【ファーストペンギン】2話!漁協組合長・杉浦(梅沢富美男)ハマリ役に「ムカツク!」の声

女優のが主演するドラマ『ファーストペンギン!』第2話が10月12日放送されました。
漁協のみならず、「さんし船団丸」の漁師も敵に回してしまう和佳…。

立場や利害を守るために岩崎和佳(を排除しようとする組合長・杉浦(梅沢富美男)のやり方に「梅沢さんキライになりそう」の声。

【ファーストペンギン】2話「海の男たちと決裂!?"魚の直販"大ピンチ!」のネタバレと感想!

【ファーストペンギン!】1話からhuluで配信中です!

日テレドラマ

【ファーストペンギン】2話ネタバレ

孤立する和佳

奈緒・堤真一・梶原善・吹越満

漁協の組合長・杉浦の怒りをかった和佳は片岡(たちさんし船団丸の漁師をも敵に回してしまった。
片岡・磯田()・山中(は杉浦に土下座し「お魚ボックス」はやらないと約束してしまう。
お魚ボックスの注文が入ったから、魚を分けてほしいと頼む和佳に協力してくれる漁師はいなかった。
漁師がダメなら仲買人に頼み、魚を手に入れるが、杉浦の手が回り買った魚は捨てられてしまう。

魚の仕入れ先を失った和佳に仲買人・重森梨花(という救世主が現れた。
梨花は和佳に魚の扱い方を教え、内緒で市場に出回らない魚を分けてくれた。

杉浦の圧力

電話する奈緒

杉浦の和佳への圧力はホテルにまでも及び、解雇されることになり住んでいた寮からも出て行かなければならなくなった。

更に農林水産省の溝口(から「お魚ボックスの認定取り消し」の事案があると知らされる。
統括支店長の「統括さん」(伊沢弘)が脅されて申請書に捺印したと言っているという。

実は統括さんは自らの浮気写真をネタに杉浦に「和佳に脅されたと言え」と証言させていたのだ。

和佳は直接、統括さんに事情を問い詰めるが「ごめん」と言って逃げられてしまった。

杉浦はあらゆる手を使い「お魚ボックス」の販売を阻止していた。

次から次と襲ってくる困難にさすが和佳の心も限界だった。

「女」を使って

松本若菜と奈緒

和佳から事情を聴いた琴平(渡辺大和)は流通に乗せる過程で魚に処置を行うこともあり、それが原因で魚が苦手になる子もいる、という話をした。
「お魚ボックス」なら早く消費者に届けられる、だから救われる人もいるかもいるかもしれないと和佳は「お魚ボックス」の可能性を感じた。

琴平に背中を押された和佳は農林の溝口の元を訪れた。
統括さんの証言撤回は難しい、ならば「女」であることを利用して認定を取り消させないようしようというのだ。

女性の活躍をスローガンに掲げる内閣にとって、女性を「6次産業化」の認定者第1号にすることはよいアピールになる。
現在、女性蔑視発言で責任を問われている農林水産大臣にとって、イメージ払しょくの為にとてもいい材料になる。

片岡が攫われる

その頃、片岡は杉浦の指示で県庁へと連れていかれてしまう。
和佳に騙されたと証言させ、認定を取り消させるためだ。

永沢一希(からの連絡で片岡拉致を知った和佳は、永沢も県庁に向かうように頼む

県庁の会議室では杉浦、統括さん、市、県の担当者が集まり、口々に和佳を非難していた。
片岡は立ち上がり和佳の資料を開き、「岩崎さんが考えてくれたコレは、誰も損をせん、みんなが幸せんなる、そういう商売なんです!」と説明した。

隣で聞いていた杉浦は「水産業界をめちゃめちゃにしたら、お前ら責任取れるんか!」「その覚悟はあるんか!」と反論。

そこへ突然、水沢が入ってきてテレビの電源を入れる。
テレビでは国会中継を放送しており、農林水産大臣が答弁しており、6次産業化認定の第1号として和佳を認定すると公言した。

大臣が全面的にバックアップしている和佳の認定を取り消すことはできない。認定取り消しの話はなくなった。

お魚ボックスいよいよ始動

奈緒と堤真一

和佳は杉浦に会い、再び杉浦を説得することを試みた。
「お魚ボックス」では従来の流通のはざまに落ちている混獲魚を積極的に取り合うので、魚のムダを削減し漁協にも手数料が入る。

「なるほどな、しっかりともうけてくれっちゃ。」笑顔で握手する杉浦。

今回の和佳の奮闘に共感を得た片岡は「お魚ボックス」を一緒にやっていく決意をする。
さんし船団丸の漁師に「お魚ボックス」の手順をレクチャーする和佳。
1日10箱の注文で、月に5万円の収入アップが見込める。
漁師に活気があふれ、やる気が漲っていた。

和佳がさんし船団丸の通帳を預ろうとすると、片岡は経理を和佳に任せるという。

港では、漁協を通さずにさんし船団丸が魚を打っていると漁師の中で話題になっていた。
納得いかない漁師が漁業へ行くと、杉浦が笑顔で出てきた。

「あの子は詐欺師なのかもしれん。」

次は一体何が起こるのか?

【ファーストペンギン】2話の感想

ファーストサマーウイカさんは心強い味方

アネゴ役がピッタリのさん。
さんと鈴木さんと共演した「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」でも、面倒見のよい喫茶店店主の役でしたね。
さんがいてくれると安心しますね。

梅沢さんの裏切らない「古タヌキ感」

最近はバラエティー番組やコメンテーターで見かけることが多い梅沢さんですが、1歳7ヶ月の時、初舞台を踏んだ役者さん。
憎たらしい古タヌキっぷりで「ムカつく」「嫌な奴」と散々なコメントが多数。
それだけ演技が上手ということですよね。

【ファーストペンギン】2話のまとめ

威勢よく啖呵を切ったものの、漁協からも漁師からも孤立してしまった和佳。
しかし、持ち前の機転の良さと行動力で乗り切りました。

農林水産省の溝口さん、仲買人の梨花、ママ友のそよ、女将、と和佳の頑張りを見てきた人は味方になってくれます。

組合長・杉浦がまた何か仕掛けてきそう…。

次回は10月19日の放送です。

画像出典:「ファーストペンギン」公式サイト

       ◀◀1話     3話▶▶

コメント