【刑事7人シーズン7】1話のネタバレと感想!天樹(東山紀之)の変わり果てた姿に驚愕!

【刑事7人シーズン7】1話のネタバレと感想!天樹()の変わり果てた姿に驚愕!

【刑事7人シーズン7】1話が2021/7/7(水)に放送されました。7の付く日にシーズン7が放送とは幸先がいい。

と思いきや専従捜査班は解散。7人はバラバラになってしまいました。

特に主人公の天樹(東山紀之)は驚愕の姿で登場です。

今回の記事では【刑事7人シーズン7】1話のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【刑事7人シーズン7】配信情報

【刑事7人シーズン7】及び、シーズン1~6はTELASAで配信中です。

さらにテラサでは多くのテレビ朝日の名作ドラマが配信されています。

※ 全て2021年6月30日(水)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

【刑事7人シーズン7】1話のネタバレ

専従捜査班解散

警視庁の過去の資料は全てデータ化。刑事資料係は役目を終え、それに伴って専従捜査班は解散したのだった。

専従捜査班のスペシャリストたちは別の部署に配属されそれぞれ別の道を歩いていた。

  • 海老沢芳樹()は地域課の交番勤務
  • 水田環()は組織犯罪対策部
  • 青山新()は少年課
  • 片桐正敏()は交通機動隊の白バイ隊員
  • 野々村拓海()は捜査一課七係
  • 監察医の堂本俊太郎()も現場から離れ、後輩の育成に尽力を尽くす

ただ、専従捜査班のリーダー格であった天樹悠(東山紀之)の行方だけは誰一人知らなかった。

2つの殺人事件

ある日、暴力団所属の緒方という男の遺体が発見される。 さらに所持品の中から、緒方が麻薬の売買をしている証拠写真と共に「お前の罪を知っている」と書かれた紙が見つかる。

野々村は張り切って捜査ようとするが、上司の多々良()はあくまで効率重視。さらに野々村が発見した緒方の脇腹にあった傷も監察医に関係ないと一蹴されてしまう。

数日後、 吾妻という男の遺体が発見された。死因は同じく刺殺。そして、遺体の横にも過去の犯罪の証拠写真と「お前の罪を知っている」と書かれた紙があった。

野々村は現場近くをうろついている怪しい人物を発見。後を追いかけるとその人物は何と天樹だった。

ボロボロのコートを着ており、その姿はまるでホームレスのよう。

それでも事件について独自に捜査している様子の天樹。断定はできないが事件の被害者は二人だけではないのかもしれないとの見立てだった。

野々村は現在の動向を聞こうとするが、天樹に電話。結局、聞き出すことが出来なかった。

捜査一課七係ではデータベースやネットを駆使して2人の接点を探すが見つからない。そこで歪んだ正義感を持った人物による無造作な殺人という捜査方針で動くことになった。 

殺し合いゲーム

野々村はその方針に納得いかず独自に捜査を開始。吾妻が都議会議員の雨宮()という男と一緒にいたという目撃情報を得る。

野々村は雨宮の自宅マンションへ向かう。そこで2つの殺人事件と同じ「お前の罪を知っている」という紙と雨宮が反社会組織と繋がっている証拠写真を発見する。

さらにパソコンからスマイルマークのデス山殺助(ころすけ)というキャラの動画が流れ始める。

デス山殺助「7月7日までにコロセー!!」

愉快犯のようなメッセージと共に映し出される雨宮を含めた7人の写真。 殺害された緒方、吾妻も含めた4人に×印が付いているではないか。

その瞬間、野々村は何者かにスタンガンで襲われて気絶してしまう。

野々村が目を覚ますとそこは倉庫。目の前に雨宮がいた。雨宮は刑事とは気づかず、自分を殺しにきた人物だと思ったとのこと。

野々村はひとまず雨宮から事情を聞き出す。

  • 数日前、「お前の罪を知っている」という紙が送られてきた
  • 同時にパソコンの画面が勝手に開き、殺し合いゲームを宣言する動画が流れた
  • そのうち2人が連続して死亡、自分も巻き込まれるのではと怖くなった
  • 他の6人の付いて接点はなかったが画像クリックしたら名前と住所が表示された
  • それを元に吾妻と接触
  • その後、刺殺されたと知ったとのこと

雨宮は「自分も被害者だ」と語る。

だが、野々村は「なぜ、吾妻が刺殺されたのを知っているのですか?」と問い詰める。死因はまだ公には公表されていなかったのだ。さらに反社会組織との繋がりも指摘する。

雨宮は本性を表し、反社会組織の人間達が突入してきた。「さらに1人殺したところで同じだ」と雨宮は野々村を痛めつけ、殺害を命じる。

野々村のピンチに駆けつけた人物

首吊りにされ 、絶体絶命の野々村。

その瞬間、煙幕弾が投げ込まれ1人の特殊部隊・SATが突入してくる。その人物は天樹だった。

さらに水田、青山、片桐、海老沢も登場。反社会組織を締め上げる。

そこに多々良が率いる捜査一課七係が到着。自分らの事件と言わんばかりに雨宮を逮捕しようとする。 

雨宮は緒方と吾妻を殺したことは認めたが、先の2人の事は知らないという。

「俺を逮捕してもゲームは終わらない」そう言った瞬間、スマイルマークのお面を付けた人物に雨宮は銃殺されてしまった。

天樹たちはお面の人物を追いかける。

再集結

野々村は手当ての間、片桐から事情を聞かされる。

天樹は捜査一課七係の刑事たちが「野々村が無断欠勤をしている」と話しているのを聞き、かつての仲間達と共に雨宮にたどり着いた。

そして、水田たちに被害者について調べて貰い、10年前の未解決事件に何らかの形で関わっていることを突き止めていた。

パトカーが到着、雨宮の遺体が運び出される。だが、犯人は取り逃がしてしまった。

多々良は野々村の単独行動の責任を追及、「君は捜査一課七係に相応しくない」と言い放つ。

「ではうちで引き取る」と片桐は野々村に辞令を出す。同じく天樹、水田、青山、海老沢もだ。

そして、特別捜査係の設立とこの事件の捜査の続行を宣言する。こうして、スペシャリストたちは再び集結することになった。

【刑事7人シーズン7】1話の感想とまとめ

【刑事7人シーズン7】1話は天樹たちが再集結するまでが描かれました。7人が集結する様子はカッコいいです。

今回の事件と10年前の未解決事件は次週への持ち越しです。

天樹(東山紀之)の7変化

事件を調べていた天樹は様々な姿で登場。

  • ホームレスになって情報収集
  • 被害者が過去に行っていたピッキングを再現
  • 派手な格好でキャバクラに潜入
  • SATとしてかっこよく登場
  • 最後はいつものスーツをビシッと着て7人での横並び

今回はアクションシーンも披露。演じている東山紀之さんは50歳を越えているとは思えない、かっこよさです。

青山と環が同棲

そして、なんと仕事上のパートナーであった青山と環さんが同棲を開始しました。

青山が手料理を作って環さんを迎え入れる。中々、ラブラブのご様子。今後の“あおたま”に要注目です。

【刑事7人シーズン7】1話の視聴率

【刑事7人シーズン7】1話の視聴率は11.9%でした。

次週予告

次回の【刑事7人シーズン7】は再集結した天樹たちが事件に挑む。10年前の未解決事件との関わりとは?

2021/7/14(水)21:00~の放送をお楽しみに。

2話

コメント

タイトルとURLをコピーしました