかり)の転落死を未然に防ぐことができた襷未来(萩原利久)でしたが、その直後、めぐるは何者かに刺されてしまいました。
再び病気を発症させ、めぐるを助けようと過去に戻った未来。しかし、戻った先はめぐるが刺されてしまった直後で、今回もめぐるを救えなかったと愕然とする未来。
時が進み、めぐるの葬儀を行います。そこで、めぐるの同僚・日南小夜(香音)から
「あんたのせいでめぐるんは不幸になったんじゃないの?」と怒りをぶつけられ…。その時、未来の母・育子(佐伯日菜子)がやってきました。
育子は、未来が病気を発症させたこと知り「20年前のお父さんみたいになる」と、未来の父・正年について語ります。
未来の父は母の代わりに事故に遭い死んでいます。「過去を変えることは未来が変わることだ」と言う育子は、病気を発症させないため、未来に感情を抑えていきるよう育ててきました。
数日後。日暮署の刑事・時任(勝村政信)から、めぐるのバッグに入れられていた手紙にある“香り”が付着していたことが知らされます。手紙についていた香りにピンときた未来は、ある人物の元へ向かいます。

ネタバレ

その香りが阿頼耶清美(中井友望)がつけていた香水と同じだと気づいた未来は、清美に手紙を出したのかと問います。清美は「私じゃない」と言い…。それを見ていたゆりかは、未来にひとりで何もかもを抱えこまず話して欲しいといいます。
何が何でも過去に戻りめぐるを助けたいと思う未来を育子は止めるのですが、未来は育子の言い分を聞くことはできません。そこに、非通知の電話が。呼び出された場所に行くと、犯人はおらず、めぐるからのメッセージがタブレットから流れてきました。未来はそこで過呼吸になり過去に戻ります。
めぐるが刺されるところに戻った未来はめぐるを助けることに成功したものの、犯人を取り逃がしてしまいました。
ふたりで結婚記念日の夜を過ごし幸せをかみしめた未来でしたが、目覚めるとめぐるの姿がありません。慌ててめぐるのスマホに電話をかけるもめぐるはできません。スマホがある場所に向かうと、そこにめぐるの姿はなく、スマホのコール音だけが響いていました。

【めぐる未来】3話の感想!考察できない怖すぎ展開にハラハラ!
【めぐる未来】3話のあらすじ・感想!考察できない怖すぎ展開にハラハラ!過去に戻る病を抱える主人公、襷未来が妻・めぐるの死の真相を追う考察型サスペンス漫画を実写ドラマ化!萩原利久主演【めぐる未来】の3話は、めぐる(早見あかり)を助けることができなかった未来(萩原利久)が再びタイムリープ!日本テレビプラチナイト木曜ドラマ放送。

ドラマ【めぐる未来】第4話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

結婚記念日を祝った翌日、突然いなくなつてしまっためぐる(早見あかり)。GPSの位置情報で示された河川敷でめぐるのスマホを発見した襷未来(萩原利久)は、着信履歴を確認する。すると非通知の着信が…。
めぐるは犯人から呼び出され、さらわれてしまったのです。
未来は警察に捜索願を出し、干支ゆりか(大西礼芳)に協力を求め、ある人物を呼び出してもらう。
そんな中、日南小夜(香音)は、なにやら怪しい動きをする朝間田(太田駿静)を目撃します。

ネタバレ

未来が呼び出した人物は清美。手紙の香りが清美(中井友望)の香水と同じだったから。しかし、清美は犯人ではないと否定。
一方、小夜は朝間田が黒いパーカーをゴミ箱に捨てるところを見つけ、それを未来に告げます。
未来は四季村とさゆりに協力を求め、さらにふたりの呼びかけからの社員の協力も得てめぐるを捜します。朝間田は前科があり自分が疑われるのを恐れ黒いパーカーをゴミ箱に捨てていただけ。犯人ではありませんでした。

未来は朝間田との会話から小夜が「めぐるが殺される」と発言したことを思い出す。誰も殺されるなどと知らないはずなのに知っていることは犯人でしかありえないこと。
さらに、清美と同じ香水を小夜も使っていると聞き、小夜が手紙を出した犯人だと確信します。
小夜のアパートに行くとめぐるが拉致されいていました。そして、未来の目の前でアパートが火の車に…。

