2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【劇場版シグナル】のネタバレと考察!ラストの大山(北村一輝)消失の意味は?

【劇場版シグナル】のネタバレと考察!ラストの大山(北村一輝)消失の意味は?

坂口健太郎主演の映画『劇場版シグナル長期未解決事件捜査班』が4/2から全国公開!

気になる<あらすじ>をネタバレ!黒幕は誰?ラストの大山(北村一輝)消失の意味は?なども考察します。

今回は【劇場版シグナル】のネタバレと考察について。


ADVERTISEMENT

【劇場版シグナル】のネタバレ1:三谷(杉本哲太)が事故死

2010年4月1日。三枝(坂口健太郎)が警察学校を卒業する日、大山(北村一輝)と会う予定だったが、会えなかった。大山は行方不明になっていた。大山は三枝と会う日、何者かに狙撃され川に落ちていた。しかし事件化されず、三枝がこの件を知るよしもなかった…。

2021年東京。高速道路でハイヤーが暴走し、内閣情報調査室の次長・三谷(杉本哲太)が交通事故死する。

「カーブを曲がり切れず」に起きた事故と報じられたが…刑事部長・青木(伊原剛志)のもとに科警研から事件性を疑わせる報告が上がった。車内に毒ガス「ヘロン」が検出されたというのだ。

青木ら警察幹部は緊急会見を開き、事件として捜査すると発表。事故の直前に毒物で死亡していたと伝えたが、毒物は調査中とごまかす。

「ヘロンですよね?」と切り込んだのが記者・小泉ミチル(奈緒)。後部を走っていた車のドライブレコーダーから三谷の症状が、2001年の西新宿テロ事件の症状と似ていたとつかんでいた。

当時の公安警察は、テロ組織の壊滅とすべてのヘロンを押収したと発表していた。なのにヘロンが残っているとなれば警察の失態だが…青木はヘロンであると認めた。

「認めよったで」驚く山田勉(木村祐一)。三枝をはじめ、桜井(吉瀬美智子)率いる長期未解決事件捜査班は、三谷の事故と過去のテロ事件の繋がりを疑う。そして、三枝は2009年の東京でも政務官が相次いで交通事故死している、とつかむ。

  • 2009年11月21日:加藤正政務官の事故
  • 2009年12月5日:中村幸恵政務官の事故

2件とも警察が事故として発表しているが、美咲は調べることを決断。山田の調べで、過去の書類は全部ないが、一件だけ事故現場に居合わせた警官・大山の報告書だけは入手できた。しかしほとんど黒く塗りつぶされていて…

2009年11月21日。大山はコンビニ強盗の捜査中、暴走する車に出くわす。運転手と後部座席の男が意識なく口から泡を吹いていた。暴走者にひかれて負傷者多数の中、大山はハナとい女の子を救う。しかし病院で処置を受けたものの植物状態になる可能性が高かった。

「絶対事故じゃありませんよ。俺、見たんです」大山は上司に訴えたが聞き入れてもらえない。

2021年。時刻は23時23分。繋がるはずのない無線機が再び鳴り出す!三枝は大山は再会を喜ぶ。大山の生きる時代は2009年12月1日。三枝は4日後にヘロンで襲われるのは「防衛省の中…」と教えたところで無線が切れた。

それでも大山はあきらめず、中がつく防衛省高官を見張る。そして中村幸恵政務官の事故を食い止め、犯人・橘修平を逮捕した。城南署で取り調べ中、橘は「俺を無視するからだ」いう。そんな中、公安が橘を連れ去った。その後、釈放された橘だったが、河川敷で遺体として発見される。橘は事故死と処理された。

2001年。中村幸恵政務官の事故は消えていた。しかし三谷事件はそのままだ。同一犯じゃないのか?しかも大山が事件をふせいだ記録は何もなかった。

2009年。大山は元公安の伊藤に接触。彼は西新宿テロ事件を担当していた。直接の会話でなく、別れたあと、公衆電話から例え話しとして伊藤は教えてくれた。西新宿テロ事件の犯行グループの残党から公安宛てに犯行予告が届き、主犯の雨宮ら12名の釈放に従わなければテロ事を起こすとあったとしたら?

