【ファーストペンギン】1話!和佳(奈緒)の啖呵「スカッとジャパン」みたいに気持ちいい!

10月5日(水)よる10時スタート 日本テレビ系新水曜ドラマ(毎週水曜よる10時放送)「ファーストペンギン!」。
主演は「半分、青い。」や「あなたの番です」など、幅広い演技で定評のあるさん。

海の男たちに立ち向かう主人公・和佳の姿に「スカッとした!」「カッコいい!」と視聴者はハートを掴まれたようです。

【ファーストペンギン】1話『海辺にポツン 漁港を救え!!ママが浜のボスに!?感動の実話 爽快ドラマ化』のネタバレと感想!

【ファーストペンギン!】1話からhuluで配信中です!

日テレドラマ

【ファーストペンギン】1話ネタバレ

崖っぷちシングルマザー

寂れた港町・汐ヶ崎に人生崖っぷちのシングルマザー・岩崎和佳(と息子・石塚陸翔)の姿があった。
目の前で漁師らしき青年が、中年男性たちに囲まれ謝罪している。どうやら青年・太一(ニシダ・コウキ)が借金返済の為に会社の金庫の金を盗んだらしい…。
この港は昔は活気にあふれいたが、近年は満足に漁師に給料も払えず、漁師の数が激減しているようだった。

和佳が住み込みで働くことになったホテルで地元漁協の組合長・杉浦久光(梅沢富美男)の古希を祝う宴会が開催された。
女将(伊藤かずえ)から副業の許可を得ていた和佳は、宴会の客にも名刺を渡し仕事をもらおうと必死だった。
和佳から名刺をもらった「さんし船団丸」の社長・片岡洋(は、和佳に亡くなった妻・みやこ( 中越典子)の面影を感じ、仕事を依頼することにした。

1万円で浜を立て直し

ファーストペンギン 奈緒と堤

お化け屋敷のように廃れてしまった港を、かつての活気を取り戻したいと熱弁する片岡。
あまり乗り気でない和佳だったが、若手漁師・永沢一希(が出した魚を食べていた進の様子を見て、驚く。
大の魚嫌いの進が「美味しい!」を連発して魚をパクパク食べていたのだ。
和佳もアジやサバを食べてみたが「私が今まで食べていた魚は何だったの?」と思うような美味しさで驚いてしまった。

今一つ納得のいかない和佳だったが、片岡の熱意に押される形で浜の立て直しを引き受けるのであった。

実は、この時のさんし船団丸の経営状態は、つぶれない方がおかしいほど負債を抱えていたのだった。

漁協に逆らうなんてありえない

ファーストペンギン 堤と吹越と梶原

東京に住む友人・琴平祐介(にさんし船団丸の依頼の件を話しよいアイデアが浮かばない、と溢す和佳。
「儲かる仕組みをかんがえ、報酬をもらい、役員になれば大きな利益を生むかもしれない。」と琴平にアドバイスをもらい、和佳は魚の市場価格を調査することにした。
販売価格は中間業者の利益が上乗せされるため、漁協を通さず漁師が直接市場に販売すれば収入が大きく増える。

そこで和佳は「さんしのいきいきお魚ボックス」という漁協を通さない魚の直販ビジネスを提案した。
漁協を通さなくても、法的な問題は全くない。

しかし、さんし船団丸の片岡をはじめ、磯田高志(山中篤(は「漁協を通さないなんてありえない。」と反論する。

結局これまでの慣習を変えようとしない彼らに和佳はイラだち「この話はなかったことにして下さい。」と片岡に1万円をたたき返した。

過去のトラウマ

ファーストペンギン 奈緒(高校生)

和佳は高校の時と同じだと思った。
和佳が高校の時、生まれつき髪の色が茶色い転校生がいたが、学校から髪を黒く染めるように言われていた。
校則にも規定はないのに、理不尽ではないかと教師に抗議したが軽く流されて終わった。
ホームルームで話し合いの場が持たれたが、和佳以外は誰一人として教師に反論せず、該当の転校生でさえ「そんなことは頼んでいない。」と言う始末。
結局、和佳一人が勝手に騒いだだけ、ということになってしまった。