【めぐる未来】4話の感想と考察!真犯人の狂気を香音が怪演!
【めぐる未来】4話の感想と考察を紹介。過去に戻る病を抱える主人公、襷未来が妻・めぐるの死の真相を追う考察型サスペンス漫画を実写ドラマ化!萩原利久主演【めぐる未来】の4話は、行方不明になっためぐる(早見あかり)を捜す未来(萩原利久)が真犯人を突き止めます。「犯人は複数?」の考察や香音の怪演が話題に!日本テレビプラチナイト木曜ドラマ放送。

ドラマ【めぐる未来】第5話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

「めぐさんを絶対に救う」という襷未来(萩原利久)の必死の思いは伝わらず、犯人の日南小夜(香音)はガソリンをまき散らした床に火を放ち、四季村(時任勇気)らは亡くなってしまいました。
「俺が巻き込んだせいで……」と呼吸が荒くなった未来は、“6周目”で1月18日の結婚記念のパーティーの最中に戻ります。体調が悪いのを抑えながらも「まだ一つだけ、やり直せることはある」と“ある覚悟”を決めていた未来。そんな中、めぐる(早見あかり)は日南から電話で呼び出されます。
今度こそ、未来はめぐるを救うことができるのでしょうか…。

ネタバレ

未来は自分の病気のことをめぐるに打ち明けました。信じてもらえないと思いましたがめぐるは素直に未来のことを受け入れてくれました。そして、ふたりで日南に立ち向かおう計画します。
日南に呼び出されためぐるは日南と会い「なぜ私を殺すのか」と問いかけます。日南はふたりで死ぬことが幸せだと言い、めぐるを襲います。しかし、未来がそれを阻止し難を逃れました。この時、未来は倒れてしまい入院してしまいます。めぐるはひとり日南と話をすると決め、会社の外階段に呼び出します。日南はめぐるとともに死ぬことを望みましたが、必死の力でめぐるが止めました。そして、日南に一緒に生きようと励まします。日南もめぐるの言葉に心を入れかえたようでした。
しかし、これでもう大丈夫だと思っていためぐるのもとに日南が死んだという知らせが…。

【めぐる未来】5話感想と考察!犯人日南小夜を操る人間は?夫婦愛に感動の神回!
【めぐる未来】5話感想と考察を紹介。過去に戻る病を抱える主人公、襷未来が妻・めぐるの死の真相を追う考察型サスペンス漫画を実写ドラマ化!萩原利久主演【めぐる未来】の5話は、未来(萩原利久)が妻のめぐる(早見あかり)に過去に戻る病を明かします。「犯人日南小夜」の考察や夫婦愛が話題に!日本テレビプラチナイト木曜ドラマ放送。

ドラマ【めぐる未来】第6話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

襷未来(萩原利久)の病気の秘密を知り、一人で日南小夜(香音)に立ち向かっためぐる(早見あかり)は、自ら命を絶ってしまった日南が何者かの存在をほのめかしていたことが気になっていました。
自分と一緒にいるときの様子を考えても、日南が自殺するわけがないと感じていためぐる。そんなめぐるの話を聞いた未来は、今もめぐるの命が狙われているのだと感じます。
未来とめぐるは『真犯人』に繋がるものを探すため、日南の家に。大家に家の鍵を開けてもらい中に入ると、「めぐるんへ」と書かれた手紙を発見。
そんな中、突然胸が苦しくなってしまった未来。これは過去に戻るようになってから出てきた症状で、最近その周期が短くなっていました。病気のことを知るために、二人は未来の実家へ向かいます。そして、衝撃の事実を知り……。
一方、日南の家に未来とめぐるが来ていたことを知った刑事の時任(勝村政信)は、未来たちの後を追っていて……。