無視するからだ」は、犯行予告があったことを示唆していた。公安の中で、犯人の橘を<消す>ことができるなら、警視長・山崎(田中哲司)しかいない、と伊藤。

2021年。三枝は20年前の署内報に、西新宿テロ事件を解決に導いたとして、三谷と山崎がインタビューを受けていた。その後、2人は出世。山崎は警視庁の公安部長になっていて、階級も警視正から警視長、警視監と駆け上がっている。

23時23分。大山と無線が繋がる。三谷・山崎は、ヘロンの存在を隠すために橘を消したことを聞く三枝。そして、大山と三枝は西新宿テロ事件を再捜査することを誓い合う。

起承転結の「起」のポイントは、三谷の事故死の不可解さ。そこで、大山が化学兵器「ヘロン」が使われた疑惑の2009年の2件のひとつを解決。しかし三谷事件は消えずにそのまま。
つまり、2001年の西新宿テロと2009年の政府高官事故死は繋がりあり。となると、2021年の三谷事件は別人が犯人?山崎公安部長か?という点を押さえましょう。

【劇場版シグナル】のネタバレ2:三枝(坂口健太郎)が容疑者に?

2021年。三枝は山崎公安部長に直接会って、2009年の加藤政務官の事故の件で揺さぶる。しかし目撃証言をした大山を連れてこいと言われて、反論できない三枝。(2010年に大山も消された可能性が高い)

公安から未解決班に抗議が来た。美咲は三枝を「軽率だった」と注意する。しかし美咲は、2009年の犯人・橘(2001年のテロの残党)が死亡したなら、2021年の三谷事件との繋がりがない、と思う。まだ残党がいたのか?

三枝と美咲は、記者・小泉ミチルに接触。ネタを交換し合うことに。三枝は、2009年の事故でヘロン使用の疑いがあって捜査中だとネタを提供。ミチルはおなじ話を雨宮に聞いたという。捕まってない部下がいて俺たちを助けるために2009年にテロ事件を起こした、と。ミチルは調べたが何も裏を取れずに、雨宮を取材した本にも載せられなかった。

ミチルは、残党も(橘が最後で)もういない、ヘロンも2009年ので最後だと雨宮が言っていたと明かす。雨宮は化学の天才でヘロンを他の誰も作れないし、もうこの世にはないと言っていた。しかし「政府が押収した分以外はね」と笑っていたらしい。

三枝はミチルに口止めをしなかった。こちらを信用してほしいなら、相手を信用するのが三枝の持論。ミチルは「変わった警官ね」と笑った。

三枝と美咲は、法医学者の安西理里(青野楓)から、政府がヘロンを保管しているとしたら、2010年に科警研に新設された化学兵器専門の研究部署だろうと聞く。管理は厳重だが、内部の人間なら持ち出せるかもしれない。

三枝は、三谷事件の三日後に、科警研の化学薬物分析担当者・吉川和夫が自殺したニュース記事を発見。未解決班は秘密裏に吉川を調べる。山田・小島(池田鉄洋)のチームは吉川は職場の評判が良好、しかし少女買春で摘発されたクラブへの顧客リストに名前があったとつかむ。不起訴になったがそれをネタに脅されたかもしれない。

さらに、吉川は自殺の1ヶ月前に理由もなく2回早退していた。Nシステムで追跡したところ、あるパーキングに30分入っていると分かる。徹底的に調べようと息巻く未解決班。そこで、三枝が青木に呼ばれた。

青木は、三枝が山崎に接触した件を耳にし呼びつけたようだ。三枝は吉川を追っていて、警察内部の犯行も視野に入れていると捜査の進捗状況を報告。青木は、警察の宣誓にあるように「良心」に従って行動するなら遠慮するなと激励した。

未解決班は防犯カメラ映像を調べ始める。そこで、三枝が今度は山崎公安部長にひとりだけ呼ばれた。場所は晴海ふ頭。

三枝が待ち合わせ場所に着くと、山崎が泡を吹いて死んでいた。ヘロンだ。直後、なぜか警察車両数台が到着。三枝が乗ってきた車から注射器も発見!?

