【初恋の悪魔】7話のネタバレと感想!星砂が残した手紙に視聴者大号泣!

初恋の悪魔 ネタバレ07

【初恋の悪魔】7話ネタバレと感想!星砂が残した手紙に視聴者大号泣!

【初恋の悪魔】7話が2022/9/3(土)に放送。

新たな殺人事件が発生。4人は容疑者のアリバイを証明するために久々に推理。

ラストに蛇女になる前の星砂が悠日に残した手紙が登場。大号泣すること間違いなし。

今回の記事では【初恋の悪魔】7話のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【初恋の悪魔】配信情報

【初恋の悪魔】放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【初恋の悪魔】7話のネタバレ

新たな事件が発生

鈴之介()の自宅にやってきた悠日()は星砂()と再会。だが、彼女は別人格(蛇女)となっており、悠日は動揺を隠せない。

琉夏()は仲が良さそうな2人を見て、悠日を裏切ったとする。

鈴之助が説明しようとするが、電話で新たに発生した殺人事件の捜査への呼び出しを食らう。

被害者は大学生の望月蓮

全身には無数の刺し傷

遺体は濡れており、靴はなし

状況は5年前、3年前に発生した殺人事件と同じだった

さらに鈴之助と渚()は現場で女性のネイルを発見する。

鈴之助の自宅にて。森園()は連続殺人の“第3の事件”とする。星砂(蛇女)も真犯人を見つけて、リサ(満島ひかり)の無実を証明する、と意気込む。

失意の悠日

悠日は署長の雪松()を殴ったことで自宅謹慎処分。星砂も自分から離れてしまったので悠日はうなだれる。

そんな悠日を琉夏は心配して慰める。

悠日は「彼女は悪くない、きっと戻ってくる」と信じていた。

一方、鈴之助と星砂(蛇女)は事件の情報を調べる。星砂(蛇女)はリサの無実を証明できれば自分は消えてしまってもいい、とする。

有力な容疑者

そんな中、2人は被害者の恋人の大学生・桐生菜々美(あかせあかり)が事件前にネットに上げた動画を発見。彼女のネイルは現場に落ちていたものと同じだった、

菜々美は死亡推定時刻にひとりカラオケをしていて、その途中でカラオケ店に居合わせた同じテニスサークルの仲間5人と話した、とアリバイを主張する。

だが、サークル仲間と店員は菜々美とは会っていない、と証言、彼女のアリバイは不成立。

県警の捜査一課は菜々美を有力な容疑者とする。このままいけば逮捕されるだろう。

複雑な三角関係

翌日、悠日は鈴之助の自宅へ向かい、今一度星砂(蛇女)と話をする。

星砂(蛇女)は悠日に対して特に思い入れは無かったが、悠日の星砂への想いは変わらない。

悠日は星砂(蛇女)が殉職した朝陽(毎熊克哉)のスマホを持っているのを発見。

星砂(蛇女)は朝陽と話をした時に怪しかったので盗んだと認める。だが、悠日に返すのは拒否する。

「彼はリサを殺そうとした。貴方は弟だから」と声を荒らげる星砂(蛇女)。むしろ悠日を避ける理由は十分だ。

そこに鈴之助が帰宅。星砂(蛇女)は鈴之助に助けを求めるように抱きつく

鈴之助は悠日に「そろそろ(彼女は別人格)と理解して欲しい。頼みます」と頭を下げる。

悠日は「はい……」と力無く答えることしか出来なかった。

帰宅後、悠日は星砂が残していったスカジャンを抱きしめる。

証言が食い違っていた理由は?

翌日、菜々美の自宅から凶器が発見され、逮捕は目前。後は県警の捜査一課の仕事だ。

鈴之助の元に琉夏がやってきて「悠日が解雇された」と告げる。さらに「彼女を(悠日)に返してやって欲しい」と頼む。

「今は(事件の捜査)でそれどころじゃない」と鈴之助。ならば再び4人で自宅捜査会議を開くことになった。

菜々美の証言

  • 事件前日20時頃、菜々美は一人でカラオケボックスへ
  • 当日、空いていた部屋は4番と9番
  • 菜々美は9番の部屋に入った
  • 21時頃、トイレにいった菜々美はテニスサークルのメンバーと遭遇、話をした
    →メンバーはテニスのラケットではなくラクロスのラケットを持っていた
  • 部屋に戻った菜々美は再び歌い始め、動画を撮影
  • 21時35分、被害者から別れ話のメールが届く
  • 21時40分に退店、自宅で被害者を待っていたが来なかった

テニスサークルのメンバー5人の証言

  • 8番の部屋に入り、ミラーボールが光る中カラオケを楽しんだ
  • 途中、桃アレルギーを持つ1人が桃の飲み物を飲んでしまい、大騒ぎに
  • 20時頃に退店し、菜々美とは会っていない

菜々美の証言が本当だとするとサークルのメンバーと店員は嘘をついていることになる。ならばどうして?