ネタバレ

日南の手紙には、めぐるへの感謝の気持ちと私の物語を読んでほしいと書いてありました。
その後、未来の実家に行った未来とめぐるは母の育子(佐伯日菜子)から、未来の病気は過去に戻り続けると死んでしまうと聞きます。未来の父は何度も過去に戻り体調が悪化する中、育子と未来が事故に遭うのを助けるため過去に戻り死んでしまったのです。育子が未来に過去に戻ってはだめだときつく言ってきたのは、未来のことを思ってのことだったのです。
ショックで家を飛び出した未来にるめぐるは「未来が過去に戻らないように頑張るから」と思いを伝えます。未来の育子へのわだかまりが消えていきました。しかし、未来とめぐるが戻ると、育子は首つり状態で死んでいました。
一方、藝談社では日南のパソコンを調べる干支ゆりか(大西礼芳)が「Bell」というファイルを見つけます。
その頃、刑事の時任(勝村政信)暦(田中偉登)は未来の実家へ。

未来が過去に初めて戻ったのは鈴村和樹のとびおり自殺を目撃したときでした。過去に戻った未来は、自殺しようとした男性を助けています。それはニュースにもなり感謝状も貰っていました。

ドラマ【めぐる未来】第7話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

未来(萩原利久)は育子(佐伯日菜子)の死体を見て、どんどん息が荒くなり、このままでは未来が過去に飛んでしまうと思われた瞬間、日暮署の時任(勝村政信)が訪ねてきました。部屋の状況から、未来とめぐる(早見あかり)は疑われてしまいます。
その頃、日南小夜(香音)が書いたと思われる小説を見つけた干支ゆりか(大西礼芳)は、日南が『ベル』という人物に操られていたと気づきます。ゆりかは、四季村隆道(時任勇気)に相談する中、真犯人につながる重大なヒントを発見します。
さらに事件は、未来の過去と繋がっていることが判明し……。

ネタバレ

未来を疑う時任は暦(田中偉登)に尾行を指示。
一方、ゆりかと四季村は、日南の小説から日南が「窓ぎわのチャットちゃん」というチャットルームを利用していたことを突き止めます。日菜はチャットルームでベルと交流をしていました。その履歴から、ベルは日南に愛する人との自殺を誘導したことがハッキリします。さらに、ベルは、55歳で八王子方面に住んでいて、過去に自殺をしかけたが助けられた人物だと判明します。
未来はベルが未来が飛び降り自殺しようとして助けた鈴村和樹だと思いました。そこで、未来は鈴木和樹をさがすため八王子に向かいます。
鈴村和樹のことを知る女性から、和樹は自殺ではなく妻が突き落としたと噂があり、未来が助けた後に、妻は自殺し、その後、和樹は死んでいると聞きます。
鈴木和樹が死んでいるということは何者かが成りすましていると考える未来は、鈴木和樹には子供がいると気づきます。
その時、出版社にいるゆりかから電話が。一緒にいためぐるがココアを飲んで倒れたと言うのです。そのココアは何者かが四季村を装い棚に置いて行った物でした。
未来は急いで出版社へ向かいましたが、めぐるの息はなく…。
この時、未来は過去に戻ります。それは、めぐるがココアを飲む直前。しかし、未来はなんとか阻止しようとしますが、めぐるを助けることはできませんでした。息絶え絶えになる未来は倒れてしまいます。そこに非通知の電話があり…。
その頃、時任は、未来が鈴村和樹を助けた10年前の事故のニュース記事を閲覧していました。

ドラマ【めぐる未来】第8話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

日南小夜(香音)に続き、母・育子(佐伯日菜子)も殺害されてしまうというこれまでの事件と、10年前に襷未来(萩原利久)が鈴村和樹の飛び降り自殺を止めた事件が関係していることがわかる中、めぐる(早見あかり)が毒殺されてしまいました。
めぐるが殺される直前に未来が戻ると、スマホに非通知の電話があります。
「これで準備は整った。あとはお前だけ」と告げ「なぜめぐるを殺したのか知りたければここに来い」と住所を送ってきました。
一方、日暮署の時任(勝村政信)は、10年前の事件について、関係者に話を聞きます。鈴村和樹の子供を預かったことがあるという施設に向かうと、ある衝撃の事実が判明します。
その頃、未来は、犯人が指定した場所に着いていました。未来を尾行していた日暮署の暦亘(田中偉登)も加わり、二人でビルの屋上へ向かうと、あるタブレットが反応します。そこには、「未来さんへ。今日ここであなたは死にます」の文字が映し出され……。
そして、ついに、犯人が明らかに!?