一転、三枝は山崎公安部長の殺害容疑をかけられた三枝は、その場から逃亡する三枝は、逃げとおしたあと、美咲へ連絡しあるお願いをした。

起承転結の「承」のポイントは黒幕候補だった山崎の死です。
小泉ミチルの証言から、ヘロンは政府が保管と判明。そして未解決班が吉川にたどり着いたところで、山崎公安部長の死亡が起きました。
2009年の事故の隠ぺいの黒幕は山崎(と三谷)なのですが、2021年の三谷事件の犯人は別にいます。山崎・三谷を消したい人物が殺害犯ですね。
ここから三枝健人の逃亡劇パートになっていきます。ハリソン・フォードの『逃亡者』、伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』を想起させる展開はワクワクさせてくれますね。

【劇場版シグナル】のネタバレ3:犯人は青木(伊原剛志)

2009年。大山は山崎を尾行。すると、三谷と会ってホテルへ入るのを目撃。そこで、無線機が鳴りだした。美咲からだ。感極まって涙声の美咲は、三枝の言葉を伝える。「三谷と山崎を殺さなくてはいけなかった人物をそちらでも探してほしい。それが三枝をはめた人物だ」と。

2021年。小島が防犯カメラから吉川と接触した人物を発見。しかし別角度のカメラでもフードをかぶっていて顔が見えない。

そのころ、三枝は携帯も捨てて逃走。逃げ場として、三枝と接戦のない記者・小泉ミチルの家を訪ねた。以前した会話をヒントに見つけてやてきたという。

<補足>なぜ三枝はミチルの家を知っていたのか?
名刺に住所があったのかと思いましたが、自宅は書かないでしょう。
「ノベライズ版」で確認すると、会社の近くに住んでいるという話を事前にしていて、家の前のイルミネーションが嫌だという会話もしていました。
映画ではカットされてたような記憶があるのですが、どちらにしてもストーカー行為っぽい!!あの1回の出会いで異性の家へ転がり込むなんて、坂口健太郎じゃなきゃ許されませんね(笑)

ミチルの部屋には両親との写真があった。ミチルは、両親を西新宿テロ事件で亡くしたと明かす。事件の真相を知りたくて記者になったというミチル。三枝も兄を事件で亡くしたことを明かし、刑事に解決してもらえたことで、刑事を目指したと伝えた。

三枝とミチルは似た境遇だったことで不思議と信頼し合えた。思わずカメラで三枝を撮影するミチル。

チャイムが鳴る。尾行されたのかと怪しむ三枝。(ノベライズ版ではミチルが三枝の着替え用の服・スエットを買って戻ってきたことで、バレたかもという記述あり)ドンドンドン。激しくノック。逃げ出す用意中の三枝に、ミチルは携帯を渡す。

と、男たちが玄関を破って、なだれこんできた。「逃げて!」ミチルは叫び、銃殺される。窓から飛び逃げた三枝。近所の地下駐車場に逃げ込んだが、男がやってきた。彼は血染めカメラを持っていた。ミチルのであり、彼女を殺害した証拠のように見せつけ叩きつけた。

バイクの追跡と発砲をかわし、外に出る三枝。街の陸橋へと上ったが、バイクで階段を駆け上がってきた。バイク2台に挟まれた三枝は絶対絶命のピンチ。突っ込んでくるバイク。三枝は歩道橋からダイブして道路へ!

