【めぐる未来】4話の感想と考察!真犯人の狂気を香音が怪演!

当サイトのリンクには広告が含まれます
めぐる未来

【めぐる未来】4話の感想と考察!真犯人の狂気を香音が怪演

過去に戻る病を抱える主人公、襷未来が妻・めぐるの死の真相を追う考察型サスペンス漫画を実写ドラマ化!
萩原利久主演【めぐる未来】の4話は、行方不明になっためぐる()を捜す未来()がついに真犯人を突き止めます。
放送後、「犯人は複数?」「真犯人はほかにいる?」などの考察や香音の怪演が話題に!
日本テレビプラチナイト木曜ドラマ【めぐる未来】4話のあらすじ・ストーリー・感想考察を紹介します。

配信情報:【めぐる未来】の最新話はTverで、全話エピソードはHuluで鑑賞できます

【めぐる未来】の原作漫画は電子書籍で!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

目次

【めぐる未来】4話のあらすじ

【めぐる未来】4話のあらすじです。

消えためぐる

めぐる未来

突然消えた妻のめぐる(早見あかり)を捜す襷未来(萩原利久)は、捨てられていためぐるの携帯を見つける。突如、なり出す携帯。発信元は非通知。

未来は鼓動が早くなるも過去に戻ることはなく…。

そして、警察に連絡をし、藝談社に行き社員全員に協力を求める。

めぐるを刺そうとした通り魔は黒いパーカーの男だと四季村()が説明をする。

編集長・周防(藤原光博)の仕事を優先するような発言に憤る未来。四季村と干支ゆりか(大西礼芳)は未来に落ち着くように諭す。社内の人間が犯人だと考える未来は、ふたりに、その根拠となるめぐるのバッグに入っていた手紙を見せる。

その後、未来は阿頼耶清美(中井友望)から話を聞く。手紙を見せると、手紙の香りが自分の使っている香水と同じだと言う。その香水はめぐるが「大好きだ」と言った香りだった。
めぐるが攫われた時間に何をしているのか聞く。「めぐさんを救うためなら誰を傷つけてもいい。皆を疑っている」と言う未来に清美は「もっと周りを信じたほうがいい」と訴える。

小夜は朝間田きしの(太田駿静)が通り魔かと疑う。朝間田が立ち去ったゴミ箱の中に黒いパーカーが捨ててあったからだ。

【めぐる未来】4話のストーリー

【めぐる未来】4話のストーリーです。

朝間田を疑う未来

さゆりと四季村の呼びかけで藝談社の社員全員もめぐるを捜すため、聞き込みをする。めぐるの両親も一緒だ。

小夜は、未来に朝間田が黒いパーカーを捨てていた教える。さらに、朝間田は暴力沙汰で学生の頃に捕まっていた前科があると伝える。

めぐみのこと大好きな小夜は「めぐるんが殺されないように守っている旦那さん(未来)のことを見直した」言う。

未来は朝間田を疑い「めぐるの居場所を教えてほしい」と言う。朝間田は未来を殴る。未来は「めぐさんがいないのはもう嫌なんだよ」と…。
四季村とゆりかが間に入り、未来は朝間田に謝る。朝間田は自分が疑われると思い、黒いパーカーを捨てただけでアリバイもあった。

めぐるは殺されると言う未来に「殺されるなんて誰にもわからないだろう」と朝間田。そこで、未来は小夜が殺されることを知っていたことに気づく。さらに、清美から小夜が同じ香水を使っていたと聞く。

めぐる拉致犯人確定

未来は小夜のこれまでの言動を思い浮かべ、小夜が真犯人だと確信する。

回想シーン
めぐるが働くカフェに行くとめぐるは辞めていた。ガッカリした未来の前にめぐるが現れ「出版社に勤める」と話す。めぐるはカフェで仕事をしている未来に励まされていたと打ち明ける。心を閉ざす未来に「本当はひとりが寂しいって思ってる」と…。

一方、小夜はめぐるを拉致しアパートにいた。小夜はめぐるを独り占めしたかったのだ。清美からの電話で居場所ばバレたと勘付いた小夜はめぐるに「一緒に旅立とう」と言い出す。

【めぐる未来】4話の結末

未来は四季村らとアパートに。ガソリンの匂いがする。
四季村と未来は無理矢理にドアを開ける。
めぐるは縛られベッドに寝かされていた。

小夜はライターに火を点ける。
部屋は一気に炎に包まれた。

未来は鼓動が早くなる。中に飛び込もうとする未来を清美が止める…。

刑事の時任まこと(勝村政信)と暦亘(田中偉登)が駆けつける。

<続く>

【めぐる未来】4話の感想と考察

【めぐる未来】4話の感想を紹介します。

真犯人の狂気を香音が怪演!

「めぐる未来」4話も片時も目が離せないストーリーでした。めぐるを拉致したのは小夜。小夜はめぐるを好きという展開。最後に火をつけてしまうという衝撃ラスト。狂気的な小夜を可愛い香音さんが好演。「似合う」「上手」の感想が寄せられています。

先読みできない面白さ!

香音ちゃんうまいな~

犯人考察

犯人の考察も!小夜はめぐる拉致犯。でも通り魔は別にいる説が浮上しています。通り魔は大きかったですしね!小夜は小柄ですから、他に犯人がいるというのは当たりでしょう。

共犯説

犯人は他にいる?

毎回、犯人は違う!?

まとめ
4話は小夜にスポットが当てたストーリー。小夜は狂気的にめぐるを愛していた様子。部屋にめぐるの写真がたくさんあり、それが伺える演出になっています。
その中で未来の心の変化も読み取れる内容に。過去の回想シーンで未来の心がめぐるによって開かれていったのがわかります。誰とも関わらないように生きてきた未来に体当たりで「本当は寂しいんでしょ」といっためぐる。未来のことをめぐるはちゃんとわかってくれていた。だからこそ、未来にとってめぐるは「たったひとり、自分を理解してくれる人」で「愛する人」だと感じる場面です。
そして、現在。四季村やゆりからの協力で未来はひとりじゃないことに気付き始めます。萩原利久さんがそんな未来を好演。毎話、楽しみな作品です。
ほぼ、原作どおりに進展しています。小夜以外にも犯人が登場するかも!?

次回は再び未来がタイムリープ!!お見逃しなく♪♪

記事内画像:【めぐる未来】公式サイト

めぐる未来

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次