ネタバレ

犯人は暦亘。
亘は鈴村和樹の息子だったのです。日南を誘導したのも、日南を殺したのも、未来の母の殺害したのも亘でした。
10年前、当時16歳だった亘は、和樹の暴力に耐える日々を送っていました。母は和樹を自殺に見せかけ殺そうとしました。なのに、未来が和樹を救ったばかりに亘は再び地獄の日々に。母は自殺をし和樹も死に残された亘は施設に預けられ、里子にだされました。
父を助けた未来を責める亘は、未来を苦しめるために生きてきたと告げます。最高の復讐をするタイミングを待っていた亘は、未来がめぐると出会い幸せな顔を見た時、めぐるを殺すことを計画したのでした。
「お前のせいだ」と未来を押し倒し暴力をふるう亘。そこに「やめて」とめぐるが現れました。実は、めぐるは未来からの指示で犯人をあぶりだすために殺されたふりをしていたのでした。
聞き込みから和樹の息子が亘だと知った時任によって亘は逮捕されました。
亘の逮捕で一件落着と思う藝談社のメンバー。未来は死んだ日南の分も頑張ろうと言い、清美(中井友望)を誘いお菓子を買いに行きます。

<つづく>

原作と違う犯人でかなりの驚きでう。思い起こせば怪しい雰囲気はありましたが…。清美は可愛いふりしてかなり危険ですよね。次回に大きな展開がありそうです!

ドラマ【めぐる未来】第9話のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

刑事の暦亘(田中偉登)は、襷未来(萩原利久)とめぐる(早見あかり)の協力により逮捕されたものの、日暮署の時任(勝村政信)にると、亘は取り調べで何もしゃべらず、亘の家を調べても証拠は何もなく、釈然としないといいます。
10年前、亘の父親である鈴村和樹を助けなければ、亘はこんな事件を起こさなかったかもしれないと思う未来は、めぐると一緒に和樹を助けた場所へ行くことにしました。そんな中で、未来は、和樹を助けたときの記憶が戻ります。そして、ある衝撃的なことを思い出し……。
その頃、留置場にいた亘は、担当官に暴行し逃亡。暦亘の目的は一体何なのか?

ネタバレ

めぐる未来・最終回

逃走した暦は藝談社に忍び込み、ゆりか(大西礼芳)を人質にとり、未来がいる会議室に行きます。社員が揃う中、亘はめぐるに未来を呼び出すよう指示。
めぐるは「私のせいだから」とゆりかと人質をかわります。

めぐるから呼び出された未来は時任とともに藝談社に。
「来たか、待ってたよ。復讐はまだ終わらない。これでやっと復讐を果たすことができる」と言う亘。
未来は「鈴村清美さん。お兄さんを助けて」と阿波野清美に呼びかけます。
未来が思い出したのは過去の屋上。そこには、暦のほかに女の子がいたのです。
一方、時任は監視カメラを調べ、時任に共犯者がいると確信。そして、戸籍を調べ、暦には妹がいたことを突き止めました。その妹が阿波野清美だったのです。

清美は父を助けた未来への復讐を目的にして生きてきたのです。苦しかった生い立ちを話し、暦が警察官になったのも、清美が藝談社に入りめぐるに近づいたのもすべて復讐のためだったと打ち明けます。
清美は暦にめぐるを殺すように叫ぶのですが、暦は殺すことはできませんでした。実は暦が逃走したのは、清美に人殺しをさせないためだったのです。
しかし、清美は「ずっとこのために生きてきたんだ」と言い、ナイフで未来を刺してしまいました。

<つづく>

「めぐる未来」9話は清美がメインに描かれています。清美と暦の壮絶な過去は胸詰まるものがあります。未来を苦しめるために必死で生きてきた清美が地団駄を踏み兄の暦に「お兄ちゃん」と泣きながら「めぐるを殺して」と訴える。清美を演じる中井友望さんが清美を熱演。魅了されるストーリー展開とともにその演技がピカリと光っています。
次回は最終回になります。未来とめぐるの運命は?きっと、ふたりは「いい夫婦」になると願っていますが…。果たしてどんな結末になるのでしょうか。楽しみです!

