【夫婦が壊れるとき】7話の感想!陽子(稲森いずみ)が復讐不倫!?凪の姿に切ないの声!

夫婦が壊れるとき
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【夫婦が壊れるとき】7話の感想!陽子(稲森いずみ)が復讐不倫!?凪の姿に切ないの声!

【夫婦が壊れるとき】7話は、陽子(稲森いずみ)が基樹(内田朝陽)と食事に!

泥沼化する復讐劇、ついに陽子が不倫?

「稲森いずみが綺麗すぎ」「凪の姿に“切ない”」の声が!

日本テレビ【夫婦が壊れるとき】7話の感想を紹介します。

【夫婦が壊れるとき】原作ネタバレ!女医フォスター全話と感想!復讐の結末は?
【夫婦が壊れるとき】原作ネタバレ!女医フォスター全話と感想!復讐の結末は?ドラマ【夫婦が壊れるとき】のネタバレと原作『女医フォスター』のネタバレあらすじを紹介。稲森いずみ主演ドラマ【夫婦が壊れるとき】の原作は、イギリスのドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断(原題:『Docter Foster』)』。凄まじい復讐劇を描いたラブサスペンスです。

見逃し配信:【夫婦が壊れるとき】全エピソードは[ad_tag id="388548"]で配信しています。原作【女医フォスター】韓国版も視聴できます!

【夫婦が壊れるとき】7話の感想

【夫婦が壊れるとき】7話は、陽子が昂太の会社に乗り込むところから始まり、まさか陽子が不倫!?という展開です。

クズ夫の母も最低

陽子は昂太の母(松本留美)に、昂太の浮気と妊娠の件を伝えるのですが、この母が「昂太を許して」と陽子にすがります。自分の息子のことしか考えていない母に非難の声が殺到!

稲森いずみさんが綺麗すぎ!

陽子に気がある基樹(内田朝陽)は、陽子を食事に誘います。陽子はその誘いに応じレストランに。その時の稲森いずみさん演じる陽子のドレスアップ姿が話題です。毎話、稲森いずみさんの美しさが話題になりますが、今回もしかり。黒のドレスが滅茶苦茶お似合いです。

凪に健気な姿に「切ない」の声!

凪は昂太の浮気を知っていました。だから「離婚しないでほしい」なんて言ってたんですよね。おくびにも出さない凪の姿が切ないです。子を思う親がいて、親を思う子がいる。
陽子はその事実を凪のスマホを見て知ってしまいます。気づかないフリをしながらも陽子が凪を抱きしめる場面があります。胸つまるシーンです。

いよいよ陽子が復讐不倫!?というところで終わった7話。次回は陽子が昂太をどんどんと追い詰めていきます。クズ夫をどこまで苦しめることができるのでしょうか。楽しみですね。

記事内画像:【夫婦が壊れるとき】公式サイト