しかし電飾のコードをつかんでいた三枝は宙に浮いていた。一方、バイク2台は電飾に引っかかり転倒、横転。うち1台は橋の外へ飛び、爆発、炎上した。

宙づりの三枝は、ゆっくり着地。上から三枝を狙う男。そこへ車が来て、「乗って」と美咲が助けてくれた。

三枝はミチルの死で罪悪感に苛まれていた。そんなとき無線機が鳴った。大山は三枝に頼まれたことを実行し、見つけていた。

2009年。大山は山崎・三谷が国家公安委員長の板垣(鹿賀丈史)と密会しているところを目撃。板垣は2021年現在、内閣官房長官を務めている。3人は西新宿テロ事件を解決した功労者として繋がっていたのだ。

大山は3人の会話から、加藤政務官の事故死のときに助けた少女が青木の娘だとわかる。彼らは青木には、西新宿テロ事件の残党によるテロ(加藤事件)を隠ぺいすることで一致。青木を警戒していた。

三枝は、美咲から見せてもらった防犯カメラ映像のフードの男の時計を見る。あの時計は、青木刑事部長のもの。化学兵器「ヘロン」を吉川から受け取っていたのは青木だった!

直後、青木が失踪。狙いは板垣だろうと思う三枝は、いつ実行するのか推理。近く「総裁選出馬パーテイー」が予定されていた。ここで殺害すれば注目を浴びる、とにらむ三枝。…未解決班も板垣のパーテイーの警備に参加することになる。

2009年。大山は青木を止める方法が分からず苦悩。植物状態の青木花の手にメモをはさみ、病室を後にする。廊下で青木から、娘を助けてくれた人か尋ねられたが、大山は「違います」と嘘をつき、否定した。

起承転結の「転」でのポイントは、三谷・山崎殺しの犯人が青木刑事部長だと分かったこと。
青木は、2009年の加藤政務官の事故(本当は化学兵器によるテロ)の被害者遺族でした。動機(WHY)、誰(WHO)、いつ(WHEN)というミステリーのポイントは明かされました。
次はハウダニット(How done it?):どうやって板垣へ復讐するか?が見どころになってきます。三枝は青木の暴走を止められるのでしょうか。

【劇場版シグナル】のネタバレ4:三枝(坂口健太郎)の機転

板垣の総裁選出馬パーテイー当日。厳戒態勢の警備の中、小島(池田鉄洋)が退官予定時刻を大幅に過ぎた内装業者がいると気づく。防犯カメラで3人組の男が地下1階の倉庫へ向かったと分かる。

三枝・山田・小島が地下へ。

エレベーターが停止。パーテイー会場のドアもすべてロックされ閉じ込められた!

三枝たちは遠隔操作できるコントロールセンターへ。すると職員が縛られていた。3人組の男がシステムを操作して行ったらしい。

スプリンクラーの配管図がモニターに映っていた。水が排水され赤く点滅中だ。山田は「火事でも起こすのか」と疑うが、三枝は予備タンクに気づく。そのタンクへ毒を入れたら…。

三枝は会場を警備する美咲へ連絡し、犯人の狙いはスプリンクラーから「ヘロン」をまいて全員殺害、と伝えた。

山田・小島がシステム復旧へ、三枝がひとりで予備タンクの場所へ。

三枝が到着すると、相手は3人。リーダーの真島がタンクへ毒を入れる作業中、三枝は2人と銃撃戦へ!

激しい格闘ののち、三枝は敵を絞め気絶させたが、そのかいむなしく、タンクの中で「ヘロン」が爆発。

真島が予備タンクと配管を結ぶハンドルへ向かう。

三枝と真島は格闘。追い詰められる三枝。落ちていた銃を手にした真島は三枝に突きつけて発射!