ドラマ【めぐる未来】最終回のネタバレ・あらすじ

めぐる未来

あらすじ

襷未来(萩原利久)の最愛の妻・めぐる(早見あかり)が何者かに殺され、“過去に戻る病”を持つ未来は過去へとタイムリープし、めぐるの死を阻止する闘いは始まった。過去へ戻る度に現実が変わりめぐるを救うことが出来ない未来。そして未来の体には異変が生じ始める。なんと、過去へ戻り続けると死んでしまうのだ。犯人の魔の手は未来の母・育子(佐伯日菜子)にも及ぶ。

未来は犯人への手がかりを追う中で、事件が10年前の自分に関係していることを知るのだった。そして、未来は忘れていたある光景をフラッシュバックし、真相に辿り着く。真犯人は、未来が助けた鈴村和樹の子供である暦亘(田中偉登)と阿頼耶清美(中井友望)だったのだ。未来の善意のせいで地獄のような人生を送り、未来に復讐することだけを生きがいにしてきた暦と清美。真相が明るみになった時、未来は清美にナイフで刺されてしまう。薄らいでいく意識の中、未来はめぐるに「幸せだった」と告げる。
果たして復讐の連鎖は止められたのか?そして、未来とめぐるの運命は!?

最終話|ストーリー|めぐる未来|読売テレビ (ytv.co.jp)

ネタバレ

清美に刺された未来は10年前に戻り、再び人生をやり直します。鈴村和樹を助けず運命を変えずに時を過ごし、めぐると出会います。しかし、めぐるに笑顔はなく暗い表情で…。
めぐるは自身が起こした火事によって、隣人の我図に生活費を渡し、夢も諦めていたのです。しかし、我図は自分が火事を起こしたのにもかかわらず、それをめぐるのせいにしていたのでした。その事実を突き止めた未来は、刑事の時任(勝村政信)の力を借りてめぐるを助けることに成功します。
未来とめぐるは海に行き、ふたりの人生をスタートさせます。時は流れ、めぐるは出版社で働き、未来もそこで働くことに。そうして、ふたりにははるかという娘が生まれました。

鈴村暦と清美は、家族でパン屋を営み幸せに過ごしています。

<終わり>

【めぐる未来】最終回ネタバレと考察!ラストシーンの夫婦愛に感動!気になる続きは?
【めぐる未来】最終回ネタバレと考察!ラストシーンの夫婦愛に感動!萩原利久主演【めぐる未来】の最終回は、未来とめぐるの繰り返す運命の結末を描きます。【めぐる未来】最終回のあらすじ・ネタバレ・考察・感想・続きについて紹介。

ドラマ【めぐる未来】犯人ネタバレまとめ

ドラマのストーリーネタバレと同時進行で犯人ネタバレをまとめていきます。
動機も紹介!

日南小夜

怪しい手紙を出し、めぐるを拉致した犯人は日南小夜です。
小夜は異常なまでにめぐるに執着し、一緒に死のうと考えていたのです。
死ぬまでにめぐるとの時間を作ろうとアパートを借りて拉致していました。

動機
日南は整形をし着飾るも誰にも相手にされず、社内でも浮いた存在。外階段でプリンを食べるのが唯一の楽しみで、いつも「ここから飛び降りて死のう」と考えてもいた。
そんな日南に優しく声を掛けたのがめぐる。一緒にプリンを食べながら、明るく話すめぐるに救われ、日南は依存していった。
日南にめぐると死ぬことが最上なる選択だと洗脳した人物によって、犯行を思いつく。

暦亘/鈴村亘(黒幕)

日南に愛する人と死ぬことが至極の幸せだとベルと名乗りチャットルームで誘導。
和樹の息子である亘が和樹を装い日南にめぐるを殺すように仕向けていた。
日南が心を入れかえめぐるを殺さないと言い出し、ビルから突き落として殺害。
未来の母の首を絞め自殺と見せかけ殺害。
めぐるにココアを飲ませて毒殺を計る。
めぐるを刺そうとした黒パーカーの男も亘。

