【恋です】3話のネタバレと視聴率!ユキコ・イズミの姉妹愛に視聴者号泣!

恋です-3話   【恋です】3話のネタバレと視聴率!ユキコ・イズミの姉妹愛に視聴者号泣!
https://www.ntv.co.jp/yangaru/

【恋です】3話のあらすじネタバレと視聴率!

ドラマ「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」第3話が10月20日(水)に放送されました。

放送後、ユキコ()・イズミ()の姉妹愛に視聴者号泣!?

今回は【恋です】3話のあらすじネタバレ・視聴率・感想について。

『恋です!ヤンキー君と白杖ガール』はHuluで配信!

hulu

ADVERTISEMENT

【恋です】3話の視聴率

『恋です!ヤンキー君と白杖ガール』3話の視聴率は9・2%。前回の8・6%から0・6ポイントアップです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【恋です】3話のあらすじネタバレ

恋です-3話   【恋です】3話のネタバレと視聴率!ユキコ・イズミの姉妹愛に視聴者号泣!
https://www.ntv.co.jp/yangaru/

「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」第3話のあらすじネタバレを紹介!

あらすじ

森生)と会っているところを見つかり、姉・イズミ(奈緒)の怒りを買ってしまったユキコ(杉咲花)。心配性のイズミは、無職でヤンキーの森生がユキコに近づくことに猛反対。姉妹の間には険悪な空気が流れる。

そんな中、聴覚に頼ることが多いユキコにとって、背の高い自分の声が届きにくいことがストレスになると知った森生は、なんとかユキコとの身長差を縮める手立てはないかと考える。花男()たちとの会話からあることを思いついた森生は、早速ユキコの家にプレゼントを届けに行くが……。森生が玄関に置いたプレゼントは、ユキコの父・誠二()が気づいて家に持って入るが、なぜか、別れた元彼からイズミへのプレゼントだと勘違いされてしまう。その中身は、赤いハイヒール。照れながらも嬉しそうなイズミの様子を、何も知らないユキコは微笑ましく思うが……。

翌日。森生に会ったユキコは、ハイヒールが自分へのプレゼントだったことを知る。プレゼントに込められた森生の一途な思いを知り、素直に嬉しいユキコ。なんとかイズミからプレゼントを取り返そうと考える。
そんな矢先、いつもの喫茶店に溜まっていた森生のもとに獅子王()が現れる。店内に緊張が走る中、獅子王が切り出したのは、なんと「就職する」という報告で……!?突然の正社員宣言に一同がどよめく一方、獅子王の姿に刺激を受けた森生は、自分もちゃんと働くことを決意!しかし、ヤンキーの森生には厳しい現実が待ち受けていた……。

そして、赤座家では、ハイヒールを巡って新たな問題が勃発!ユキコに危険な思いをさせる森生が許せない心配性のイズミと、森生との出会いで新しい世界を知り始めたユキコ。お互いの幸せを思うが故に、姉妹は激しく衝突してしまい……。

以下、あらすじネタバレです。

黒川(杉野遥亮)のいいところ

森生の厳しい現実とは、猫かぶって面接受けても、ありのままで受けてもダメだったこと。ケンカをして傷をつけたと知った雇う側は、そういう人は困ると受け付けないのだ。

イズミは元カレに連絡してハイヒールが元カレからじゃないとわかった。怒ったイズミは捨ててしまった。ユキコはイズミが出かけているすきに、ゴミ収集場所から懸命にハイヒールを探し当てる。

ユキコは部屋でハイヒールを履いてみた。気に入ったユキコは、森生に電話する。「これなら、黒川の声きっと届くな。 それに、こんなオシャレな靴、初めてだから嬉しい」とユキコ。「元気が出た」とおいう森生。

森生は就職が難しくて落ち込んでいたと明かすと、ユキコは「黒川のいいところ分かってくれる人だっているよ。」という。

森生:「俺のいいところとは?」

ユキコ:「黒川は…バカみたいに単純で1つのことしか見えなくなる猪突猛進(ちょとつもうしん)なところがあって、やることが全部 予想外。だから…一緒にいるとワクワクする。これ 答えになってないか。」

森生:「いや… うれしいっす。」

そこへイズミが帰ってきて、ユキコがハイヒールを拾ってきたのがバレて…。

姉妹の喧嘩

ハイヒールを巡って、姉妹の間で新たな問題が勃発!

