【カムカムエヴリバディ】39話│るい(深津絵里)を縛る鎖

【カムカムエヴリバディ】39話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第8週 第39話が2021年12月23日に放送されました。

第39話から2代目ヒロインが主人公の「るい」編スタート!

ミュージカル風なポップな演出もあり、明るい雰囲気を感じさせますが、そこはシビアな脚本の「カムカム」です。

るい()には縛る鎖があって…

今回は【カムカムエヴリバディ】39話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】39話のあらすじネタバレ

前回、娘に嫌われた安子()がロバート(村雨辰剛)とアメリカ行きを決断。「安子編」が終了しました。

ここから【カムカムエブリバディ】第39話のあらすじネタバレです。

千吉(段田安則)の願い

ナレーション(城田優):A long time ago. During the war a baby girrl was born. The girl was named Rui. Unfortunately. She became separated from her mother.(むかしむかし、戦争中に誕生した女の子がおりました。女の子は「るい」と名付けられました。ところが、娘と母は離れ離れになりました。)

勇()が、千吉(段田安則)の見舞いに病院へ。

千吉:「勇、これまでようやってくれた。一つ頼みがあるんじゃ。これから、ますます暮らしぶりが変わって需要が少のうなっても、足袋は作りつづけてくれ。」

勇:「もちろんじゃ。足袋は雉真の一番バッターじゃからの。いずれまた、打順がまわってくることがあらあ。」

千吉:「ありがとう。これで会社のことは何も思い残すことはねえ。思いもかけん形じゃったが、後継ぎも作ってくれたしの。心残りゃあ るいのことじゃ。あねん明るかった子が、声を出して笑うことものうなって…。わしが安子さんに るいと引き離すようなことを言わなんだら、こねいなことには…」

勇:「それだけじゃねえはずじゃ。あんこが るいを置いてアメリカに行くじゃなんて、余程のことがあったはずじゃ。

ナレーション:ほどなくして千吉は、息を引き取りました。

るい(深津絵里)は大阪へ

雪衣(岡田結実)は、NHKの朝ドラ「娘と私」(連続テレビ小説の第1作、1961年4月~1962年3月放送)を見ていた。

勇:「雪衣、何をのんきにテレビなんかみとるんじゃ」

雪衣:「今日が最終回なんです。」

勇:「せやから言うて、葬式の朝に」

勇は、勉強している息子・昇(のぼる)(谷川生馬)も注意する。

けれど「葬式が始まったら勉強できないから」という昇。

ため息をつく勇。

***

勇は河原にいる るい(深津絵里)を呼びに行く。

勇:「るい!」

勇は るいとキャッチボールしながら話をした。

るい:「勇叔父さん。おじいちゃんの葬式が終わって、片付いたら、私、家を出らあ。」

勇:「家をでるって?」

るい:「家を出て、岡山も出る。新しい街で、一人で生活はじめるんじゃ。」

勇:「そっか。もう決めとるんじゃの。るいのために積み立てとった金がある。それを…」

るい:「いらん。アルバイト、しとったんじゃ。学校の帰りに、小せえ古本屋で、誰にも雉真家の子じゃわからんように。」

勇:「読書部に入ってるいうのは?」

るい:「ごめん。嘘じゃ。じゃけど、似たようなもんじゃろう。」

勇:「ああ。かなわんのう。るいには」

ナレーション:るいは二度戻らないと心に決めて、岡山を、雉真の家を去りました。

面接へ

るいが向かった先は大阪の道頓堀。

ラジオ英語「カムカムエヴリバディ」のオープニング曲に乗せて、るいが子どもたちと踊り、店員たちと楽しげなミュージカル調に新しい服を買う。(店員のマネキンチャレンジもあり)

そんな様子が軽やかに演出されていたものの…

自転車がやってきてぶつかりそうに!?

るいは自転車をよけたが、お気に入りのワンピースの服を汚してしまう。

竹村平助:「すまん。すまん。お嬢ちゃん。ちょっとおいで。ちょっとおいで。」

自転車に乗っていた平助(村田雄浩)は、自分の店「竹村クリーニング」へ連れて行く。

平助:「洗濯や。大至急。」

和子:「どないしたん。」

平助:「そこで、ぶつかってしもた。」

和子:「なんちゅうことすんねんな。かわいそうに。こんなんなったら、デートに行かれへんがな。おばちゃんが洗っておいてあげる。そやけど、デートには間に合わん。」

るいはデートじゃなくて、面接の前だった。

るいは和子(濱田マリ)の服を借りて、面接へ行くことに。

ホテルの面接にて。挨拶もできることから採用する気な面接官。

しかし、接客業だからと、前髪を上げるように言われたるいは、面接の場から逃げた。

ナレーション:るいは額の傷を目立たなくする手術を受けませんでした。いくら千吉に説得されても拒み続けました。雉真家にしばられたくない。それは、るいの意地でした。けれど、この傷がかえって、自分を雉真家に、そして母・安子に縛りつける鎖になっているのだと、岡山を出た今思いました。

結末

るいが、クリーニング店に戻ると、夫婦そろってテレビを見て笑っていた。

るい:「あの~」

和子:「あんたも、はよ、こっちおいで。」

平助と和子は漫才を見て、お茶と菓子をつまみ大笑い。時々顔を見合わせている。

夫婦の間に座っていた るいは泣き出して・・・

ナレーション:るいはなぜだか涙が止まりませんでした。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】39話の感想

るい編スタート

39話からは、るい編が本格スタート。

朝ドラ受けで「切り替えられますか?」って第一声。

たしかに安子が回想のみになって寂しいですし、算太の行方も気になります。

算太、今どうしているんでしょう。

そして雪衣が、雉真雪衣とクレジットされていましたね。男の子も産んで成長していました。

葬式前なのに朝ドラを見たり、勉強したり…。たぶん千吉が軽んじられてる演出?

でも、朝ドラ視聴者としては録画機器が整備されてない時代。最終回は見たいですよ。

(見せてあげて!と、演出意図とかけ離れる解釈してしまいます。笑)

るいは今何歳か本編ではよくわからなかったのですが、18才のようです。

小学校入学が7才ごろ。時が進みましたね。色々なこともあったのでしょう。

それが何より分かるのは、額の手術を受けなかったことで…

るい(深津絵里)を縛る鎖

なぜ手術を受けなかったのか。それは、るいの意地。雉真家や母に頼りたくない、と…。

千吉のセリフの中で、「声を出して笑うこともなくなった」とあります。

バイトも隠れてして貯めて自立へ。

母に恋人ができて捨てられて、娘が邪魔だから雉真家へ置いていかれた…

そう思っているのでしょうか。

母を憎み、それに付随して、雉真家に頼ったら憎き母の思い通りになってしまう…

それくらいの嫌悪感を感じるのですが、どうでしょう?

しかしナレーションでもありましたが、額の傷はるい(深津絵里)を縛る鎖になっています。

精神的には…憎むということは相手を気にしているということ。(愛の反対は無関心って言いますし)

具体的にも…額の傷の影響で仕事選びに支障がありました。縛られています。

深津絵里さんの笑顔や、ポップなシーンもあったのですが、るい編も辛い脚本になりそう。

そしてオダギリジョーさんが恋の相手という噂ですが(別に恋しなくてもいいんですが3代目ヒロインが誕生するので妊娠・出産はするのでしょう)

…どんな展開であれ、深津絵里さんの魅力を堪能できるといいなあ、と期待がふくらむ第39話でした。

38話< >40話

画像出典:NHK

カムカムエヴリバディ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント