【わたしの一番最悪なともだち】30話ネタバレ・感想|ほたる(蒔田彩珠)と美晴(髙石あかり)の対峙が圧巻!

わたしの一番最悪なともだち30話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

ほたる(蒔田彩珠)と美晴(髙石あかり)の対峙が圧巻!

【わたしの一番最悪なともだち】29話が10月10日(火)に放送されました。
(再放送:10月14日土曜午前0時5分)
笠松ほたる(蒔田彩珠)は、ついに鍵谷美晴(髙石あかり)に、就活のエントリーシートに美晴のプロフィールを書いてしまったことを打ち明けます。
「出てって」と言われ一度美晴の家を出たほたるは、もどって改めて謝罪するのですが…。
緊迫した空気の中の二人の心情が胸に迫ります。

それでは【わたしの一番最悪なともだち】30話のネタバレ、感想をお届けしていきます。

【わたしの一番最悪なともだち】キャストと相関図!友人の仮面をかぶって就活する主人公に蒔田彩珠!
8月21日スタートのNHK夜ドラ【わたしの一番最悪なともだち】は、自分を偽り、友人の仮面をかぶって就活する女性をリアルな世界観で描く繊細な青春ドラマ。蒔田彩珠・髙石あかりなど瑞々しいキャスト陣を紹介します。
【わたしの一番最悪なともだち】ネタバレ・あらすじを最終回まで!幼なじみは天敵?自分の理想の姿?
幼なじみに複雑な思いを抱く笠松ほたる(蒔田彩珠)の就職活動や社会に出てからの姿を通して青春を瑞々しく描く【わたしの一番最悪なともだち】のネタバレとあらすじを最終回までご紹介します。

【わたしの一番最悪なともだち】30話のネタバレ

今回はほたるの視点で

笠松ほたる(蒔田彩珠)は、酔っぱらって鍵谷美晴(髙石あかり)の家に連れてきてもらった夜、3年前就活のエントリーシートに美晴のプロフィールを書いたことを打ち明けた。
「わたし、就活の時エントリーシートにあなたのこと書いた。鍵谷美晴さんを奪った…」
美晴は「出てって」と言う。

あれっ?29話と全く同じ始まり方なんだけど!台詞も、上から二人をとらえる構図も。

同じシーンだけど29話では美晴の視点、30話ではほたるの心の内を追っていくみたいよ。心憎い演出だわ。

一度は出て行ったけれど

ほたるは美晴の家を出て、暗い夜道を歩いていった。
ベンチに座ってバスを待っていたが、出てってと言われるがまま出てきてしまった自分に腹が立ってきた。
ふと、高校で美晴と出会った時に逃げようとした自分を思い出して自問する。
「また逃げるの?ずっと逃げるの?」
バスには乗らず美晴の家に戻ることにした。
「どんなに拒絶されても向き合わなきゃダメだ」

チャイムを鳴らすと美晴が出て来た。
緊張する二人。
ふとほたるの口から出て来た言葉。
「トイレットペーパーと醤油…貸して」
「それ、わたしの台詞なんやけど」
美晴の表情が少しだけやわらかくなり、部屋に招き入れてくれた。

わたしが知ってる笠松さん

ほたるは「本当にごめん」と謝ったが、美晴からどんなことを思ったらよいのかわからない、奪ったとはどういうことなのか教えてほしいと言われて、就活がうまくいかなかった時のことを話し出す。
こんな自分だったら良いのにと思っている人のことをエントリーシートに書いたと説明すると、美晴から「なんでわたしなん」と聞かれる。
ほたるは、誰も不幸にしないで物事を解決する美晴、人知れず努力して人の一歩先で輝く美晴がずっと羨ましかったのだと話した。
「羨ましかったら、何してもいいの?人の個性、利用してもいいの?」
そう言ってから美晴はすぐ「違う違う」と首を振る。
「そういうことしちゃうくらい追い詰められてたってことなんよね」
でも、やはりわからないと美晴は言った。
「ずるいって言うか、そういうことするの、わたしが知ってる笠松さんじゃ…」
そこまで言いかけて黙った美晴に、苦しそうな顔でほたるは言う。
「わたしは、ずっとわたしよ…。ずっと見抜いてたんよね。だから言ったんよね。変わったけど変わってないって」
大きく目を見開く美晴。

「うん」しか言ってくれない

「本当にごめん」と言って帰ろうとするほたるだったが、美晴はもう遅いからと泊めてくれた。
翌朝、美晴の洋服を借りて家に帰ることに。
「ありがとうございました」「うん」
「あの…本当に帰ります」「うん」
「これ、洗って返します」「うん」
「じゃあ」「うん」

実家に帰って、自分の服に着替えるほたる。
「何やってんの…わたし」

【わたしの一番最悪なともだち】30話の感想

圧巻の二人芝居

ほたるが謝れば謝るほど、説明すればするほど、美晴は傷ついていくようでした。
それを感じ取るほたるがどんどん消え入りそうになっていく…。
蒔田彩珠さんと髙石あかりさんの演技は、重い空気と繊細な心の動きを痛いほど伝えて圧巻でした。
全てを台詞で埋めるのではなく、音のない時間を大切にしているドラマだなと感じます。

お互いを理想像にしていた二人

ほたるは美晴の仮面をかぶって就活してしまったことを打ち明けた後、美晴の服を着て家に帰ります。
鮮やかな色と柄の服はいかにも美晴の個性にぴったりで、ほたるには似合っていませんでした。
仮面をかぶっていても服を借りても、やっぱりほたるはほたる。
まだほたるは、美晴の気持ちを理解していないんですよね。
美晴を理想像にしていたほたる。
ほたるになら甘えられると思っていた美晴。
人と人がわかり合うことって本当に難しい。
だけど、だからこそ、二人のこれからに期待したいと思います。
「変わったけど変わっていない」という美晴の言葉の真意がほたるに伝わりますように。
いよいよ残り2話です。

31話は10月11日(水)午後10時45分からです。どうぞお楽しみに!

記事内画像出典:わたしの一番最悪なともだち 公式サイト