【ちむどんどん】49話|田良島の名言炸裂!料理や新聞作りにも大事なこととは?

田良島甚内

【ちむどんどん】49話(49回)

朝ドラ【ちむどんどん】第49話(第49回)が2022年6月16日に放送されました。

49話では田良島デスクの名言が炸裂!…料理や新聞作りにも大事なこととは?

今回は【ちむどんどん】49話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【ちむどんどん】49話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】49話のあらすじネタバレです。

歌子の検査の日

歌子()は検査の日を迎えた。付き添いの優子()が声をかけるが、浮かない顔のままの歌子。

「あまゆ」にて。暢子()は検査結果を心配するが、結果は1週間後だという。智()が上野のパンダを見に行こうと誘うが、断る歌子。

それから1週間、歌子は暢子の部屋ですごした。

二ツ橋の後輩の話

1週間後。歌子の検査結果の日・・・暢子は港の魚市場に二ツ橋()と来ていた。暢子へ仲買人の引継ぎをするためだった。強面(こわもて)の人が多いけれど根はやさしい人ばかりという印象を受ける暢子。

2人はイカを捌いてもらって食べた。暢子は妹のことがあり、新しい看板メニューに集中できていないともらす。二ツ橋も父が療養中だ。それで辞める決心をしたという。

二ツ橋はオーナーの房子を「よろしくお願いします」と暢子に頼んだ。オーナーは誤解されやすいタイプだが本当は愛情がある、と熱弁する二ツ橋。暢子はピンときて、好きなんですか?と指摘する。

二ツ橋は動揺しながら否定。そして二ツ橋の後輩の話として、房子()を好きになった男のエピソードを話す。

「昔、そんな後輩がいました。長年オーナーに仕え、苦楽をともにするうちに、尊敬が愛情に変わった。10年前、勇気を出して清水(きよみず)の舞台から飛び降りるつもりで想いを告げた。『オーナー、私と結婚していただけませんか』」

しかし、オーナーに忘れられない人がいたためプロポーズを断られた。その人とは結ばれない運命の相手だという。つまり既婚者。後輩は、その相手を突き止めて直接話した。相手の男は「悪いのは俺だ」と言っていた。そして房子のことをよろしく頼むと、男は言った。

その後、後輩は今まで通りの関係になることをお願いして、オーナーのそばに居続けたという。

後輩の話だとごまかす二ツ橋だが、暢子は房子の相手の男が三郎(のことだと気づいて…。

わかってないふりをした方がいいこと

あまゆに帰った暢子は二ツ橋の話を金城(藤木勇人)と田良島()に伝える。金城は知っていた。房子と三郎は結婚するはずだったらしいが、もう戦前の話であり、詳しくは聞いていないという。

暢子はなぜ聞かないのか疑問だ。(暢子は鈍感で他人に干渉したいタイプ?)

田良島は暢子にアドバイスする↓

「分かってても、分かってないふりをした方がいいこともある。世の中は不公平で理不尽なことが沢山ある。時代の流れで思わぬ方向に人生が変わってしまったり、惚れ合ってるのに結ばれないなんてこともある。『頑張れば、必ずハッピーエンドになる!』わけでもない。頑張っても頑張ってもどうにもならないことがあるのが人生。

…だけどね、『明日はきっといい日になる』と思うことが大事。何があっても諦めないで、どうすれば少しでも楽しく希望をもって生きていけるか。料理作りも新聞作りも、そんな思いを込めてやってるんじゃないかなあ?」

49話の結末:歌子の検査結果は?

歌子は病院の待合い室で、優子にお願いする。検査結果が悪くても高い薬は使わないこと、東京で入院はせず沖縄の家に帰りたいことを…。

暢子は、歌子のことを考えて思い出のメニューを見ていた。そして、イカを使った歌子の大好物を作り始める暢子。

優子と歌子が帰ってきた。検査の結果を優子が明かす。

結核でも、膠原病でもない。疑わしい病気をすべて調べたけど、熱がでる原因は現在の医学では、わからないって。

病気がなかったことは良いこと…と暢子ははしゃぐ。だが…

それならばなぜ自分だけ熱が出るのか?と歌子はやりきれない不満をぶつけて、部屋に走っていった。

(つづく)

【ちむどんどん】49話の感想

田良島の名言炸裂!料理や新聞作りにも大事なこととは?

49話は、田良島さんが良いこと言ってましたね。

『明日はきっといい日になる』と思うことが大事。

それは料理や新聞作りにも大事なこと…と。

田良島さんが言っていた時点の「どうにもならない理不尽なこと」って、戦前に結婚しようとしていた房子・三郎の悲恋のことですが、結果的に、原因不明の発熱に悩まされる歌子のことも示していますね。上手いシナリオです。

人生はどうにもならないことがあるけれど、希望を捨ててはいけないですね。

とても素敵な考え、セリフでした。

田良島さん、いつの間にか「あまゆ」常連客ですが、もっと沢山登場してほしいなってほど、いいキャラクター。今後も頼みますよ!

48話<< >>50話

画像出典:NHK

コメント

  1. Françoise Arneur より:

    歌子の病気だが、「今の医学では分からない」というのは、検査をを担当した医師の考えに過ぎない。案外三郎が暢子に紹介しようとした医師の方が優秀だったりして。と言うか、何で東京なの? 良子が嫁に行ったことで比嘉家の家計はますます苦しい筈なのに。親が1週間余りも仕事を休んで一緒に東京へ行くなんて難しそうだ。また借金したのかい?
    当時の沖縄にだって、琉球大学病院などちゃんとした医療機関はあった。要は上野のパンダが見たかったのか?w