【初恋の悪魔】2話のネタバレと視聴率!仲野太賀の圧巻の演技に視聴者号泣!

初恋の悪魔 ネタバレ02

【初恋の悪魔】2話のネタバレと視聴率!の圧巻の演技に視聴者号泣!

【初恋の悪魔】2話が2022/7/23(土)に放送。団地で発生した不可解な殺人に4人が挑む。

さらに兄の最後の言葉を通じて悠日()の内面が掘り下げられる回。クライマックスにおけるの圧巻の演技に号泣すること間違い無し。

今回の記事では【初恋の悪魔】2話のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【初恋の悪魔】配信情報

【初恋の悪魔】放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【初恋の悪魔】2話のネタバレ

悠日(仲野太賀)に恋人が

ある日、悠日()は恋人の結季(山谷花純)と結婚について話す。

結季は結婚したら悠日に仕事を辞め、専業主夫になって欲しいと願っていた。

結季はお嬢様で自分とは身分違い。それが分かっている悠日は彼女の考えに従う。

悠日は、鈴之介()に近々結婚することを告げる。

鈴之助「脳内の恋人と(結婚)か?」

悠日「現実の恋人です。」

鈴之助は「恋愛は苦しいもの。もはや人類には害悪」と偏った持論を展開。「君は近々もう恋愛なんかしたくない、と言うだろう」と予言する。

悠日は「鈴之助さんだって星砂()さんが気になっているのでは?」と指摘。

鈴之助は「恋ではなく、殺意だ」と否定する。

団地で殺人事件が発生

一方、刑事課では団地で起こった殺人事件の捜査。

  • 被害者はベテラン芸人の夕紀夫(内藤トモヤ)
  • 自宅の前の廊下で胸にハサミを突き立てられて死亡
  • 住民たちは「人殺しだ」と助けを求める声を聞いて避難
  • 犯人の姿を見た人はいなかった
  • 第一発見者で長年コンビを組んでいた弟の日出夫()が容疑者に浮上
  • 日出夫は事件発生後にエレベーター前の監視カメラに映っており、アリバイがある

事件の話を聞いた悠日は自分と兄・朝陽(毎熊克哉)との関係を思思い起こす。

兄は優秀な刑事なのに対して自分は落ちこぼれ。兄と自分では心臓と盲腸ぐらい違う。

両親も自分には期待していなかった。

新人刑事の渚()は手がかりを得るため、一人徹夜で監視カメラを確認。

琉夏()はそんな渚が心配で堪らない。いつもの流れで鈴之介、悠日、星砂、琉夏の4人で自宅捜査会議が開かれる。

鈴之助は大のハサミコレクター。ハサミが凶器と聞いて大興奮。芸でハサミを使っていた日出夫が犯人と決めつける。

琉夏は短絡的とし、喧嘩に発展してしまう。星砂は椅子を抱えあげて2人に迫る。

星砂「仲直りの握手しろや。」

鈴之助と琉夏は従うしか無かった。

その後、鈴之助は監視している森園()と道で遭遇。彼は燃えないゴミの日をきちんと守る常識的な人間だと知る。

結季の浮気が発覚

悠日は帰り道、結季が他の男と抱き合っているのを目撃。彼女と話をする。

結季は「オープンマリッジ。結婚後もお互いを独占せずに自由であるべきよ」と自分の浮気を正当化。

悠日はしばらく沈黙したが、「そうだね」と彼女の考えに従う。

その後、悠日は資料室で兄からの最後の留守電を聞き直し、涙する。その後、悠日は退職届を作成する。

翌日、渚の調べで弟の日出夫が兄から大金を借りトラブルになっていた、と判明。日出夫には殺害する動機があった。

悠日は琉夏と星砂に結婚して仕事を辞めることを告げる。(結季の浮気を一緒に見ていた)琉夏は「それで本当に幸せなの?」と問いかける。

「それで幸せです」と答える悠日。

推理開始

その後、3人は元監察医の月(田中裕子)に事件の相談。月は肺にハサミが刺さっており、これでは叫び声は上げられない」と指摘する

団地の模型を作って、鈴之助の家で自宅捜査会議。

事件発生時の状況

  • 16:15 事件発生、住民は被害者の叫び声を聞いて逃げる
  • 16:18 弟の日出夫がエレベーターで6階へ、被害者の遺体を発見
  • 16:30 通報を受けていた警察が到着
  • その間、エレベーターは動いておらず日出夫のアリバイが成立
  • 非常階段は住民のたまり場、事件発生前に日出夫が誰にも目撃されずに6階に行くのは不可能
  • 6階でアリバイが無いのは小学生の男の子だけ

