【科捜研の女21】4話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が靴磨きに挑戦!

テレビ朝日、木曜ミステリー【科捜研の女21】4話が11月11 日に放送されました。今回は靴磨き職人のアリバイ崩しがみどころに。榊マリコ()が実際に靴磨きにチャレンジしました。果たして、その結末は。

この記事では、【科捜研の女21】4話のあらすじ、ネタバレと感想をご紹介します。

科捜研の女21   【科捜研の女21】4話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が靴磨きに挑戦!

<「科捜研の女」の関連記事>

ADVERTISEMENT

【科捜研の女21】4話のあらすじ

寂れたビリヤードバーの店内で、経営者・横沢征(湯浅崇)が殺されているのが見つかる。横沢は借金を重ねており、取り立てに来た金融業者が遺体を発見した。榊マリコ(沢口靖子)は、横沢がなぜか靴だけがピカピカに磨き上げられていることに違和感を覚える。遺体の手のひらに油のようなものが付着していることにも気づく。
被害者の手についていた油分は、革製品のツヤ出しにも使われる“木蝋(もくろう)”と判明。横沢はプロ野球選手の上杉栄太(梅原勇輝)と異父兄弟だったという事実がわかる。上杉は3年前、30代半ばの若さで病死したが、それまで横沢は度々、弟に金をせびっていたらしい。
上杉の妻・明里(音月桂)が現在、靴磨き専門店を開いていると知ったマリコは、事件解決の糸口を求めて、土門薫刑事(とともに彼女の店を訪問。明里は夫の死後、横沢とは交流がないといい、事件当日は常連客から持ち込まれた靴をずっと磨いていたと話す。しかも、仕上げに木蝋を使うこともないようだった。それらを聞いたマリコは何を思ったか、突然、彼女に靴磨きを教えてほしいと言い出す。
ところがその後、明里の指紋が横沢の靴から検出されたものと一致する。

【科捜研の女21】4話のネタバレ

ビリヤードバーのオーナーが殺害される

白い革靴を履いた男がそっと部屋に入ってくるが、もう一人の男と交錯して倒れる。

すると、テーブルの下に遺体を発見する。ビリヤードバーのオーナー、横沢征(湯浅崇)だった。見つけたのは、金融業者の社長、矢吹國男(吉田輝生)とその部下、亀井淳平(阿部亮平)で借金を返済してもらうために、店に向かったのだった。矢吹によると「昨日の昼、あの野郎、呑気にステーキ食ってて。借金あるのに豪勢なもん食ってるな、って言うと『今日中に金が入るから』って。前はよく弟に泣きついとったらしいな」。横沢の頭部には3センチの円形状の殴られたような跡が4箇所も。頭蓋骨が陥没骨折しているとみられた。なぜか靴がピカピカ。手のひらには付着物があ理、それは分析の結果、木蝋とわかる。横沢のスマホがなくなっており、現場には発見者2人の下足痕しかなかった。

科捜研の女21   【科捜研の女21】4話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が靴磨きに挑戦!

亡き弟はプロ野球選手、その嫁は靴磨き職人

横沢の義弟は、元プロ野球選手の上杉栄太(梅原勇輝)とわかり、その妻、明里(音月桂)は靴磨き職人をしていることがわかり、榊マリコ(沢口靖子)と土門薫(内藤剛志)が店に向かう。

「兄弟としてろくにつきあいがないのにお金に困るとやってきて。最近は会っていません」

「横沢さんの靴はあなたが磨いたのでは」

「一昨日に別のお客さんが午後3時にお見えになって。1足小1時間かかるので、午後5時に間に合わせるのに、必死で作業していました」

すると、マリコは「私に靴磨きを教えてくれませんか」と言い出す。

クリーナーでスッピンの状態に戻す。適度な油分えお与えるために、薄く伸ばす。そして、次はワックスを塗り炎を描くように磨いていく。「高校の野球部のマネジャーで彼の野球のスパイクをみがいてたんです。でも、まさか、あの頃は自分が靴磨きを仕事にするとは思ってもみなかった。彼が亡くなって私1人で息子を育てていかなきゃならなくなったから。息子は14歳、中学生です」。

土門の靴を磨いた明里。指紋を照合すると、被害者の靴を磨いたのは、やはり明里だった。当日店にきた女性客、赤宮遥(村崎真彩)の元へ行き、「磨いた靴を見せてもらえますか」とマリコ。父、赤宮公達(ダンカン)は上杉栄太の高校のOBで後援会長をしていた。上杉の意志をつぎ、「子供が大きくなって使わなくなった運動靴や用品をもらって途上国へ贈る活動をしているんです」。明里の店も利用しており「応援したいんですよ。息子が京都選抜のエースで4番。絶対プロになる。その時にまた後援会長をやるのが夢なんですよ」。

そこへ税理士の息子、赤宮陽介(梅林亮太)が帰ってくる。遥が磨きに出した靴2足を出してくる。「主人の靴とお父さんの靴」。2足で1時間半はかかるので、明里には犯行は難しい。ところが、母の赤宮須磨子(山本志づ世)が「あれ、この靴いつもと違うじゃない。夫は光沢感がありすぎるのが、嫌なの。もっとしっとりしている方が好きだから」。

科捜研の女21   【科捜研の女21】4話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が靴磨きに挑戦!

