【ちむどんどん】62話|暢子の「和彦が好き」発言に賛否!?

ちむどんどん62話

【ちむどんどん】62話(62回)

朝ドラ【ちむどんどん】第62話(第62回)が2022年7月5日に放送されました。

放送後、暢子の「和彦が好き」発言に賛否!?

今回は【ちむどんどん】62話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】62話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】62話のあらすじネタバレです。

デージ楽しい

フォンターナはスタッフ3人が当日いきなり退職。人手不足になった。房子()は着物姿からコックコートに着替え、メイン料理を担当する「ストーブ前」で厨房を仕切る。暢子()や二ツ橋(高嶋政宏)らに細かく指示を出しながら、手際よく調理を進める。

暢子がソースの味見をお願いすると「薄い!」とダメ出しする房子。塩やレモン汁を加えた房子が素早く味を調える。味見した暢子は思わず「すごい!」と感嘆の声を上げた。

房子はホールにも赴いて、親子連れに接客。「小さかった坊っちゃんがご立派になられて」と挨拶をかわす。

厨房に戻ると、房子は各テーブルの待ち時間や他の料理の進捗状況などを確認。暢子がホールに出て提供する。客席みんな、幸せそうに食事をしていた。

厨房に戻った暢子は房子の働きぶりに目を奪われて、ぼーっとしてしまう。すると、「手が止まってる」と房子から注意された。

心の中で暢子は「楽しい。体中の血が騒いでる。オーナーと一緒に働けてることがデージ楽しい!」と思う。

和彦君が好きだけど

営業終了後。明日からどうなるかと心配だが…ヘルプを頼んだという房子。暢子が翌日の仕込みを買って出た。

厨房で、暢子が大量の玉ねぎの皮むきをしていると、愛がやってくる。暢子は「ちょうど良かった。実はウチも愛さんに話したいことがあった」と笑顔で愛を厨房に招き入れる。

愛に、暢子は正直に告げる…。

「ウチ…和彦くんのことが好き。自分でもずーっと、全然気付いてなかったけど、好きって分かってしまったわけ…。でもさ、諦める。うちは多分、生まれて初めて男の人を好きになって、仕事も手につかないくらいイライラーしてた。(中略)だけど今日、とにかく体を動かしてるうちに、やっと答えが見つかったというか…。(中略)きれいさっぱりあきらめる。でも、愛さんに嘘はつきたくないから全部言ってしまいたくて…」

愛は暢子の発言に「すごいね」とつぶやくが・・・「くよくよしてる時間がもったいないだけさー」という暢子

愛は自分の話は置いといて、暢子と一緒に皮むきをする。

「暢子ちゃんにとっての幸せって恋愛より仕事?」

「何が幸せかは分からないけど、今は料理の仕事にデージちむどんどんしてる!」

オーナーと一緒に働いたことで答えが見つかった暢子は、料理に幸せを感じて「ちむどんどん」していた。

そして、オーナーのようになりたいと宣言する暢子。(房子が裏で立ち聞き)

愛は自分の「ちむどんどん」するものは何か?と考える。

62話の結末

翌日。愛は田良島()にファッションの特集を担当させてほしいと願い出た。

田良島は多くは聞かずに愛に任せる。

愛は和彦に先日のことを謝った。(和彦は何も決めてくれないと愛が怒った件)

そのころ、やんばるでは、誠が登校できるようにはなったものの・・・

良子()は誠と話すことが出来ず、苦戦していた。

(つづく)

【ちむどんどん】62話の感想

暢子の「和彦が好き」発言に賛否!?

暢子が愛に告げた「和彦が好き」発言に賛否が巻き起こって…!?

まずは否定派から↓

賛成派(肯定派)は…↓

私(筆者)は暢子が愛に正直に伝えるシーンについて、暢子らしいなあ、と微笑ましく思ってみてましたが…意外と(?)批判が多くてビックリです。

愛ちゃんの話

そういえば<愛ちゃんの話>は何だったのでしょうか。本編では暢子の話を聞いた後、「忘れた」と言っていました。

これは予想ですが・・・愛ちゃんは和彦が結婚に乗り気でないのが分かっています。「好きな人いるの?」と質問して和彦に完全否定されても…和彦は嘘が下手なので、愛にはバレバレです。(あまゆでの約束に遅れたた時も和彦は嘘をつきましたね)和彦が好きな相手は暢子と分かっています。

だからと言って、愛ちゃんは暢子に「泥棒猫!彼氏に近づくな!」なんて言いません。言えません。

では、何を言いに来たのか?愛ちゃんは、自分の話の前に暢子に話しを振りました。「私も話があった」と暢子が言ったので先に聞いたのでしょうが…

そう言われなくても、愛ちゃんは先にこう聞いたのでは?

暢子ちゃんは和彦君のことどう思っているの?って。

それで暢子が「好きだ」という答えだったら、私は身を引くから…と愛は切り出したのではないかな?

これが<愛ちゃんの話>だったと予想します。

けれど本編では、暢子から「和彦君を好きだけど諦める」と言われてしまった愛ちゃん。身を引くも何も…もう言うことがないですよね。だから「忘れた」なんでしょう。

暢子は今は料理に「ちむどんどん」しています。その話を聞いて、自分の「ちむどんどん」 がファッションの仕事にあると気づいた愛ちゃん。

現代なら、結婚と仕事の両方を追いかけてもいいと助言したいのですが・・・スッキリした表情になっていた愛は、おそらく仕事に生きることになるのでしょう。

まあ、これですぐに暢子と和彦が結ばれても複雑な気持ちになります。ちゃんと数年後、一人前になってからなら良いですけど。

そういえば和彦は沖縄を伝えることがライフワーク、暢子も沖縄料理に方針転換するということが分かっています。つまり2人は……?!(笑)

61話<< >>63話

画像出典:NHK

コメント