【だが、情熱はある】9話のネタバレ!完コピされた「オードリー」のズレ漫才に涙!

だが、情熱はある ネタバレ09
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【だが、情熱はある】9話のネタバレ!完コピされた「オードリー」のズレ漫才に涙!

【だが、情熱はある】9話が2023年6月4日に放送されました。

  • 相方との仲が最悪な山里は大舞台で大失敗。
  • 若林はズレ漫才を完成させる。
  • 運命の敗者復活戦。「オードリー」の快進撃が始まる。

今回の記事では【だが、情熱はある】9話のネタバレと話題をお伝えします。

【だが、情熱はある】配信情報

【だが、情熱はある】は各話放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【だが、情熱はある】9話 山里編のネタバレ

最悪なコンビ仲

2006年、「M-1グランプリ2004」で結果を残し大ブレイクした山里。だが、注目されるのはいつも相方のしずちゃん(富田望生)ばかり。

山里はイライラを募らせ、コンビ仲は最悪だった

2人はマネージャーの高山三希(坂井真紀)から東京進出を打診される。活動拠点を移した方が伸びるから。

山里は彼女の丸山花鈴(渋谷凪咲)に東京進出を相談。凪咲は何を言えばいいのか分からなかった。

「南海キャンディーズ」は「M-1グランプリ2006」に欠場した。

山里は大きな舞台で失敗

そんな中、山里は日本アカデミー賞受賞者へのインタビューという大きな仕事を引き受ける。

だが、ボケは受けない、俳優のボケにはツッコ出来ないなど結果は散々。山里は高山と共に会場から逃げ帰る。

この出来事をきっかけに山里は東京進出を決断。花鈴に打ち明けようとする。

だが、花鈴の方から「私、イタリアに行きます」と先制されてしまった。

【だが、情熱はある】9話 若林編のネタバレ

若林はズレ漫才を思いつく

2006年、まだまだ売れない日々が続く「オードリー」若林正恭(高橋海人)。

若林は構成作家から「相方・春日俊彰(戸塚純貴)のツッコミはずれている」と指摘される。

トークライブを見返すと春日のツッコミは確かにズレていた。

若林はボケとツッコミを入れ替え、このズレを漫才に落とし込むことを思いつく

意気揚々と春日に説明する。が、「どういうことですか?」と伝わらなかった。

若林は彼女の橋本智子(中田青渚)に相談。「凄く面白いと思います」と言ってくれた。

その後、若林は春日にピンクベストを着せ、髪型もテクノカットに。春日を作り上げていく。

打ち砕かれた自信と希望

自信満々で「M-1グランプリ2006」に挑む若林。だが、結果は2回戦敗退。

若林は自信を打ち砕かれ、落ち込む。一方、春日はいつもの調子でへこみもしない。若林は「どうしたらいいのか分からない」と出て行ってしまう。

その後、智子から励まされる。が、若林は「それじゃダメなんだ!君に甘えていた!!」ときつく当たってしまう。

若林「俺は面白くないんだよ..。」

数日後、「オードリー」はオーディションに参加。審査員の大物芸人・渡辺正行(本人)の前でズレ漫才を披露。

その結果は上々。「スタイルはOK。もっと練り込んでいって」とアドバイスを受ける。

努力を認めて貰え、若林は嬉し泣き

9話の結末

2008年、「南海キャンディーズ」「オードリー」共に「M-1グランプリ2008」は準決勝敗退。

2組とも敗者復活戦に全てを賭ける。

山里はしずちゃんとネタ合わせ。そこで「なんでコンビを組んでくれているの?」と尋ねる。

しずちゃん「嫌いやけれども。私を面白くしてくれるから。」

「南海キャンディーズ」の出番が終わり、次は「オードリー」の番。磨き上げたズレ漫才で会場を沸かせる

そして、「オードリー」は敗者復活戦を制し決勝に進出。準優勝であったが新しいスタイルの漫才、春日のキャラは大きなインパクトを与えた

そして数か月後、若林と山里は出会い、「たりないふたり」を結成することになる。

【だが、情熱はある】9話の話題

「オードリー」のズレ漫才に涙

【だが、情熱はある】9話は「オードリー」が「M-1」で準優勝を果たすまで。

「南海キャンディーズ」の漫才と同じく、「オードリー」のズレ漫才がノーカットで放送されました。

息づかいや間も完璧。演じきった高橋さん、戸塚さんはすご過ぎます

成功するまでに多くの苦労を重ねた「オードリー」の2人。特に自信があったものがダメだった時のショックは計り知れません。

苦労した結果が出たズレ漫才に視聴者の涙は止まりません。

多くの芸人が登場

一方、山ちゃんは大舞台で大スベり。ラジオなどで「一番の失敗」と語っています。

山ちゃんのインタビューシーンなど、【だが、情熱はある】9話に多くの芸人が出演していました。

  • インタビュー1人目:りんごちゃん
  • インタビュー2人目:R藤本
    山里軍団の右腕。
  • インタビュー3人目:モーリー・ロバートソン
    芸人ではないですが「スッキリ」繋がり。
  • 審査をしていた大物芸人:渡辺正行
    本人役で登場です。
  • 警察官:柳沢慎吾
    「オードリー」の漫才が伏線だった。
  • 敗者復活戦の司会:「マヂカルラブリー」村上
    当時は敗者復活芸人の中にいた。

【だが、情熱はある】9話の登場人物

  • 若林正恭(高橋海人)
  • 山里亮太(森本慎太郎)
  • 島貴子(薬師丸ひろ子)
  • 高山三希(坂井真紀)
  • 谷勝太(藤井隆)
  • 若林徳義(光石研)
  • 若林知枝(池津祥子)
  • 若林麻衣(箭内夢菜)
  • 若林鈴代(白石加代子)
  • 山里勤(三宅弘城)
  • 山里瞳美(ヒコロヒー)
  • 山里周平(森本晋太郎)
  • 丸山花鈴(渋谷凪咲)
  • 橋本智子(中田青渚)
  • ヒップホップユニット(かが屋・加賀翔/賀屋壮也)
  • 春日俊彰(戸塚純貴)
  • 山崎静代(富田望生)
  • ナレーション(水卜麻美)

8話<< >>10話

画像引用:だが、情熱はある - 日本テレビ