【魔法のリノベ】2話のネタバレと視聴率!小梅(波瑠)と元カレの久保寺がバトル!

魔法のリノベ

【魔法のリノベ(まほリノ)】2話のネタバレ・視聴率・感想!小梅()と元カレの久保寺がバトル!

【魔法のリノベ(まほリノ)】2話が7月25日に放送されました。

小梅()と玄之介()が夫婦寝室問題をリノベーション!

小梅()の元カレ=久保寺()も依頼を受けていて…。

登場回!

フジテレビ・カンテレ【魔法のリノベ(まほリノ)】2話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

【魔法のリノベ】2話のネタバレ

【魔法のリノベ】2話のネタバレを紹介します。

仲良し夫婦の寝室をリノベ

河内千聖()と夫の享明()は寝室を広くしようと意気投合。
早速、依頼を受けた小梅()と玄之介()は河内家に向かう。小梅は営業のノウハウを伝えながら歩くも、玄之介は小梅の足の速さに圧倒され、ほぼほぼ頭に入っていない。
小梅は見本を見せると意気込む。

河内夫家に行くと久保寺()がいた。
千聖と享明は、グローバルステラとまるふく工務店の2社から話を聞きたいと打ち合わせをセッティングしていたのだ。

久保寺も一緒で小梅はライバル心をむき出しにする。

千聖と享明は寝室をリノベーションしたいと言う。
どうして寝室を広くするのかと小梅が尋ねると河内夫妻は口ごもってしまう。
小梅は「帰りに喫茶チロルに行こう」と河内夫妻の前で玄乃介を誘う。

その帰り。
久保寺はやる気を見せる。
小梅は怒り、取り乱す。

**

喫茶チロルにて。

小梅は河内夫妻の様子がおかしいと指摘。
妻の千聖が疲れたアピールをしているようだと。そこに、千聖から連絡がある。
1度めの「なんていうことでしょう」(小梅)

千聖はこっそりとチロルにやってきて、寝室を夫と別にしたいと言い出す。
自分からは言い出せないので、Bプランを作り小梅からうまく進めてほしいと依頼してきた。
千聖は台本まで作ってきた。台本の中に玄乃介のセリフはない。
2度目の「なんていうことでしょう」(玄乃介)

**

まるふく工務店に戻り、蔵之介()小出()越後()竜之介(吉野北人)に報告。
竜之介が設計をする。

享明に上手に伝えるために、小梅の案でエアコンを理由にしようと決める。
その夜、小梅は久保寺とフェアにたたかうためと自分に言い訳をしつつ、河内夫妻が夫婦別寝を希望しているとラインをしてしまう。

玄乃介が帰宅すると進之介(岩川晴)が「賢者の贈り物」を見ていた。玄乃介は妻の雪乃(中井さくら)と言いたいことを言いあえていれば違っただろうかと思う。

ここで冒険の画像に。
まるふく工務店のメンバーが伝説の剣を見つけた時、久保寺扮した「闇の鬼神」が現れた。裏切り者がいる、と叫ぶ。

**

久保寺は小梅からのメッセージを受けたことを有川(原田泰造)に報告。有川は、小梅の罠かもしれないと言う。

小梅と久保寺の関係

享明から小梅に電話がある。
なんと、享明は夫婦別寝を知っていた。事情はグローバルから聞いていると怒っている。

小梅は、進之介、竜之介らに事情を説明する。
久保寺は元カレで、会社を辞めるキッカケとなった人物だと伝える。
久保寺に未練はなく、完璧に勝ちたかった。
久保寺は嘘の噂を信じて、小梅に利用されたと勘違い。
「フェアじゃない」と言い放ち小梅をふったのだった。