動機
未来がDVの父(和樹)を助けたことで、母が死んだことを恨んでいた。同じ思いを未来に味あわせるため、未来の母を殺し、めぐるを殺そうとした。

阿波野清美/鈴村清美

暦の実の妹。
未来に非通知で電話をしていた。
未来を刺す。

動機
母が自殺をして生きがいを失くした幼い清美は、兄の暦とともに「未来への復讐」を目的に生きる術を見つけた。すべては未来への復讐のためだった。

清美が死なないために、暦は必死の思いで未来への復讐を企てたのです。幼い妹の清美にとって、兄の暦だけが唯一の味方で仲間。苦しい過去を背負った清美は気の毒だとは思いますが犯罪に手を染めてしまうという悲しい結末に…。

【めぐる未来】の登場人物(漫画画像紹介)

めぐる未来

●襷未来(たすきみらい)/萩原利久
主人公。父からの遺伝で過去に戻る病を患っている。
●襷めぐる(たすきめぐる)/早見あかり
未来の妻。出版社に勤務。
●襷育子(たすきいくこ)/佐伯日菜子
未来の母。
●襷正年(たすきまさとし)
未来の父。

<この中に犯人がいる!?藝談社のメンバー>
●朝日間きしの(あさまだきしの)/太田 駿静(OCTPATH)
デザイナー、無口で無愛想。
●干支ゆりか(えとゆりか)/大西礼芳
めぐるの同僚。めぐると仲がいい。
●四季村隆道(しきむらたかみち)/時任勇気
めぐるの同僚。ひそかにめぐるに好意を寄せている。
●阿頼耶清美(あらやきよみ)/中井友望
めぐるの後輩。
●日南小夜(ひなみさよ)/香音
めぐるの同僚。めぐるの転落死現場の第一発見者。
不思議系キャラでいつもコスプレ的ファッションをしている。
●玉響真紀(たまゆらまき)/岩瀬 顕子
副編集長。仕事ができるキャリアウーマン。
●周防進太郎(すおうしんたろう)/藤原光博(リットン調査団)
編集長。少々ハラスメント気味。

<刑事>
●時任まこと(ときとうまこと)/勝村政信
●暦亘(こよみわたる)/田中偉登

他の登場人物
・鈴木和樹
・鈴木まこと
・鈴木恵子

☆刑事の時任は原作には登場しない。

【めぐる未来】原作漫画のあらすじ

めぐる未来

ドラマ【めぐる未来】の原作は漫画【めぐる未来】(芳文社 芳文社コミックス刊)。原作者は辻やもりで「週刊漫画TIMES」で連載され全5巻で完結しています。

【めぐる未来】の原作漫画のあらすじを紹介します。

あらすじ

襷未来(たすきみらい)は、父からの遺伝で感情が昂ると「過去に戻る病」を患っていた。そのため、感情の起伏が起こらないよう、他人と関わらず孤独の中で生きてきた。絵を描くことが好きでそれを仕事にするように…。
カフェで絵を描いているとき、妻であるめぐると出会う。きっかけは、カフェで働くめぐるが未来に飲み物をこぼしてしまったこと。何度か会うものの未来はめぐるを拒否。すると「最後に海に行こう」とめぐるが誘う。
この時、未来はめぐるを好きだと確信。そして、未来は自分の病気を隠してめぐると結婚した。

・父は、未来が1歳の時、妻の死を知り、タイムリープ。妻(未来の母)を庇って死んでいる。
・未来の病は、過去に戻る特殊な分泌液「リフレイン」が原因で発症する。

【めぐる未来】原作漫画のネタバレ

【めぐる未来】1巻のネタバレ

漫画【めぐる未来】1巻のネタバレです。
1巻では未来が3度、タイムリープします。

未来29歳。めぐる34歳。
自宅で仕事をする未来に匿名で「ころすよ」と電話がある。
3日後、めぐるが会社の4階から転落死をする。

第一発見者:日南小夜(めぐるの後輩)
死亡推定時刻:6/16 16時~16時半。

1回目のタイムリープ
6/14(火)に戻る。
未来はめぐるが会社の人間の誰かに殺されたと推理。そこで、出版社に勤めるめぐるの頼みでデザインを担当することにし会社に潜入。犯人を突き止めることにする。
事件当日。なんとか転落は阻止できたが、帰り道に黒いパーカーの人物に刺されてめぐるは死んでしまう。