古い慣習を変えたいが、自分の立場を守るために従う、でもそれでは何も変わらないのだ。

国が応援してくれるなら

ファーストペンギン 松本若菜

和佳の話を聞いた琴平は、漁協がダメでも国が支援するならどう?とアドバイスする。和佳は「6次産業化」の事業認定制度の存在を知る。
「6次産業化」とは漁師(1次産業)たちが、自ら加工(2次産業)販売(3次産業)までを一貫して行う、という正に「お魚ボックス」に打ってつけの産業なのである。

しかし、6次産業化の申請をするには地元の漁協の承諾を得なくてはならない。
それならば、と漁協を取りまとめている統括支店長(伊沢弘)を根気よく説得し、承認を得て判を押してもらうことが出来た。

その次の市役所、県庁も「統括支店長の承認があるならば」とスムーズに判を押してくれた。

最後の砦、農林水産省の窓口担当者・溝口静(
「水産は極端な男が多い業界なのに、ここまでたどり着いたのが女性だったとは。」と驚きを隠せないようだった。
こうして和佳は国の認定を得ることが出来たのだった。

「クソ」と「タコ」

ファーストペンギン 奈緒と堤真一

認定証を見せ、6次産業化は国が応援してくれる制度であり「お魚ボックス」は将来性や安全性を語る和佳に片岡も賛成し、新たな一歩を踏み出そうとしていた。

そこに組合長・杉浦が6次産業化申請の話を聞きつけ、怒鳴り込んできた。
片岡は杉浦の激高ぶりにすっかり委縮し、手のひら返し「和佳が勝手にやった」と言い出す。
片岡の変わり身の早さに、和佳の脳裏に高校の時のトラウマが思い出される。
「ああ、あの時と同じだ…。」

怒りが頂点に達した和佳は片岡を「クソ」、杉浦を「タコ」と呼び罵る。

和佳に罵倒された杉浦は、今後は燃料も氷も出さず、魚も買い付けない!と一切の関係を断つように言って去っていった。

漁協からの支援がなければどうにもならない、と怒る漁師たちに和佳はどう対処していくのか?

【ファーストペンギン】1話感想

奈緒さんの切れ具合にスカっと!

可愛らしいさんが、ド迫力の山口弁で叔父さま達に啖呵を切るシーンはスカッとしました!
「スカっとジャパンを見ているよう」「キモチイイ!」という声が多数でした。

ブチ盛り上がるリョクシャカ

緑黄色社会の「ミチヲユケ」の力強さが、主人公・和佳のイメージにピッタリ!
早くフルで聞きたいですね。

【ファーストペンギン】1話見どころ

ナレーションは10年後の進

ドラマでは10年後の進が、10年前を振り返りナレーションをしている、という設定になっています。
和佳の苦労を1番そばで見守ってきた進の視点から母の心を代弁し、進のもっている絵本「ペンペンの大冒険」でタイトルにもなったファーストペンギンについても説明しています。

絵本「ペンペンのだいぼうけん」について詳しくはコチラ

声の担当は城桧吏(じょうかいり)

ジョウカイリ

城桧吏(ジョウカイリ)さんは2006年9月6日生まれの16歳です。

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した映画「万引き家族」で一家の長男役を。
2021年には、映画「都会のトム&ソーヤ」で初主演。
今年公開の映画「ゴーストブック おばけずかん」でも主人公を務めた新進気鋭の若手俳優。
話題の映画・ドラマ・CMにも多数出演していますが、ナレーションは今回が初めてだそうです。
これからのさらなる活躍が期待されそうなので、要チェックです!

【ファーストペンギン】1話まとめ

【ファーストペンギン】1話いかがでしたか?
和佳が汐ヶ崎に移り住み、さんし船団丸の漁師と出会い、浜の立て直しを依頼され奔走した1話はテンポよく話が進み、あっという間の1時間でした。
「長い物には巻かれろ」という古いしきたりは捨て、新しい一歩を踏み出す主人公・和佳の強さにワクワクしました。
片岡や組合長に啖呵を切ったとき、和佳自身の高校時代のトラウマを振りきったのではないでしょうか。

しかし、組合長・杉浦に反感をかった和佳は、今後漁協に一切の支援を受けることが出来なくなってしまいました。
不安が募るさんし船団丸の漁師と協力して、前進することはできるのでしょうか?

次回は10月12日22時~の放送です。

画像出典:「ファーストペンギン!」公式サイト

          2話▶▶

コメント