イズミは、ユキコに危険な思いをさせる森生が許せない。

ユキコは森生が10cm近づけるってことだけを考えたこと、私のために買ってくれた思いを伝える。

「だからってこんな危ないのは なしでしょ。」「でも 私は うれしかったんだよ。」

姉妹の会話は平行線だ。

イズミ:「ユキコ ちゃんと現実を見なさい!あんたは人とは違うんだから!」

ユキコ:「お姉ちゃん いっつも そうだね。そんなの無理、危ない、やめなさいってさ。私のこと止めてばっかじゃん。

イズミ:「それは…あんたに傷ついてほしくないからだよ。」

ユキコ:「でも お姉ちゃんが言うようなさ、安全な道ばっか選んでたら私、これからずっと何にも新しいことできないよ。そんなの 全然楽しくないよ。

イズミ:「だって ユキコにはできないことが多いんだから。ケガや事故にいつ遭うか分かんないし、事件に巻き込まれるかもしれない。」

ユキコ:「お姉ちゃんは私が不安の塊にしか見えないの?私が(目が)見えなくなってから、怒ったり心配したり、おせっかいなことばっかり言って、私のこと ちゃんと見ようとしてくれないじゃん。誰よりも私のこと腫れもの扱いしてんの お姉ちゃんだよ!

イズミ:「ユキコのこと一番近くで見て来たの誰だと思ってんの!?」

ユキコ:「見てないよ。」

イズミはユキコを思わずビンタした…。

森生の就職

一方、森生はふと入ったレンタルビデオ店でユキコと架空のデートを妄想。ユキコとゾンビ映画を借りてセルフレジに案内する。しかりユキコはやり方がわからない。「俺がやるから」と言うと…現実では高齢者のおばあちゃんが困っていた。

森生がそのおばあちゃんのことを手伝っていると、スーツ姿の獅子王がやってきた。ここの店長になったという。

おばあちゃんは、友達に森生に助けられたと自慢したいという。森生は逆に怖がってしまうというと…おばあちゃんは不思議がる。傷があるヤンキーだからというと…「傷の1つや2つ、年を取れば いくらでもあるわよ。」と言われた。

その後、森生はお年寄りや視覚障がい者に優しい店じゃないと獅子王に指摘する。案内の文字を大きくしたり、音声案内を付けるなど提案。

獅子王は「貴様みたいな人間がうちには必要なのかもしれない。」と森生を誘う。やっと認めてもらえた森生は「ここでここで働きたい。働かせてくれ」と頼んだ。条件は一つ…店長と呼ぶこと?!だった。

父・誠二(岸谷五朗)の思い

イズミは同僚から「いい姉」と言われる。飲み会も合コンも旅行も行かないで「ユキコちゃんファースト」だから、と。

誠二(岸谷五朗)がイズミの職場を訪ねて来て、イズミと話しをする。

ユキコの目が見えなくなってからは「いいお姉ちゃん」から逃げ出したくなることもある、と明かすイズミ。

誠二は「逃げたい時は逃げ出してもいいんじゃないか?家族に縛られ過ぎてちゃ息が詰まるだろ。俺もいるんだから。俺はイズミもユキコも同じように幸せでいてほしいと思ってる。」と告げた。

姉妹の愛情

ユキコはハンバーガー店の店長からハイヒールに似合う洋服が売ってる店を紹介してもらう。けれど、洋服を買う時は姉といつも一緒で、お店も全部決めてもらってたが…。

そのとき、携帯に森生のボイスメッセージがくる。就職が決まった報告だったが、お客さんに<おせっかい>したことがきっかけに、感謝されて、必要とされたという。すべてユキコさんのおかげ、と森生は感謝。

