【カムカムエヴリバディ】45話│ジョー(オダギリジョー)は岡山出身?!

カムカムエヴリバディ45話

【カムカムエヴリバディ】45話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第10週 第45話が2022年1月5日に放送されました。

第45話では、るいがお買い物中、ジョー()と偶然再会。

ジョーは岡山出身かと思われる場面があって…!?

今回は【カムカムエヴリバディ】45話のあらすじネタバレと感想について。

【カムカムエヴリバディ】45話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】45話の内容は…

給料日

るいは、 平助()・和子()からは給料をもらう。

平助:「ちょっとだけ色つけといたで。なんや洒落た店。ジャズの。あそこの契約の件とってきてもろうて、だいぶ助かってるさかい。」

るい:「そねえなこと。あれは、おじさんとおばさんの腕がええから。」

和子:「ごちゃごちゃいうてんと、素直に受け取り!

るい:「はい、ありがとうございます。」

和子:「どないなことに使うんや?かわいらしい服買うんか。なんか美味しいもん食べに行くんか。温泉でも行くんか?」

るい:「貯金します。特に、欲しいものもないし大事にとっておきます。」

和子:「アカン。貯金するのはええ。せやけど全部はアカン。あんたみたいな若い、かわいらしい子が、着たい服も食べたい物も行きたいこともないやなんて、ほんなしょうもないこと言うんやないの。ちょっとでもええ。ちゃんと使いなさい。ええな!」

和子はそう言って台所へ。平助は「すまんなあ。あないな言い方しかできんやつで。るいちゃんがあんまり真面目やから、心配しとんねん」とフォローした。

ごめんな。あないな言い方しかできなくて。るいちゃんが、あんまり真面目やから、心配しとるねん。

ジョー(オダギリジョー)と再会

るいは何を買おうか迷いながら商店街を歩いていた。すると、男にぶつかった。

お互いに謝るが、その男はジョー()だった。

ジョー:「サッチモちゃん。サッチモちゃんもこれ買いに来たんや!向こうで発売されたのだいぶ前やからな。待ちくたびれたよな?あと1枚残ってたで。」

勘違いしたジョーはレコード屋に、るいを連れて行く。

ジョー:「ほら、ここここ。これやろ。え?…違うの?」

るい:「違います。」

ジョー:「え。じゃあ、なんのレコード買いにきたん?」

るい:「レコード買いにきたわけじゃありません。」

ジョー:「え。じゃあ、何しに来たん?」

るい:「通りかかっただけです。」

ジョー:「え。じゃあ、どこ行くん?」

るい:「どこって・・・」

るいの心の声:(またじゃ。この人とおったら自分が何ゅうしたいんか見失うてしまう)

るい:「昨日、お給料日じゃったんです。全部貯金しますって言うたら、若けえ子が着てえ服も食べてえ物も行きてえものもねえって、おばさんに怒られてしもうて。自分は何が欲しいんじゃろうか考えたけど、やっぱりなんも思いつかんと、それでウロウロしよったんです。」

ジョー:「レコードじゃあかんの。ほら、サッチモもあるよ。」

るい:「せっかくじゃけど、レコードプレーヤーもねえし、やっぱり貯金します。おばさんの言うことを無視するみてえで悪いけど、無理やり買っても無駄遣いになるし。」

ジョー:「じゃあ、コーヒー代にしたら?」

ルイと塁

ジャズ喫茶「ナイト&デイ」にて。

まだ開店前だが、ベリー()がレスカを注文していた。飲ませないなら短大の友人にチケット売らないと言い出す。

ジョーがやってきた。「ジョー!」と喜ぶベリーだが、後ろからるいも来て、あからさまに不機嫌になるベリー。

ジョー:「座って。アイスコーヒーでいい?」

ベリー:「まだ、開店前やで。」

マスター:「どの口が言うとるんや」

ジョー:「ああ、そうそう。あれから僕もやってみたけど、やっぱりサッチモちゃんみたいに美味しくでけへんわ。ほら、こないだ僕の部屋でコーヒーいれてくれたやん。」

マスター:「部屋でコーヒーって。」

ベリー:「どういうことやの!?」

るい:「違います。洗濯物、届けに行った時に」

ベリー:「なに配達のついでに部屋に上がり込んでるの?」

るい:「上がり込むなんてそんな!あなた(=ジョー)もちゃんと説明してください。」

ジョーは「何を?」と全く気にしないようだ。

マスター:「部屋のコーヒーってインスタントやろ。」

ジョー:「サッチモちゃんいれたら、美味しいなるんや。」

そこに、トミー(早乙女太一)が店にやってきた。

出番がない日だが、しつこいファンから逃げてきたという。

トミー:「なんや、サッチモちゃんって。君もトランペット吹くんか?」

るい:「いえ、とんでもねえ。」

トミー:「どうも。トミー北沢です。」

るい:「雉真るいです。」

トミー:「るい。それで、サッチモちゃん。どうりでジョーのお気に入りのわけや。いや、ジョーやなくても…。ルイアームストロングがトランペットの神様だったら、君はさしずめ女神様やな」

