【ちむどんどん】102話|歌子は「タダ働き?」とネット総ツッコミ

ちむどんどん102話

【ちむどんどん】102話(102回)

朝ドラ【ちむどんどん】第102話(第102回)が2022年8月30日に放送されました。

102話で暢子の店に「働かせて下さい」と上京した歌子。

放送後、歌子は「タダ働き?」とネット総ツッコミ

今回は【ちむどんどん】102話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】102話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】102話のあらすじネタバレです。

歌子のことが大好き

沖縄にて。良子()は歌子()のペンダントを見て「安物じゃないよ」という。

歌子は良子にあげようとするが、良子は断って、歌子の首につけてあげた。

歌子「ぽってかすだよね、いくら好きでも、どうにもならないのに。智ニーニーは、暢ネーネーのことが好きで。暢ネーネーが結婚してもまだ。そんなことばかり考えてしまう自分のことが嫌で、自分で自分が嫌いになる。なんでうちはこんな意地悪なの?」

良子「歌子が自分のことを嫌いでも、うちは歌子のことが大好きさ。みんな知ってるよ。歌子がデージ優しいことを。」

正直に好きと言ってあげれ

そのころ、沖縄出張に来ていた智は善一にネックレスを、原宿で一桁値段を間違えたけど買ったと明かす。

智は迷っていた。姉にふられてその妹にアタックするのは、格好悪い…と。

智は「歌子といると落ち着く」が、振られた相手の妹を好きになるのは、おかしいと思っている。

善一は智も歌子もお互いに好きだという。

善一「男はな、人を好きになると、みんな格好悪くなる。正直に好きと言ってあげれ。お前がお前の気持ちを認めれば、全て丸く収まる」

智()は「好きといってない」と認めないまま酔いつぶれてしまう。

歌子の上京

沖縄やんばるにて。優子()と良子が暢子を心配していて。暢子を支えるためにある決断をする。

東京・杉並区にて。暢子()の沖縄料理店「ちむどんどん」オープン1週間前。

食材選びも決定し、智のスナガワフードに頼んだ。

店の料理人の矢作()は保健所・消防の許可、計量カップ購入の件を聞くが、暢子は手が回っていない。

智が暢子をかばって、矢作とケンカ。突き飛ばされた智。

そこへ歌子が「ちむどんどん」を来訪。

沖縄にいるはずの歌子がひとりで来たことに驚く暢子と智。

暢子が「歌子、どうしたわけ急に?」と尋ねると…

歌子:「お願いがある!うちをこのお店で働かせてください。お店だけじゃなくて、おうちのこともできることは何でも手伝うから、お願いします!」

歌子は頭を下げた。

暢子は、歌子からの意外な提案に「えぇっ!」と声を上げた。

その後。暢子は沖縄の優子に電話。良子とも話し合った上で「それが一番」と決断したという。

「先に言ったら気を使って断るかもしれないって良子が言うから」と相談もなく上京させた理由を明かす優子。

電話を切った優子は、賢三()の遺影に向かって「久しぶりに2人きりだね。広く感じるね」と微笑みながら語りかける。

智の嘘つき

歌子は、暢子の店舗兼住宅の一室を借りた。住み込みで家事手伝い・店の手伝いをすることに。

歌子はネックレスをつけてきていたので、暢子に見せた。姉も持っていると思って聞いてみた。だが、暢子は持っていなかった。

「嘘つき」と歌子はつぶやく。

第1回「うまんちゅ給食」

そのころ、やんばるの小中学校では…。良子の企画、週1回の地元野菜を使った独自の取り組み「うまんちゅ給食」第1回が開催。

うまんちゅ給食のメニュー

  • フーチバージューシー
  • 野菜チャンプルー
  • もずくとモーウイの酢の物
  • バナナ
  • 牛乳

結果。いつもより残す子が多くなってしまい、失敗に終わる。良子は来週もやらせてほしいと上司に懇願して…。

結末

一方、暢子は沖縄料理の名前がわかりにくいかもと不安になっていた。和彦は矢作に相談するよう助言するが、「だけど」と暢子はためらう。

和彦は家事を全部やる気で、暢子を休ませようとするが、暢子も家事をしたがる。家事を取り合ってイチャイチャする新婚夫婦で…。

(つづく)

【ちむどんどん】102話の感想

歌子は「タダ働き?」とネット総ツッコミ

歌子は「タダ働き?」とネットで総ツッコミでした。

暢子が矢作には言い値で雇うと発言しておきながら、人件費を気にしてアルバイトを雇えない、矛盾した経済状況。

そんな中、上京してきた歌子。

思えば、智が歌子にネックレスをプレゼントして急接近した設定は、このためですね。

幼少期の手作りメダルの伏線回収で、それ自体は微笑ましいのですが…。

優子と良子の狙いは、2つあったのでしょう。↓

(1)暢子が大変だと聞いたからら暢子を助けたい。

(2)智と歌子がいい感じだから距離的に近づけたい。

暢子への家族愛と、歌子の異性愛の成就という両方が狙い。

優子さんは岩陰から智・歌子の抱き合う寸前(?)を目撃してましたしね。

良子は今回、ネックレスの件を聞きましたし。

狙いは分かりますが、家族だからって無給でこき使われるのが目に見えていて辛いです。

歌子も大人なので、給料は出してあげ欲しいですが…。

気になるのは歌子が「働かせてください」と、なぜかお願いしていること。

頼まれてきたのではないから、勝手に身内が手伝ってくれてるだけなので無給もあり?!(まさかやー)(笑)

ぎぼむすコンビが対面

また、ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)シリーズでも共演していたさん(みゆき役)とさん(ヒロキ役)が同じ画面でついに再共演!

役としての初対面シーンに、「ぎぼむすコンビ」がついに初対面とネットで盛り上がっていました。

なんだか矢作さん、三角巾をつけている頭を触ったり、少し照れながらかっこつけていましたね。

奥さんがいても、歌子ちゃんを前にしたらよく思われたいのでしょうか。(笑)

101話<< >>103話

画像出典:NHK、スポニチ

コメント