と思われたが、その銃は三枝が銃弾を抜き取っていたもの。隙ができたのを逃さず、三枝は手すりに巻いていた上着を使って真島の首を絞め、気絶させた。

「ヘロンの放出は止めました」三枝が美咲へ連絡した。

しかし遠隔操作で放出!?三枝がハンドルを戻そうとしても動かない。

パーテイー会場の巨大モニターには、青木刑事部長の姿が映し出される。スプリンクラーを開くスイッチを持っているという。青木は板垣の隠ぺいを告発。しかし板垣は否定する。

三枝は、モニターの背景から青木がチャペルにいるとつかみ、向かう。そのころ、板垣は美咲へ「自分だけでも助けられないか」と求める。美咲が板垣の罪を糾弾すると、隠ぺいを持ち掛けたのは三谷で、実行したのが山崎。山崎が独断で橘・大山を殺害した、と言う。美咲は大山の死を聞いて怒り狂う。

チャペルにて。青木と対峙(たいじ)する三枝。山崎殺しを告白する青木。

(補足)山崎が青木に呼ばれてやってきた理由
映画だけでは、山崎がなんで一人で晴海ふ頭の倉庫へのこのこ出向いたのか疑問でしたが…ノベライズでは板垣から青木の暗殺を指示されていたと補足説明があります。
また、真島も元・捜査一課の元刑事で危ない男だとノベライズ本で説明あり、青木は三枝を生きたまま捕獲と指示。しかし真島はミチルの殺害などやりすぎてしまう性格のようです。
映画では青木の仲間3人の背景はほぼ説明なしでした。それもそれで不気味なのですが…。

青木は、三谷・山崎・板垣の会食の場へ怒鳴り込んだことがあったが、ダメだった。内調・公安・内閣官房が隠ぺいしようとしているなら、なす術がないと実感。そして、娘の花が息絶えた。もうやるしかないと決めた。

「青木刑事部長、あきらめなければ未来は変わります」と三枝。

青木は過去にある男のメモで励まされた過去を明かす。娘の手のメモに「がんばれ。きっとよくなる。あきらめなければミライはかわる」とあった。

三枝は、大山という刑事で、青木の娘を救った男だと説明。青木は大山の言葉に救われてきたが…

青木はスイッチを押した。スプリンクラーから毒入りの水が放出される。

しかしパーテイー会場のみんなは無事だった。

三枝が小島にシステムの書き換えを指示し、パーテイー会場の下の階のスプリンクラーの弁を開放させていた。上の階の弁も開いたときには、水は下の階へ流れていた。

青木は逮捕された。しかし板垣は命を狙われた理由を公表する気はない。隠ぺいは否定したままだ。

三枝は「あきらめなければ未来は変わる」と執念を燃やす。

起承転結の「結」です。
三枝(坂口健太郎)の機転で、下の階のスプリンクラーを開かせ、放出を阻止。小島(池田鉄洋)さん大活躍です。
ちなみに山田(木村祐一)も小島の隣にいたのですが、ただの声援だけなので、三枝と一緒に肉弾戦をした方がいいのに!とツッコミどころでした。(笑)
ついに青木は逮捕されました。しかし真の悪人・板垣は無罪放免。
ここからはエピローグなのですが、このドラマ独自設定の過去の書き換えが行われます。
どんでん返しにワクワクしますが、意味深な衝撃ラストも?

【劇場版シグナル】の結末ネタバレ

2009年12月。三枝から2021年の顛末(てんまつ)と山崎に自分が殺害されることを聞いた大山。しかし、あきらめなかった。

大山は自分の時代でできることをしようと、三谷・山崎・板垣の密会写真を撮影。その証拠を出版社へ渡すと決めた。

2010年4月1日。大山は封筒を持って外出。そこで銃撃される・・・

はずだったが、美咲が狙撃手を捕まえた。

(補足)映画では省かれましたが、ノベライズでは…三枝から自分の殺害を聞いた大山が美咲へ相談。その打ち合わせ内容の詳細が描かれています。
大山が当日外出しないのでなく、逮捕するために、どのルートのとき、どこから狙うのか、と、綿密に下調べ。大山は防弾チョッキも着て歩いていたようですね。
美咲が丸腰だったのは銃の所持の許可を上に出せない不確定な事案だったから。稲垣と石毛という美咲の協力者もいて、3つのビルの屋上を張り込んでいたとのこと。
映画では意味は分かるんですけど、かなり唐突な桜井美咲登場でした。大山との会話見たかったかも…。