マスターがアイスコーヒーをジョー、るいに持ってきた。

ベリー:「ちょっとサッチモ!」

マスター:「え。呼び捨て?」

ベリー:「あんたの親、クリーニング屋やのくせに、なんで娘にそんなハイカラな名前つけてるの?」

るいは娘じゃないと否定。

ベリー:「はあ?じゃあ、あんたどっからきたん?」

ジョー:「岡山。岡山の言葉やな。それ。」

ベリー:「なんや、田舎もんやな。で、その岡山の親は何してんの?場末の音楽教室の先生かなんか?」

マスター「家族の誰かがサッチモ好きなんか?

(回想)安子がるいに名づけの理由を語る。

るい:「関係ありません。叔父が野球しよったから、多分それやと思います。」

ベースの塁ということでごまかした。トミーは、るいをミステリアスと気づいていた。

結局、コーヒー代金はマスターが「いつも暑い中を配達してくれるから」とおごってくれた。

ジョーの本名

「結局、お金使わなかったなあ」と、るいが店を出て歩いていると、ジョーが追いかけてきた。

ジョー:「サッチモちゃん。クリーニング屋のおばさんのことやけど、戦争中やったんじゃないかな。サッチモちゃんぐらいの年の頃。着たい服もきれん。食べたい物も食べれん。そやから…。」

るい:「そうか。そうじゃね。私、そねえなこと全然。はあ…」

落ち込むるいに、ジョーは「これ、聞きに来おへん?」とポスターを指さす。

サマーフェスティバルのポスターで、「僕もでるよ。」と示した氏名は…

るい:「大月錠一郎(おおつき・じょういちろう)」

ナレーション():何度も顔を合わせていたはずなのに、るいはこの時初めて錠一郎に出会った気がしました。

結末

クリーニング屋にて。平助と和子と夕食を食べながら、テレビを見ていた。

出演者が「私の秘密」を打ち明ける番組だった。いつものように笑いながら見る竹村夫婦。

夕食後。

るい:「あの~。おじさん。おばさん。

和子:「なんや。なんかあったんか?」

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】45話の感想

ジョー(オダギリジョー)は岡山出身?!

ジョー()は岡山出身かと思われる場面がありました。

るい()の方言を、るいが何も言っていないのに、「岡山の言葉やな、それ」って当てたのです。

ということは、ジョーは岡山出身か、岡山県に住んでいたことがある?(知人が岡山出身というのもあり得ますけど)

確信はないですが、可能性が高いです。

となると、噂されていたジャズが好きな【汚ない少年】説が再燃します。

柳沢定一()のジャズ喫茶「Dippermouth Blues」の外から、レコードを立ち聞きしていたい少年。

少年はアメリカ人たちのクリスマスパーティー会場に忍び込んで、定一の熱唱に酔いしれていましたね。

あからさまに印象を残していた少年なので、再登場はあるでしょうし、あるならジャズ関連。間違いないと思うのですが…。

るいは塁?!

45話では、るいは給料で何か買おうとして、結局買いませんでした(笑)

その代わり、サマーフェスティバルの入場料で使うとなったのですね。

なかなか意外な、良い流れの構成です。上手い。

しかし、るいがルイ・アームストロングでなく野球の塁から名づけられた、と説明するのは、切なかったです。

幼ないるいに安子が、稔さんが願いをこめて名づけたんだよと話す回想シーンが挿入されました。

自由に楽しみ、どこでも行き来できるように、日向の道を歩けるように。

これは、るいが「るいの意味」覚えているってことですよね。

「On The Sunny Side Of The Street」は、どこで聴いたか覚えてないようでしたが…。

段階的に思い出してきた、ということでしょうか?

ともかく、るいにとって切り離すことの出来ない母との関係。

今は、いつの日か訪れるだろう、安子との再会を期待して我慢して視聴するしかないですね。

あの「アイ・ヘイト・ユー」(あなたを憎む)が衝撃すぎたので、和解の日をずっと待ってます

44話< >46話

画像出典:NHK

コメント

  1. ざしきわらし より:

    安子とるいが通っていた喫茶店に出没していた男の子がジョーだと思います。

  2. 瀧口利夫 より:

    ジャズフェスティバルのポスターに
    古谷みつるとザフレッシュメンの名があり、当時学生だった頃の事が思い出されました、NHKの時代考察は凄いです。