明里は店を50分も抜け出していた

マリコは「アリバイが崩れたかも。もしかして、この靴を磨いたのは、上杉明里さんではないのかも」。靴から第一発見者の一人、亀井淳平(阿部亮平)の指紋が。実は上杉栄太の野球部の後輩だった。やんちゃをして高校時代の知り合いとはほとんど付き合いがなかったが、上杉と明里は変わらずに接してくれていたという。横沢が明里にたかってるんじゃないかと心配になって事件当日、店に行ったという。その時、明里は「きてないわよ」と言い、メールを受け取り「ちょっと出かける用事ができた」「じゃあ俺磨いときましょうか」となり、50分間出かけたという。午後5時には戻ってきた。

息子の健太が野球の練習に行かず、明里は「なんで練習いかないの?野球部で何かあった?」と問い詰める。そこへマリコたちが訪れ、「横沢さんに会っていますよね。あなたが使っているワックスも検出されました」「あの日の午後一番に来ました。靴を磨くように言われて」。横沢は「なんで靴磨きなんかやってんだよ。遺産があるだろ」「あなたの保証人になったせいで、家まで差し押さえられて」「栄太はいい弟だった。今も生きててくれたら、あんたも俺も幸せだったのにな」「他人事のように言うあいつを殺したくなりました。でも殺してなんかいませんよ。靴を磨いただけです」「事件の日の午後4時。外出してますよね」「どこに行ってたんですか」「そんなこと答える必要ないでしょ」。帰り際、マリコはカナヅチのようなものを道具箱に見つける。「これで殴ったのかもね。ポンポンと呼ばれている道具」。しかし、明里が店を空けたのは50分だが、横沢の店までは片道でも40分かかかってしまう。

「なにかトリックとかあるんじゃない?」横沢は死後骨折していた。「別の場所で殺害され、運ぶ際に無理な体勢で運んだ際に骨折した可能性も」。

息子が万引きをして駆けつけていた

令状をもって、明里の店からたくさんのものを押収した。凶器はカナヅチで間違いなかった。

「私はやってません」「じゃあどこへ行っていたのか」「黙秘します」

明里のスマホからメールを復元すると、午後4時ごろにきたメールは息子の健太からだった。「万引きして捕まった」。マリコは健太に会う。「スーパーの店員がお母さんを呼べって。警察に通報しないってなって、作戦失敗。野球辞めたいのに、お母さんもコーチも辞めさせてくれない。問題起こせばクビになるから」「野球をするのは嫌なの?」「お金がかかる。ユニホームや合宿費、道具とか、遠征費。大阪の高校からスカウト来てるけど私立でお金がかかる。母さんがかわいそうだよ。綺麗な手だったのに、今は手を真っ黒にして働いてる。僕が野球を辞めれば、無理して働かなくていいし」。母思いの健太。マリコは「グローブには何を塗る?」と聞くと「普通は専用のグリース。でも赤宮のおじさんは」。

赤宮は「木蝋で磨くのは私ぐらいでしょうね」。自宅ガレージにあるグローブを、被害者が触った可能性がある。被害者の下足痕がガレージから見つかる。しかし、出て行く方向の足跡がない。「殺害現場はこのガレージだった」とマリコ。

科捜研の女21   【科捜研の女21】4話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が靴磨きに挑戦!

被害者に脱税指南で脅されていた

蒲原刑事と赤宮家へ。「陽介さんは、ビリヤードバーに行ったことありますよね。脱税の手助けをした相手と飲みにいったでしょ」と蒲原。しかし、母は「この子は税理士よ。失礼だわ」「証拠ならあります」というマリコ。横沢のスマホがガレージから見つかり、陽介が店で脱税指南する動画撮影されていた。横沢が撮影していたもので「それをネタに恐喝してきたんですよね。あなたがた全員に」。「なんで捨てなかったのよ」と怒る遥。遥が明里の店に行ったのは、凶器を手に入れるためだった。そして、母とガレージで話している際に、横沢はグローブをさわった。その時、背後から遥が凶器で殴りつけたのだ。明里の店に戻り、凶器を戻し、夜には店に遺体を運んだ。

犯人はまさか!家族ぐるみで

「明里さん、あなたの持ち物を凶器に使ったのは実に身勝手な動機でした」と土門。遥は「横沢は上杉さんに頼れなくなって、うちにたかってきた。だから上杉さんにも責任があると思って」と供述していた。

「無実のあなたを疑って申し訳無かった」「いえ、私も。まさか息子がなんで万引きなんか」。

するとマリコは「あなたのためです。お母さん思いのいい子。でも誤解してるみたいです。健太くん、野球の試合に負けた日は足が重く感じるでしょ。でも、翌日靴がキレイに磨いてあると体のなかのドーパミンが出てくる気がしない?神経伝達物質。これから何かいいことが起きるんじゃないかと思う時に、出てきてやる気を引き出すの。健太くんは、お母さんが無理して仕事をしてると言ってたけど、私はそうじゃないと思うの」

明里は「お父さんがよく言ってたの、私がシューズを磨いているときキレイに磨いてあると、よし頑張るぞという気持ちになれる。その言葉を思い出して、お父さんのお葬式の前に自分の靴を磨いてみたの。不安でたまらなかったの。でも、よし頑張るぞ、って思えた。あの時のお母さんのような気持ちにみんながなってくれたら。そう願いながら磨くのは楽しいのよ」。土門も「俺も磨いてもらった時、スキップしたくなった」「人を笑顔にする仕事。健太くんの好きなことってななぁに?」「野球!練習行ってくる」。

科捜研の女21   【科捜研の女21】4話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が靴磨きに挑戦!

【科捜研の女21】4話の感想、まとめ

今回は靴磨き職人にスポットを当てた回でしたね。なんでもやっちゃうマリコさんが実際に靴磨きにチャレンジ。音月桂さんに弟子入りして、土門刑事の靴をピカピカに。最後は親子のホロリとする話で。それにしても、今回は意外な犯人でしたね。大の阪神ファンで知られるダンカンさんがグローブを磨く姿もサマになっていました。

【科捜研の女21】次回、5話は11月18日(木)の放送です!

記事内の画像出典:テレビ朝日公式サイト

コメント