2回目のタイムリープ
めぐるが刺された数分前に戻る。犯人を見つけることはできず…。

3回目のタイムリープ
葬儀のあと「ころしたよ」と匿名電話があり、タイムリープ。
会社に初出勤する日の朝(6/14)に戻る。

【めぐる未来】2巻のネタバレ

漫画【めぐる未来】2巻のネタバレです。

社員と仲良くすることで犯人を突き止めようとする。
そこで、めぐるの親友である干支ゆりかに「めぐるが殺されるのだ」と真剣に伝える。ゆりかの計らいで四季村隆道も協力してくれることに。
そして、事件当時。
四季村がパーカーの男を捕らえたのだが、もうひとり男が現れ、未来は殴られ気を失ってしまう。

目覚めると17日になっていた。時が進んだのだ。
犯人は逃走していた。

【めぐる未来】3巻のネタバレ

漫画【めぐる未来】3巻のネタバレです。
3巻では時が進んだのちに結婚記念日の前日にタイムリープします。

めぐるが行方不明に。
めぐるが持つ鍵にGPSを付けていた未来はそこから河川敷に行く。めぐるの荷物だけがあった。
未来は、出版社の社員全員に協力を求め、めぐるを捜すことにする。この時、清美の提案でグループラインを作る。その後に、小夜からめぐるの居場所を知らせるメッセージが届く。
小夜がめぐるを拉致していたのだ。自殺願望がある小夜は、家を放火。
めぐるも小夜も、そして、助けに入った四季村とさゆりも焼死してしまう。

再びタイムリープ。

結婚記念日の前日。
未来は、犯人に殴られ入院している。
意を決してめぐるに病気のことを伝える。めぐるは未来のことを理解してくれた。

【めぐる未来】4巻のネタバレ

漫画【めぐる未来】4巻のネタバレです。
4巻でめぐるを殺した犯人が判明します。

未来の前に犯人が現れるもすぐに姿を消す。

小夜から証言を得る。
小夜は犯人とネットで知り合い「めぐると死ぬことが正解だ」と洗脳されていた。小夜の証言と警察の調査から犯人が特定された。

以下にて犯人について詳しく解説

【めぐる未来】黒幕ネタバレ

黒幕犯人
・鈴木まこと
・鈴木清美(阿頼那清美)

15年前。
未来は男が屋上から突き落とされる現場に遭遇する。この時、タイムリープした未来は、男を助けたのだが…。

男は鈴木和樹。突き落とそうとしたのは妻の恵子。
和樹はDVで、子供のまことと清美は監禁状態。毎日、暴力に怯えて生きていた。恵子は和樹を殺すことで監禁状態から脱出しようとしたのだった。
しかし、未来が和樹を助けたことで、恵子は荒れ狂い自殺。ほどなく和樹も死んだ。清美は施設に入り里子に。
まことと清美は「あの時、和樹が死んでいれば」と思っていた。それを阻止した未来を憎み、未来への復讐を生きる希望にしてきたのだった。
未来が苦しむ姿を見るため、未来の愛する人、つまり、めぐるを殺すことを計画したのだ。

【めぐる未来】漫画最終回・結末ネタバレ(完結)

【めぐる未来】漫画の最終回となる5巻のネタバレです。
5巻で完結となります。

【めぐる未来】5巻のネタバレ

清美に刺された未来は、15年前、14歳に戻る。
そして、鈴木和樹が落ちる現場に行き、和樹が死ぬのを見届ける。
恵子は逮捕された。

その後、めぐるの実家に行くと…。
家事で全焼しめぐるの家はなくなっていた。どこに行ったのかもわからなかった。

まことと清美を救ったことで、めぐるの人生が変わってしまったことに気づく。

10年後。
未来はフリーのデザインで働きながら、カフェでバイトをしていた。そこで、めぐると出会う。しかし、めぐるは過去の未来のように、孤独の中で生きていた。
火事でめぐるの人生は変わってしまっていたのだ。

かつて、めぐるがしてくれたように、今度は未来がめぐるの心を開いていく。

数年後。
めぐるは出版社に入社が決まる。
髪もカットし、明るいめぐるになっている。

そして、時が経過。
未来は出版社で働くことになる。
未来が知る社員たちは「初めまして」と挨拶をする。

ふたりには子供が産まれた。
未来は「長生きするよ」と亡き父に誓う。

恵子は出所し、まことと清美が迎えに行く。

<終わり>

【めぐる未来】最終回のネタバレ(予想・考察)

原作漫画からドラマの最終回・結末を予想・考察!

