【カムカムエヴリバディ】74話│虚無蔵(松重豊)との出会い

カムカムエヴリバディ74話

【カムカムエヴリバディ】74話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】(カムカムエブリバディ)第16週 第74話が2022年2月15日に放送されました。

第74話では、コンテスト後、ひなたの運命を動かす男・虚無蔵()との出会いがあり…。

今回は【カムカムエヴリバディ】74話のあらすじネタバレと感想について。

【カムカムエヴリバディ】74話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】74話のあらすじネタバレです。

ひなた()は、将来どんな道に進むべきかに悩んでいた。そんな時、通い慣れた条映映画村でミスコン大会のポスターをみつけ、「これだ!」と意気込む。

るい()とジョー()の許しをもらったひなたは、書類審査に通り、いよいよ本番当日を迎えて…

コンテスト本番

ひなた:「大月ひなた、18歳です。家は、回転焼き屋です。あかね通り商店街の「大月」いう店です。ええと」

緊張からか黙ってしまうひなた。司会者がコンテストの志望動機を尋ねる。

ひなた:「そらあ、もちろん。大好きやからです。時代劇も。映画村も」

笑顔になったひなたに拍手が起きた。

次に演技審査へ。

茶屋の娘になり、暴漢に襲われるところをサムライの進之助が助け、しかも愛の告白を受けるという設定。

客席にて。「強引やな」とツッコミを入れる一子()。小夜子()は「いろんな表情が見たいんじゃない?」と理解を示す。

審査が始まると、進之助役が回転焼きを買いに来た無愛想な男()で…。

ひなた「なんで、あいつが!」

ひなた(川栄李奈)の演技

ひなたは無愛想な男の演技を見ていると…

ひなたの心の声(なんで?ホンマになんで?なんであいつにこんなところで会わなアカンの?あの、人を見下したような無愛想な男と。)

ひなたは名前を呼ばれても気づかない。

ひなたの心の声(アカン、アカン。コンテストに集中せんと。)

演技が始まり、悪者に捕まるひなた。そこへ進之介が助けに来たが…。

ひなたの心の声(アカン、あいつの顔をみてる集中できん。)

悪者をやっつけた進之介が「怪我はなかったか」と、ひなたに声をかける。

「ついてきてくれるか?」と告白されるが…

店に来た時の見下された記憶がよみがえり…

ひなた」「誰がお前なんかについていくか!」

そういって、ひなたが進之介の刀を奪って、切りつける。

死ぬ演技を即興でする無愛想な男。

ひなたも「進之介さま~」と駆け寄るが…

意味不明なラストに観客は大爆笑。

しかし、コンテストには落選してしまった。

74話の結末

ひなたは落ち込みながら帰る途中、無愛想な男を見かけて…

ひなた:「あのすみませんでした。変なお芝居につきあわせてしもうて」

無愛想な男:「そのバカ面、どっかで見たことある思ったら回転焼き屋の娘か。どうりで…」

ひなた:「どうりで?」

無愛想な男:「バカだと思った。」

ひなたは何も言えなかった。

家にて。縁側で、しょぼんとしているひなた。

錠一郎はひなたが会場を一番わかせたと褒める。桃太郎は「小夜ちゃんが一番べっぴんさんやった」と出れば良かったとませたことを言った。

ひなたは、コンテストに落ちたことがショックなのではなく、あまりショックではないことがショックだった。自分の道がいつになったら見つけられるのか。ひなたにとっては深刻な問題で…。

後日。回転焼き「大月」へ虚無蔵()が現れた。

1個買っても立ち去らないので不思議がるるい。

「拙者、伴虚無蔵と申す。ひなた殿は、御在宅ですか。」と挨拶し、現れたひなたに「明朝9時、映画村の橋に参れ。門番には、話を通してある。ごめん」と告げて去った。

これが、ひなたの運命を動かす男との出会いだった。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】74話の感想

虚無蔵(松重豊)との出会い

74話は、ひなた()と虚無蔵()との出会いが描かれました。

コンテストはとても残念でしたけど、虚無蔵さんコンテストのとき、演技を見てくれてましたしね。

何か感じたものがあったんでしょうか。

今まで劇中劇での登場だった伴虚無蔵が本格登場。

ひなたをスカウトにしてきたようですが、どうなるんでしょう。役者になるのかな?

でも、ラジオ英語とまた離れていきそう(笑)

私(筆者)の事前予想では、翻訳家になるのかと思っていたのですが、全くそんなことなさそうですね。

73話< >75話

画像出典:NHK

コメント