【ちむどんどん】43話|桜井ユキが大城房子の若い頃役で出演!

桜井ユキ

【ちむどんどん】43話(43回)

朝ドラ【ちむどんどん】第43話(第43回)が2022年6月8日に放送されました。

サプライズ登場で話題!女優・さんが大城房子の若い頃役で朝ドラ初出演を果たしました。

今回は【ちむどんどん】43話のあらすじネタバレについて。

*本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【ちむどんどん】43話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】43話のあらすじネタバレです。

屋台の立て直し

暢子()は、イタリア風おでんで屋台の立て直しに挑む。

2日目。「これがおでん?からしは?」と客に言われてしまう。

3日目。「今日も赤字やっさ」と、つぶやく暢子。

4日目。「なんで来ないかな?う~ん。うまいな。」と兄・賢秀()が屋台で食べる。

7日目。暢子は「なんで?」と屋台のカウンター席に突っ伏しつぶやく。

あっという間に客足は遠のいてしまった。

根本的なこと

おでんの屋台にて。和彦()や愛()がやってきた。

イタリアンおでんのネタは…セロリ、かぶ、子羊の骨付き肉。

からしの代わりにサルサ・ベヴェルデとサルサ・アラビアータも用意した。

智()がブロッコリー、カリフラワー、赤ピーマンを仕入れてきた。

和彦:「そこまでやると、完全に【おでん】じゃなくなるよな。屋台に来るお客の多くは残業や力仕事で疲れている。こんな馴染みないものじゃなくて、もっとありきたりな、ほっと心が安らぐおでんが食べたいと思う。」

暢子:「新しくて個性的なおでんじゃないと、うちがここに来たで意味はないさ。うちのオーナーもきっと、そういうのを期待しているはず。」

和彦:「間違っていると思う。暢子がそういう考えで料理と向き合うのは反対だな。もっと地味で新鮮味がなくても大切なことがあるはずだよ。そういう料理を志すべきだよ」

暢子:「和彦くんに料理の何がわかるの?うちは料理のプロとして結果を出さないといけないわけ。詳しくないなら偉そうに言わないでほしい」

和彦:「偉そうに言ってない。なんで分かんないんだ。根本的なことだろ。もういいよ。ごちそうさん。」

博夫さんと離婚します

沖縄では良子()が実家に帰ってきて「うちは、博夫さんと離婚します。」と、母と妹へ告げる。

良子は電話で暢子にも伝える。

優子()は「落ち着くまでここにいるといいさ。」と言ってくれている。

良子は親不孝だと自分でも思うがもう我慢出来なかった。

歌子()が熱を出して家にいるので、会社の同僚・花城真一がやってきて、歌の雑誌をプレゼントしてくれた。歌子は喜んだ。

コマーシャルのお金

一方、東京の賢秀()は、紅茶豆腐が売れなくて困っていた。

賢秀は「これ、本当に全部売れるかな?」と段ボールを見つめて言った。

我那覇は「手は打った。テレビコマーシャルを放送する。問題はその先さ。バカ売れしたらここも手狭になる。株式会社をつくる。」という。

副社長・比嘉賢秀と記された「名刺」も作ってくれた。だがテレビコマーシャルのお金が不足しているらしくて・・・

賢秀は、優子に15万円をせびる電話をする。

良子が電話を代わって「いい加減にして!もう貸すお金はないよ!二度と電話しないで!」と断った。

良子は母にも「お金送ったら、もっとニーニーをダメにする」と注意。

43話の結末

暢子の屋台にヨシがイタリアンおでんを食べていたとき…

沖縄県人会の会長・三郎()がやってきた。

三郎:「うまい。けど毎日食べたいかっていうと…」

暢子:「そうなんですよ。迷子になってるです。」

三郎:「迷子になったら、入り口に戻ることだ。料理のことは知らないけど、なんでもそうだ。」

暢子はオーナー房子()を「ただの意地悪」と不満を言う。

「一回やってみればいいんですよ!」と怒る暢子。

「知らねえもんは仕方ねえ。あの人は、屋台から身を起こしたんだ。」と三郎。

「えっ、うちのオーナーが?」暢子は驚いた。

そのころ、オーナー室にて。房子は古い写真を眺めていた。

セーラー服の女子(花岡すみれ)と割烹着姿の女性()だ。

*クレジットでさんは「大城房子(写真)」となっていました。もしかして房子には娘がいのでしょうか?

(つづく)

【ちむどんどん】43話:桜井ユキが大城房子の若い頃役で出演

43話で、大城房子の若い頃の役でさんがサプライズ出演!

視聴者からも歓喜の声が…

桜井ユキさんのコメント

子供の頃から家族一緒に見ていた“朝ドラ”に今回初めて出演させていただき、感慨深くうれしい気持ちでいっぱいです。 さん演じる房子の過去に、少しでも色を足せたらという思いで演じさせていただきました。 私自身も、一視聴者として日々の放送を楽しみにしています。

【ちむどんどん】43話の感想

オープニングでさんの名前があって、びっくり。テンション上がりますね。

43話は、我那覇の詐欺を良子が食い止めてよかったです。なんで製作費を賢秀のポケットマネーで捻出しなきゃならないのか。明らかに詐欺ですよ!「ニーニーをダメにする」って良子よくぞ行ってくれました。遅すぎるくらいの叱責ですけど。

あと、和彦くんの率直な指摘もよかったですよ。暢子はプライドが高すぎます。働いている和彦の素直な意見に耳を傾けてほしい。愛ちゃんなて当たり障りのないことしか言えない。客は「まずい」と言う前に来なくなる。誰も相手を批判なんてしたくないですよ。パワーの無駄遣いしたいくない。

まあ、本当に不味いのなら金を払う立場なので文句いわれるでしょうが…ポトフ(フランスの鍋料理)としては悪くないんでしょう。

…相手のためを思って言いにくい本音を言ってくれる人は貴重だと(私は)思いますよ。暢子。…と思った第43話でした。

42話<< >>44話

画像出典:NHK

コメント