2021年。過去の記憶が変化。

三枝の部屋には、警察学校卒業式の看板前で大山と三枝が2人で映っている写真が飾られていた。大山への狙撃失敗後、首謀者の山崎が逮捕された。大山が出版社へ持込んだ加藤政務官の事故のテロ疑惑が反響を呼んで、板垣と三谷が検察から追求され、隠蔽の罪を逃れることは出来なかった。

青木は捜査の指揮をとって高い評価を得て、警視総監になっていた。さらに、小泉ミチルの死もなくなり、ノンフィクション本で賞を得て、テレビインタビューを受けていた。「被害者遺族は時を戻せないのがつらいが、真相を知ることで少しは埋められる」と語るミチル。三枝には彼女が輝いてみえた。

美咲は大山が生きていて、下河原署の所属だと突き止めた。美咲と三枝が、その下河原署へ行って待っていると、大山が車から降りるのを発見。

道路の反対側から、「大山さん!」と声をかける三枝。美咲も笑顔になる。もうすぐ会える。

しかしトラックが横切ると、大山の姿が消えていた。

大山の乗ってきた車にはあの無線機があって、光っていた。

三枝は<あきらめなければ未来は変わる。あきらめなければ希望はある>と決心する。

(劇場版シグナル・おわり)

【劇場版シグナル】の考察:ラストの大山(北村一輝)消失の意味は?

ラストの大山(北村一輝)消失の意味を考察します。

トラックが拉致?

大型車が通り過ぎたあと、大山の姿が消えました。トラックで拉致されたのかもしれませんね。

しかしノベライズではこんな記述が…

大型車が大山を拉致したのかと健人は一瞬疑った。だがすぐにそれは不可能だと断じた。あの速度では拉致できない。

ノベライズ・文庫本215ページ

大山・拉致された説を完全否定しています!

過去が変化?

拉致でないとなると、何でしょう。ノベライズでは続きがあり、こう明かしています。

健人と美咲は、過去が変化し、未来が塗り替えられた瞬間を目にしていたのだ。

大山は過去の「何か」の変化によって、今、この下河原署には存在していないのだ。

(中略)大山はこの世に存在しないのかもしれない。

ノベライズ・文庫本216ページ

大山の消失は、歴史が変わって消えた瞬間を目にしていたというのです。そういえば、ドラマ版でもホワイトボードの文字が動いて書き換えられていく瞬間を三枝(坂口健太郎)が目にしてますよね。

大山はまたどこかの時点で殺されたのだと思います。

原作ありゆえのラスト?

大山の消失で、振り出しに戻った感じですね。(映画冒頭も大山が行方不明、実際は殺されていた、でした)

2010年4月1日に、三枝と大山は会えたとしても、その後に殺されたのでしょうか。

あるいは、2010年の対面も消えてしまうのか。

ここで邪推(他人の心意を悪く推量すること)ですが…

もしかしたら、韓国原作スタッフがオリジナルでの映画化にOK出したのは、大山と会えない余韻を残す脚本だったからかも?

ぜひ現代で三枝・美咲と大山が再会してほしいのですが、原作の続編での再会の方が先?

うがった見方ですね(笑)

【劇場版シグナル】のまとめ

以上、『劇場版シグナル長期未解決事件捜査班』のあらすじネタバレ、考察を紹介してきました。

警察と政府を相手にした二転三転のストーリー、大逆転の結末など面白かったです。

続編を期待してしまうオチでしたね。

制作発表を楽しみに待ってます。

当記事画像出典:https://signal-movie2021.jp/

映画
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】