鈴之助は世界最年少の殺人犯、と主張。

琉夏は借金と芸人として優秀は兄への嫉妬が動機、と主張。

悠日は「羨ましいとか、ずるいとか、動機は誰だって持っています。」と珍しく声を荒らげる。

事件はまだ起こっていなかった」と鈴之助。そこから4人は真相にたどり着く。

事件の犯人

犯人は弟の日出夫。まず彼は「殺される」と叫んで住民たちを遠ざけた。

エレベーターで被害者の部屋に向かい、出てきたところを殺害。

その直後に警察が到着。こうして日出夫はアリバイを手に入れた。

琉夏はいつものように渚に真相を伝えに向かう。

一方、悠日は「兄弟の仲が戻れる可能性は無かったのか?」と嘆く。

悠日が兄と話したかったこと

その夜、悠日は星砂に自分の身の上話。悠日は父と兄の背中を追い、警察官になろうとした。

だが、警察学校のシゴキに耐えられず、半年で脱落。警察職員になることで親になんとか許して貰った。

さらに兄の死について。3年前、朝陽は強盗を追っていた際にビルから転落し、死亡。

悠日は事件前日に兄から掛かってきた電話に出なかったことを今でも後悔していた。兄と話すと自分のダメさを思い知るから。

それでも悠日は「俺を笑うな!バカにすんな!!」と自分の思いを星砂にぶつける。

星砂は「話したいことがあるなら電話に出な」と促す。

悠日は兄の留守電に返事をしていく(記事の後半で詳しく)。今まで話せなかった思いを口に出す事ができ、悠日は嬉し泣き。

第2話の結末

別れぎわ、悠日は星砂に「兄のことを知っていましたか?」と尋ねる。以前(第1話)で星砂が捜査資料を調べていたから。

星砂は「分かんね」と言い残して去っていった。

翌日、悠日は兄の事件の資料を読み返す。そこに所長の雪松()がやってきて、「朝陽のスマホが見つかっていない」と告げる。

一方、星砂は自宅でバナナのシールが貼ってあるスマホを見つめる。(朝陽のスマホ?)

嵐の夜、鈴之助は森園を監視をやめようとする。が、1回の窓ガラスが割れる。その直後、ドアを叩く音が。

鈴之助が確認すると手にスコップを持ち、額から血を流した森園が玄関先に立っていた。

【初恋の悪魔】2話のレビューとまとめ

仲野太賀に演技に号泣

【初恋の悪魔】2話の見せ場は悠日()が兄・朝陽の留守電に返事をするシーン

あの時、電話に出ていれば兄は死ななかったのではないか、と悠日はずっと後悔。

長らく出来なかった兄との会話をしたことで少しづつでも前向きになれた様子。

悠日と朝陽が会話をしているようにまとめました。

朝陽「別に用がある訳じゃないんだ。最近会って無いからさ。元気にしているか?」

悠日「いつもこんな感じだよ。」

朝陽「あんまり俺と話したくないか。ゴメンな。」

悠日「俺も兄ちゃんと話したいを思っていたけど。だから、2人で家出した時のことだよ。」

朝陽「覚えているか?昔、よく2人でバナナのシール集めたな。電車乗って家出したの楽しかったな。」

悠日「覚えているに決まっているだろ。バナナのシール集めたらハワイに行ける噂、本気にして。」

朝陽「元気でな。じゃ。」

悠日「まあね、元気。元気だよ。仕事は......なんとかやっているよ。そっちはどうなの?お兄ちゃん。元気にしている?」

引用:【初恋の悪魔】第2話

第2話最大の見せ場をさんは見事に演じきってくれました。

その圧倒的な演技力に引き込まれ、涙が止まりませんでした。

【初恋の悪魔】2話の視聴率

【初恋の悪魔】2話の世帯平均視聴率は3.9%(関東地区、速報値)個人視聴率は2.2%でした。

裏が劇場版【コード・ブルー】だったので苦戦した様子。

次週予告

次回の【初恋の悪魔】は不可解な万引事件が発生。地域課の星砂が主役の回です。

2022/7/30(土)22:00~の放送をお楽しみに。

1話<< >>3話

コメント