【カムカムエヴリバディ】1話│算太(濱田岳)が窃盗!?

カムカムエヴリバディ1話   【カムカムエヴリバディ】1話│算太(濱田岳)が窃盗!?
https://realsound.jp/movie/2021/10/post-892849.html

【カムカムエヴリバディ】1話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第1週 第1話が2021年11月1日に放送されました。

第1話では、算太()が窃盗で、大騒動に!?

今回は【カムカムエヴリバディ】1話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】1話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】1話のあらすじネタバレを紹介します。

安子の誕生

1925年(大正14年)3月22日、日本のラジオ放送開始と同時に、誕生した女の子がいた。

女の子の家は岡山にある和菓子屋さん。その名は橘安子。

100年の物語のはじまり、はじまり…。

安子は祖父・杵太郎(大和田伸也)、祖母・ひさ(鷲尾真知子)、父・金太()、母・小しず()、兄・算太(濱田岳)たち家族や職人に囲まれ幸せに暮らす。

あんこの香りに包まれた温かい家庭で成長した安子(網本唯舞葵)は小学3年生になった。

算太は菓子職人の修行を始めていた。

ラジオとの出会い

ある日、安子が荒物屋『あかにし』で買い物していると、何やら音が聞こえてきた。

「あかにし」店主・吉兵衛()が、町内でいち早くラジオを入手していたのだ。

安子が聞いていると、吉兵衛は隠そうとする…。

*****

安子は親友のきぬ(岡陽毬)と今日も一緒に登校する。

クラスメイトの雉真勇(藤原詩音)がうるさい。

「おい、あんこ!お前の家、ラジオあるんか?ないんか?貧乏商店街じゃけんな。野球中継、聞きたいななら聞かせてやってもええで」と安子につっかかってくる勇。

「いらんわ」と断る安子。

この頃、ラジオは庶民にとってまだまだ高嶺の花。

夕食の席で…算太が杵太郎にラジオを買わないのか、と提案。

安子は一瞬嬉しくなるが、 杵太郎が「買わん」と拒否したため、ショックを受ける。

算太(濱田岳)が窃盗!?

ある日、安子が「おじいちゃんがラジオ買うてくれた!」とみんなに見せた。家族や職人たちが喜んで聞いていると… 杵太郎は買ってないと言う!?

安子の枕元にはこんな手紙があった。

「安子へ ちょっと早ええけどクリスマスとやらのおくり物じゃあ。おぢいちゃんより」

(字で犯人が分かったのか)「こら 算太!」と、金太が追い回す。

算太が吉兵衛のラジオを盗んできたらしい。怒りが収まらない吉兵衛。

吉兵衛の妻の出産祝いもあり、 妻は許してほしいと願うが、「いいや。こらえん!」と許さない吉兵衛。

杵太郎が「おめでとう!」と和菓子を持って来て、吉兵衛も「大目にみてやらあ」と許した。

1話の結末

杵太郎は、ラジオを聞いてるときのみんなの笑顔を忘れられない。

後日。安子が家に帰ると、ラジオがあった。

ナレーション:安子はこの上なく幸せな女の子でした。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】1話の感想

ついに2021年度後期の朝ドラ【カムカムエヴリバディ】が放送スタート。

1話は、ヒロイン・安子が誕生し、小学3年になりました。ラジオとの出会いがメインエピソードでしたね。

庶民なので、すぐ入手できず、算太(濱田岳)がラジオを盗んでひと騒動あってから、ラジオを買うというドタバタ展開。

算太は悪い人ではなさそうですが、窃盗はダメでしょ。(笑)

しかも高価なんですよね。本来なら警察に突き出すべき!

なんか、コント風なドタバタでぼやかしてますが、盗まれた吉兵衛さんが可哀そうに感じました。

田舎の狭い人間関係を壊したくないからか、なあなあ にする感じが嫌ですね。

ろくな大人になりませんよ!(笑)ほんと。

と、真面目にツッコミ入れては見てて楽しくないので、このへんで。

フィクションのドタバタ喜劇と大目に見なきゃですね…。

ツッコミどころばかりでなく、良かった点はさんのナレーションが新鮮な点。

英語を交えてのナレーションで、ラストも「TO BE CONTINUED」でしめる異例演出。

雰囲気も明るく柔らかくて、今後が楽しみです。

2話

画像出典:NHK

コメント