犯人と黒幕は最終回目前に顔出し?

原作漫画では犯人でもあり黒幕となるのが鈴木まこと。
めぐるのマンションをふいに訪ねたりする男や未来を襲う男が登場。すべてまことが雇っています。また、小夜を操ったていたのもまことです。
このまことは、未来に父を助けられ人生を狂わされ裏社会で生きていたようです。ただ、清美にはまともに生きるようにと兄としての優しさを見せ、そのおかげで清美は里親に育てられ出版社にも潜り込むことができたというところ。
キャスト情報には、まだ、まことの名はありませんが、今後、登場すると思われます。
おそらく、チンピラ的犯人も登場しつつ、黒幕はまこととして最終回目前に顔出しすると予想しています。

ドラマ8話で原作漫画の鈴木まことが刑事の暦亘に。動機などはそのままで犯人設定に違いがあります。
暦という設定もまた楽しめるストーリー。ドラマも原作もどちらも良きです。

結末はハッピーエンド

原作漫画の結末はハッピーエンド。ドラマも同様にはハッピーエンドだと予想。
子供も生まれ、幸せな未来とめぐるの姿を描くと思います。ラストシーンは、赤ちゃんを抱いたふたりが「生きててよかった」と笑顔で歩み出す…。そんな素敵なシーンを予想しています。

※以上は放送前の予想と考察です。

放送後:ドラマも子供が生まれてハッピーエンドでした!良かった!

【めぐる未来】最終回・全話ネタバレあらすじを紹介

【めぐる未来】はタイムリープサスペンス。考察ありきの楽しめるドラマです。原作漫画とはひと味違った部分もありそう。主演の萩原利久さんは前クールのドラマでは記憶を失くす男を好演。本作では、過去と未来を行ったり来たりと難しい役どころを演じます。感情を抑えた未来の姿は、病を抱えた苦しみや悲しみの姿でもあり、胸が苦しくなることもあるのでは。原作漫画はめぐると未来の夫婦愛とともに家族や仲間の絆も描かれています。ドラマもまたその辺りが見どころになると思います。木曜の深夜、考察をしながら、未来の愛の強さに感動しまくりましょう。

【めぐる未来】は毎週木曜日よる11時59分から日本テレビ・読売テレビ系「新木曜ドラマ」枠で放送。

本記事は、【めぐる未来】のあらすじネタバレを最終回まで更新しました。

【めぐる未来】の見逃し配信とオリジナルストーリー情報

【めぐる未来】を見逃した方、もう一度見たい方には「見逃し配信」がおすすめです。

【めぐる未来】1話から3話と最新話(最終回)はTverで配信しています。
【めぐる未来】の全話と続編となる完全オリジナルストーリーはHuluで配信しています。

オリジナルストーリーについて

オリジナルストーリーのタイトルは「めぐる、はるか未来」でHulu独占配信しています。
【めぐる未来】の最終回の続き、未来とめぐるに生まれた子供・はるかを交え、家族3人の姿を描きます。

めぐる、はるか未来のあらすじ

感情の起伏が激しくなると過去に戻ってしまう病気が発端となった、妻・めぐる(早見あかり)が殺害される運命を止めることができた襷未来(萩原利久)。ようやく平穏が訪れ、二人の間には待望の子供が生まれた。名前ははるかだ。
「過去に戻る病」は、子供に遺伝するかもしれない。そのせいで将来、苦しむかもしれない……。そんな懸念はありつつも、生まれてきてくれた可愛い娘。
病気のことを本人に話すのはもう少し大きくなってからと決めていたが、未来は、病気の予防のためにも今話すべきだと考えるようになっていた。
そんなある日。はるかに次々と異変が!嫌な予感がする未来。まさか、はるかは病気が発症してしまったのか!?

続きもかなり面白そうですね!

記事内画像:【めぐる未来】公式サイト

公式情報
【めぐる未来】公式X(旧Twitter)
【めぐる未来】公式Instagram