「おせっかいに感謝か…。」とつぶやいたユキコ。森生の言葉に背中を押され、姉を連れ出して、その洋服店へ行く。

しかし店の前で姉は待っていてもらった。ひとりでアパレルショップに入り、店員さんと会話しながらハイヒールに合う服を試着して、ひとりで買ったユキコ。

店の外で待っていたイズミは泣いていた。…買い物後、ユキコはイズミのこれまでのおせっかいに感謝した。そのうえで自分の気持ちも伝えるユキコ。

「でもね、私 いろんなことやってみたいんだ。これから1人で どんどんチャレンジして行きたい。やっと思えるようになったんだよね。普通に幸せに生きていきたいなって。それに、お姉ちゃんだって私のことばっかりじゃなくてもっと自分の時間も大切にしてほしい。」とユキコ。

喧嘩していたユキコとイズミは和解した。

ユキコ(杉咲花)を抱きしめる森生(杉野遥亮)

ある日、森生がお客さんを外まで送りだすと…ユキコが店へ歩いてくるのが見えた。

しかも、ユキコは買ったばかりの服と、あの赤いハイヒールを履いていた。

「ユキコさん!」声をかける森生。その方向へ来たユキコだがよろけてしまう。

森生はユキコを受け止めた。

「俺の声 届きますか?」と森生は声をかけ、ユキコを抱きしめる。

「何してんの? 黒川。」と恥ずかしがるユキコ。

森生は「給料入ったら履きやすい靴 プレゼントしますね。 」という。

ユキコは「この靴は 黒川の声を 聞くためのものなんだよね? じゃあ これでいいじゃん。 だって これ履く時は いつも いてくれるんでしょ?

森生は泣いてしまう…。

衝撃ラスト!?

橙野茜()の営む喫茶店にて。森生とユキコはカウンターで並んでおしゃべりしていた。

ユキコは森生が働いたことで、アルバイトをしたいと言い出す。森生は「甘くない」というが、ユキコは「黒川ができたんだから」と茶化す。仲がいい2人。

それを聞いていたハチ子()は面白くない表情。

森生は「このパフェ(※)、この店の定番になったんすよ。めちゃくちゃ評判いいらしくて。」という。ユキコは「そうなの?」と食べる。

そのとき、ハチ子は森生をトントンと触って振り向かせてキスをして…。

ユキコはパフェを食べていて気づかない・・・(つづく)

※第2話の映画館でポップコーンが登場し、久しぶりに美味しく食べたユキコ。この喫茶店でユキコのためにポップコーン入りのパフェを作りました。ちなみに、セブンイレブンでコラボ商品「恋ではじけるキャラメルポップコーンドルチェ」も発売!

【恋です】3話の感想とまとめ

ユキコ(杉咲花)・イズミ(奈緒)の姉妹愛に視聴者号泣!

「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」第3話は、姉妹の喧嘩からの和解シーンは見ごたえありましたね。

妹を心配して干渉しすぎてしまった姉・イズミ。姉にも旅行など行って人生を楽しんでほしいと願う妹。本当は思い合っていたんですね。

杉咲花さんの本気の怒りの涙や、奈緒さんが涙を流しながら妹のショッピングを見守るシーンはもらい泣きです。多くの視聴者も号泣したようですよ。

森生がユキコを抱きしめるシーンもとても良かったです。このハイヒール履くときは森生がそばにいるんですね。2人が微笑ましい。

そんな感動や、癒された雰囲気をぶち壊す…ラストのハチ子からのキス?!(したのかな)

ユキコが見えてないと思って仕掛けた行動が悪女すぎます。

嫉妬なのでしょうが…ちょっとヒドイので、ハチ子の闇を早めになんとかしてほしいです。

次回は、ユキコがアルバイトに挑戦?!今後も楽しみです。

「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」第4話は、10月27日(水)22時から放送!お楽しみに!

コメント