「詫びの玄」の登場

小梅について玄乃介も河内家に行く。
玄乃介は「詫びの玄」と呼ばれていたと啖呵を切る。
そして、河内家に行くと土下座をして謝る。

サービスで別プランを作ったことを千聖にだけ話していると頭を下げる玄乃介。享明は玄乃介の詫び力の凄さに怒りが収まる。

そこに千聖が帰宅し小梅と玄之介は帰ることにする。
帰り際、今度は、夫妻の前で玄乃介が喫茶チロルを小梅を誘う。
玄乃介は享明の態度が気になっていたのだ。享明からメッセージが届く。
3度目の「なんていうことでしょう」

すぐさま、享明が喫茶チロルに現れた。
実は、享明も寝室を分けるプランに賛成だったのだ。
千聖の歯ぎしりがひどい。それに、千聖は早起きだが、享明はびりごろんとしていたいのだ。
ただ、それを言い出すことはできない。なぜなら、千聖のせいで子供ができないとわかった途端に寝室を分けたいとは言えないというのだ。

一方、千聖は享明を心配し小梅に電話をかけてくる。
互いに相手を思いやり、寝室を別にしたいと言えずにいたのだ。
「なんて、いいご夫婦なんだろう」と小梅と玄之介は思う。

まるふく工務店にて。
竜之介がプランCを作ることになる。

**

竜之介はバーに行き京子()に小梅のことを愚痴る。

**

小梅はミコト(SUMIRE)と山登り。
テントの開け閉めをしているうちに、プランを閃く。

小梅に「会いたい」という久保寺

久保寺と梅玄コンビが河内家でプレゼン。
久保寺は夫婦は一緒にと提案。

小梅と玄之介は、寝室がふたつのプランBをプレゼン。
小梅はエアコンの温度差で夫婦が別に寝ることが増えていると説明。

帰り際、小梅は玄乃介に「喫茶チロルに行こう」と誘う。
千聖と享明からメッセージが届く。

4度目の「なんていうことでしょう」(小梅と玄之介)

ここで、4人は顔を合わせる。そして、プランC(回遊同線プラン)の説明をする。
寝室を大きなワンルームにしてスライドボードを設置。必要な時だけ別々にできる。
河内夫妻は気に入る。

**

小梅と久保寺と電話。
「私が出し抜こうと思ったの?私は卑怯じゃない」と宣言。
玄乃介がそんな小梅に拍手。まるふく工務店も契約がとれ大喜び。

**

おでん屋にて。

小梅は私情で迷惑をかえたと謝る。玄乃介は前職はOA機器のカスタマーセンターだという。詫びまくりです、と。
小梅と玄之介は仲良く語らう。
さらに、もう一軒、という時、玄乃介に蔵之介から電話。

進之介が待っているから、と玄之介は帰宅する。

**

河内夫妻。
これから二人の人生を楽しもう。
と乾杯する。

**

小梅に久保寺から「話したいことがある。今から会えないか」と電話がある。

**

<エンディング>
河内夫妻。
寝室で過ごすふたりの微笑ましい姿が流れる。

<続く>

【魔法のリノベ】2話の視聴率

【魔法のリノベ】2話の視聴率は、6.7%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【魔法のリノベ】2話の感想

1話に引き続き2話も「エンディング」が好評です。夫婦愛に感動の声も。

【魔法のリノベ】2話の感想を紹介します。

【魔法のリノベ】2話のまとめ

【魔法のリノベ】2話は、夫婦の寝室問題を取り上げた物語。とてもデリケートな問題を小梅と玄之介が丸く収め素敵なリノベーションを提供。互いに思いやる夫婦の素敵な寝室が誕生しました。
小梅の過去の恋愛が浮き彫りにもなり、玄乃介の過去もチラリと描かれています。言いたいことを言い合えば違ったのだろうか、という玄乃介の呟きが胸に刺さりました。

テンポいいストーリー。喫茶チロルを舞台にして「なんていうことでしょう」が4度ばかりセリフにあり、さらには、1話同様に冒険シーンもありで、楽しめました。

次回予告

・事故物件に怨霊が!?

・久保寺が小梅との復縁を望んでいて…。

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【魔法のリノベ】公式サイト

コメント