星砂は桃の飲み物に注目。カラオケ店にある桃の飲み物はスパークワインだけ。

琉夏はミラーボールがあるのは8番ではなく、10人入っていた5番のみ、と指摘。

さらに鈴之助は大学にはラクロスサークルはなく、付属の高校のみ、と突き止める。そして、ラクロス部の女子高生が制服のままカラオケを楽しんでいる動画を発見する。

これらの事実から4人はある結論にたどり着く。

テニスサークルのメンバー5人は5番の部屋で女子高生たちと飲酒をしながらカラオケをしていた

店も未成年がいるのを黙認して酒を提供。店員とメンバーは発覚を恐れて菜々美と会っていないと証言したのだった

店員とメンバーを問い詰めれば菜々美のアリバイは証明できるだろう。

7話の結末 星砂からの手紙

推理が終わり、悠日は星砂(蛇女)が髪をかきあげる仕草を目撃。星砂のことを思い出す。

悠日は「帰ってくるって約束しましたよね?僕はずっと待っています。大好きです」と訴える。

だが、星砂(蛇女)は「私ではないので」とそっけない態度。

悠日「貴方のせいでしょ!出ていって下さい!貴方はそこにいちゃいけないんだ!!」

と悠日は熱くなり、星砂(蛇女)に掴みかかろうとする。

「この人に触るな。いや、触らないでくれ」と鈴之助が悠日を静止する。

翌日、雪松の元に森園が訪ねてくる。将棋を指しながら森園は過去に起きた2つの事件について探りを入れる。ともに雪松が指揮を取っていた。

一方、悠日は月(田中裕子)の元へ向かい、「彼女を取り戻す方法を教えて下さい」と頼む。

月は星砂がベッドの下に残していた悠日宛の手紙を渡す。星砂は自分がいなくなった時に備えていた。

1つ、どうしてこうなったのか考えるのは止めてくれ。最もな理由を付けられるのは嫌いだ。

2つ、寂しがるのは程々にしておけ。スプーン1杯の思い出だけを覚えていてくれ。

3つ、泣くんじゃねーぞ。

アホの星砂より。

ぶっきら棒だけども温かい、星砂のままだ。手紙を読んだ悠日は涙を流し、それを必死に堪えるのだった。

一方、車に乗り込んだ雪松はどこかに電話を掛ける。「きょうこ、すぐに帰る。なんとか片付いたよ。やっと終わったんだ……」と雪松は涙を流しながら、電話をするのだった。

【初恋の悪魔】7話のレビューと感想

星砂の手紙に大号泣

切な過ぎる【初恋の悪魔】7話。

星砂の悠日への手紙に「私も泣いています。早く続きを見せてくださいよ」、「星砂の手紙、涙腺終わりそう」と視聴者は大号泣。

星砂への想いが爆発してしまい、星砂(蛇女)を強く非難する悠日。星砂(蛇女)の存在を否定し最も傷つける言葉ですが、仕方ない。星砂とはスプーン1杯には収まり切らない沢山の思い出があったから

鈴之助は星砂(蛇女)でも彼女の全てを受け入れている。

悠日も星砂も鈴之助も誰も悪くない。悪いのは保身の為に嘘の証言をした店員と大学生たちだけです。

雪松署長の目的は復讐?

一方、雪松署長も何か悲しみを背負っている様子。「きょうこ」という人物に電話を掛けましたが電源が入っていない。「きょうこ」はもう死亡している可能性が高いです。

一連の被害者たちの共通点

  • 5年前の被害者:中学生
  • 3年前の被害者:高校生
  • 現在の被害者:大学生

被害者たちは生きていれば同年代となります。

署長は大学生くらいの子供がいてもおかしくない年齢。「きょうこ」署長の亡き娘。被害者たちにいじめられて自殺。復讐をしたのでしょうか?

それと森園(ヤスケン)が署長に消されないか心配です。

あかせあかりが熱唱

ゲストの菜々美を演じているのはあかせあかりさん。

Twitterのフォロワー数31万人を超える人気のTikToker(ティックトッカー)、コスプレイヤーです。

作中でも力強い歌声を披露されました。

あかせあかりが歌った曲

  • 1曲目:坂本冬美「天城越え」
    琉夏「1曲目から重いな。」
  • 2曲目:坂本冬美「夜桜お七」
    琉夏「年の瀬感がすごいな。」
  • 3曲目(動画):FRUITS ZIPPER「わたしの一番かわいいところ」
    琉夏「天城を越えてずいぶん遠くに来たもんだ。」

【初恋の悪魔】7話の視聴率

【初恋の悪魔】7話の視聴率は4.2%でした。

次週予告

次回から【初恋の悪魔】は最終章に突入。事件の真相は?4人の初恋はどうなるのでしょうか?

2022/9/10(土)22:00~の放送をお楽しみに。

6話<< >>8話

コメント