【カムカムエヴリバディ】46話│シャーベットカラーって何?

【カムカムエヴリバディ】46話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第10週 第46話が2022年1月6日に放送されました。

第46話では、るいが和子とお買い物に行き、シャーベットカラーの洋服を気に入りました。

ってか、シャーベットカラーって何?(笑)

今回は【カムカムエヴリバディ】46話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】46話のあらすじネタバレ

るい()は、錠一郎(オダギリジョー)にサマーフェスティバルに誘われて…

ここから【カムカムエヴリバディ】46話のあらすじネタバレです。

るい(深津絵里)は、なぜか行きたい

るいは平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)に相談する。

るい:「あの~おじさん。おばさん。申し訳ねえけど、8月の第2土曜、早めに上がらせてもらって、ええでしょうか。」

平助:「どないしてん。なんか、あったんか。」

るいは、テレビ番組の「私の秘密」を妄想してブツブツと「お祭りの一種かも」とひとり言。

るい:「ナイト&デイのサマーフェスティバルに行ってみよう思いよるんです。」

平助:「あのジャズ喫茶か。」

和子:「ええやないの。行ってき。行ってき。ところで、サマーフェスティバルってなにするん?」

平助:「知らんというとったんか?」

和子:「あんた知っとった?」

平助:「知らん」

るい:「ジャズ喫茶の夏祭りいうのは、要するにコンサートらしいんです。いろんな人が出て、にぎやかにやるんじゃ思います。」

和子:「るいちゃん、そんな好きやったん?」

るい:「いえ、私は音楽には疎いし、中学や高校の文化祭は苦手でした。」

和子:「ほな、なんでまた?」

るい:「なんでじゃろ?自分でも、ようわからんのです。

るいは錠一郎に誘われた時のことを思い出しつつ、そう答えた。

錠一郎(オダギリジョー)の曲

ナイト&デイではトミー(早乙女太一)がトランペットを吹いていた。

錠一郎は「荒れてるな」と声をかける。

トミーは、渡辺貞夫の渡米が決まったことで、「先を越された」と嘆いていた。

錠一郎はアメリカ行きなんて考えてもいなかった。

トミーは、サマーフェスティバルの曲は当日決める予定。全体のバランスを見て目立つためだ。

錠一郎もある曲に決めていて…

シャーベットカラー

和子(濱田マリ)は、るい一緒に街へ出かけ、フェスティバルに行くサマードレスを選んだ。

和子:「可愛らしいわ~。よし、決まりや。これにし。これに。」

るい:「ちょっと、派手すぎる思うんやけど。」

和子:「何言うてるの。フェスティバル行くんやろ。これぐらい目立たんと。」

店員が別の服を持ってくる。

るい:「わあ、素敵。控え目で涼しげで」

シャーベットカラーで今年の流行りだという。試着してこっちに決めた。

竹村家にて。

夕食を食べながら、和子はるいと服を一緒に買いにいけたことが嬉しかったと話す。

子供がいないの和子は一度、娘とショッピングをやってみたかったのだ。

平助:「子どもがおっても、るいちゃんみたいなべっぴんさんには、育たんかったやろうけどな」

和子:「そらそやな。」

竹村夫婦は笑いあう。

ナレーション(城田優):本当にそうなら良かったと、るいは思いました。最初からこのクリーニング店の娘に生まれていたら良かったと。

サマーフェスティバル当日

サマーフェスティバルの当日。

ベリー(市川実日子)は、小暮(近藤芳正)に話しかけ「今日のためにあつらえてん。ドレスに靴にバッグにアクセサリーも。今日こそジョーの心、撃ちぬいたるで」と見せびらかす。

そこへ、るいが、シャーベットカラーのワンピースを着て現れる。

小暮:「サッチモちゃん。見違えたな。あそこらへん座っとき。」

舞台袖から、トミーがるいを見つけて、ジョーを呼ぶ。

ジョー:「サッチモちゃん。良かった。来てくれたんや。」

トミー:「そやなくて。地味にしてても、あふれる気品。ただもんやない思てたんや。」

ジョー:「ただもんやないって?」

トミー:「岡山や言うてたな。雉真るいって名乗ったな。叔父さんが野球やってたいうたな。あれは絶対、雉真繊維のお嬢さんや。

ジョー:「雉真繊維…ってなに?

トミー:「もうええ。」

客席にて。るいの隣りの席にベリー(市川実日子)が座り、話しかける。

ベリー:「私は高校の頃から、この店通ってるねん。京都に家あるのに、わざわざ大阪の短大選んだ。なんでやと思う? ジョーの才能を見抜いたからや。気ぃ悪いわ。音楽の素養もないクリーニング屋に、ジョーの周りうろつかれたら。」

サマーフェスティバルがスタート。

トミーの演奏を聴きながら、ベリーはトミーについて話す。

ベリー:「トミーは英才教育を受けてるんえ。親がクラッシックの音楽家やさかい、基礎から何からたたきこまれてる。」

るい:「じゃから、あねん上手なんですね。」

ベリー:「これやから、田舎の貧乏人は。ええとこの子ぉには、ええとこの子ぉの苦労いうもんがあるんや。覚えとき!」

るい:「勉強になります。」

錠一郎の出番がやってきて、「On the sunny side of the street」を吹く。

るいは、母・安子()との記憶が甦(よみが)る…。

(回想)安子:「お父さんとお母さんの大切な歌じゃ。また日向の道を見つけて歩いて行こうね。るい」

るいは錠一郎の曲を聴きながら、涙ぐむ。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】46話の感想

シャーベットカラーって何?

46話で、るいが気に入ったシャーベットカラーのワンピース。

しかしシャーベットカラーって何?

ということで、調べちゃいました。

「2020春夏トレンド!」と出てきたので、流行は繰り返しているのですね。

女優・モデルの内田理央さんも着こなしていて、これは着たくなりますね。

(筆者調べですが)シャーベットカラーとは具体的に何色とあるわけでなく、「シャーベットのようにひんやりした涼しい明るい淡い色」を指すとのこと。

パステルカラーと違う?

パステルカラーに近いと思ったのですが…どう違うのでしょう?

そんな私のような方(?)には、カラーコーディネーター・武田珠佳さんがブログでトーン表を作成していて、分かりやすいなと思いました。↓↓

パステルカラーよりさらに淡いのですね。

るいちゃんも「控え目」と言っていたように、パステルカラーより淡いイメージ。

でも気分が明るくなります。

日本は「出る杭は打たれる」じゃないですけど、目立ちすぎ、主張しすぎるのは嫌ですよね。

でも明るい服も着たいです。そんな控え目で明るい、2つの願望を欲張れる色なのかな?と、私(筆者)は勝手に解釈しました。日本人に最適?(笑)

ただし、傷を抱えたるいが着る淡いピンク色は、また違った意味がありそうです。

錠一郎の曲が、両親の思い出の曲で、またひと波乱ある予感。

るいちゃんが向き合う過去に注目していきたいです♪

45話< >47話

画像出典:NHK

カムカムエヴリバディ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント